もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

カシューナッツの食べ過ぎはよくない? 注意点と2つのメリット

カリカリとした食感と独特な甘みが魅力的なカシューナッツ。最近ではスーパーの食品売場にも並んでいたり、ミックスナッツに含まれていたり、色んな場所で食べることができるスナックの主役です。

美容・健康効果がある上に、一口サイズで食べられるということもあって、ついつい口に運んじゃいますよね。でも「食べ過ぎは良くないんじゃないの?」と思う方もいるのではないでしょうか。

この記事では、カシューナッツの食べ過ぎによって起きる影響、食べすぎると太るのか、食べることのメリット、一日あたりの適切な量をご紹介します。

カシューナッツを食べ過ぎるとどんなことが起きる?

美容と健康に良いと言われているカシューナッツを食べ過ぎることは、良くないことなのでしょうか?答えはYESです。

なぜなら、カシューナッツはカロリーや糖質が他のナッツ類よりも多く含まれているからです。

「ナッツを食べるとニキビができる」という話を耳にしたことはありませんか?それは加工時に付着した塩分や、バターの油分によるものなのです。

実際に私もカシューナッツを摂取していた時期があるのですが、その間、顔に吹き出物が出たことがありました。

カシューナッツの食べ過ぎは太るのか?

健康を前提に食品について考える場合、気になることがあります。カシューナッツを食べ過ぎると太るのか、ということです。

結論から言うと、太ります。先に紹介したように、カシューナッツには多くのカロリーと糖質が含まれています。

カシューナッツの100グラムあたりのカロリーは575kcal。お米100グラムあたりのカロリーは68kcal。およそ3.4倍ほど高いことがわかります。

単純にカシューナッツをお茶碗一杯分食べると、3.5杯ほどのお米を食べたことになるのです。

体を作っている最中の力士やプロレスラーならまだしも、健康を考える上ではちょっと避けたいところですよね。

カシューナッツを食べる2つのメリット

ここまでカシューナッツを食べ過ぎるとどうなってしまうのかご紹介してきました。それでもおいしい食べ物ですし、お酒のつまみにも最適です。

実は、カシューナッツを食べること自体はまったく悪いことではないのです。ここでは逆に、カシューナッツを食べることにどんなメリットがあるか、2つご紹介します。

効率的にミネラルを摂取できる

カシューナッツに豊富に含まれている栄養素は主に、亜鉛などのミネラルです。亜鉛については活力の上昇や、免疫力を高める健康効果が期待できます。

亜鉛を含むミネラルは、人体で作ることができないので、食べ物から摂取するしかありません。

亜鉛を多く含む食べ物としては牡蠣やアワビ、豚レバーなどが挙げられますが、日常ですぐに食べられるものではありませんよね。

その点カシューナッツはすぐに手に入りますし、おやつ感覚で亜鉛を摂取できるのもメリットの1つです。

亜鉛と同じく鉄分も多く含まれていることにより、貧血予防になることもうれしい点です。また、食物繊維も含まれているため、便秘の解消が期待できます。

アンチエイジングと美容にも効果的

カシューナッツにはビタミンEとタンパク質が多く含まれています。ビタミンEには活性酸素の除去効果があり、老化の一番の原因と言われる脂質の酸化を抑えてくれるのがビタミンEなのです。

また、ビタミンEは毛細血管を拡張し、肌の隅々まで血液が行き渡らせることができます。血流が促進され栄養が運ばれることにより、美肌効果が期待できます。

ビタミンEが摂取できる食べ物には、ひまわり油やヤシ油などの植物油、またはゴマなどの種実類が挙げられます。

植物油は意識して料理に使わなければいけませんし、ゴマは一粒が小さいので大量には食べられません。また、現代人は忙しいので自炊するのも難しい日が多いでしょう。

その点、一口感覚で食べられるカシューナッツはビタミンEを摂取するのに手軽な食べ物と言えるでしょう。

一日あたりのカシューナッツの適切な量

では一日あたりどれくらいのカシューナッツを食べるのが適切なのでしょうか?実は誰もが簡単に知ることができるのです。大きくまとめて、以下に2つの方法があります。

1日10粒程度が適正量

カシューナッツの適正な摂取量は1粒1.4グラムとしたとき10~15粒となります。重さでいうとおよそ30グラムくらいです。

でも買ってきたカシューナッツをいちいち数えるのは面倒くさい!サプリメントや錠剤を数えてるみたいでなんだか嫌だ!

そう考えてしまう人もいるでしょう。実はもっと簡単に適切な量を計る方法があります。

片手でひと掴みするのが適切な量

実は、片手でつかめる量がおおよその上限となります。「10~15粒が適切な量なのに、そんなに適当でもいいの?」と思われるかもしれません。

しかし人間はそれぞれ体の大きさが違います。体が小さい人なら10粒が適切ですし、大きな人なら15粒が適切でしょう。

12粒が適切な人もいるでしょう。手の大きさは体の大きさとある程度比例しますし、片手でつかめるくらいで栄養バランスがちょうどいいのです。

厳格に何個食べるか数えていたら健康に良くても面倒になってしまいます。パパッとつかんだ数を食べて楽しむのをお勧めします。

まとめ

・カシューナッツの食べ過ぎは太ったりニキビができるので良くない

・カシューナッツはミネラルの摂取や美容・健康に非常に効果がある

・食べるのに適切な量は片手でつかめるくらい

特に最後の「片手でつかめるくらい」を覚えていれば、デメリットを気にすることなくカシューナッツを食べることができます。

この方法を使って、カシューナッツを美容健康食品として日常生活に取り入れてみましょう。