不安や吐き気、緊張を抑えるには?効くつぼ、対処法を徹底解説

重要な会議やたくさんの人の前で発表するなど、こういった大事な場面の前ってものすごく緊張しますよね!中には緊張するだけではなく、吐き気を催してしまったり、最悪嘔吐してしまうなんてことも…

そうなると、実力を出し切ることができず、悔しい思いをしてしまいますよね!多くの人は過度な緊張などのストレス負荷がかかると、必ずと言っていいほど吐き気を催してしまいます…

そこで、不安や緊張を抑えるには?改善する方法はないかと調べに調べ、いろいろと実践してみました!その中で吐き気に効くつぼや対処法を紹介します。

不安や緊張、吐き気が抑えられない理由

私たちは緊張するなどのストレスを感じると、大脳皮質を介して脳内の嘔吐中枢に刺激が行きます。嘔吐中枢を刺激されると、吐き気が起きたり、最悪嘔吐してしまうんです。

吐き気を起こさないためには、嘔吐中枢へ刺激が行かないように、緊張を上手く対処するしかないんですね!

不安や吐き気、緊張を抑える効果のあるつぼ

不安や緊張を抑える方法はいろいろありますが、まずは押すだけでいいという簡単な方法、つぼ押しからご紹介します!

1.労宮(ろうきゅう)

労宮は、手のひらの中央、握りこぶしをつくった時に薬指の先が触れるあたりにあるつぼです。

交感神経の興奮を抑えてくれる効果があります。そのため、緊張が緩和されるんですね!また、血行を良くしてくれるため、疲労回復にも効果があるそうです。

 2.神門(しんもん

神門は、手首の横じわの小指側のちょっとくぼんだ場所にあるつぼのことです。副交感神経を優位にしてくれ交感神経の興奮が抑えられ不安や緊張を抑えてくれます。

動悸や赤面などにも効果があります。副交感神経が優位になると、消化管の働きが亢進されるので、便秘などの改善にも効果があります。

3.内関(ないかん)

内関は、手首の横じわから、指3本分肘方向にいったところにあるつぼです。2本の太い腱の間にあります。自律神経の状態やバランスを整えてくれる効果があります。

イライラを取り除き、心を落ち着かせてくれます。緊張による動悸を抑えてくれます。

不安や吐き気、緊張を抑えるには深呼吸がおススメ

不安や緊張を抑えるには、つぼだけではありません。もっと行いやすい方法があるんです。それは、ズバリ「深呼吸」!定番かもしれませんが、個人的にはこれが一番効きます

深呼吸を行う上で大事なのは、「吸うこと」より「吐くこと」です!これでもかというくらい吐ききってから息を吸うと、よりたくさんの空気を取り入れることができます。

すると、もっとたくさん息を吐くことができるし、その後さらにもっと息を吸うことができる…そう、どんどん呼吸が深くなるんです!

ヨガなどでもこの深い呼吸というのは、リラックスするために非常に大切にされています。

不安や吐き気、緊張を抑える究極の方法

私はストレスに弱いらしく、緊張しては吐き、嫌なことがあっては吐き…とにかく、ストレスを感じることがあれば吐き気がして、食欲がなくなることもあれば、最悪嘔吐しまくっていました。

心療内科にお世話になったこともあります。薬を飲んでいる間は、症状がたしかに治まります。ですが、ずっと薬を飲むのもなんだか嫌でした。そこで、私は上記のつぼ押しや呼吸法を試しました。

軽い吐き気だと治まることもありましたが、強烈な吐き気のときは打つ手がありませんでした。ある日、私はストレスを感じてどうしようもなく吐きそうになったんです。

そのとき、少し諦めの気持ちが出てきてしまったので、「大丈夫、吐いてもいいよ」と自分に言い聞かせたんですね。すると…吐き気が治まったんです!かなりビックリしました。

「大丈夫」という言葉と、「吐くのを我慢しなくていい」という思いに、安心したのかもしれません。このときに気づきました。自分を安心させてあげることが、何より大事だということに。

もし、自分の大切な人が同じ思いをしていたら、なんて言葉をかけてあげますか?それと同じことを、自分にも言ってあげてください。そしたらきっと、すごく楽になりますよ。

まとめ

1.緊張すると、嘔吐中枢が刺激されて吐き気が催される。

2.緊張緩和に効くつぼは、「労宮」、「神門」、「内関」!

3.緊張緩和には、「深呼吸」も効く!

4.もし吐き気を感じたら、「大丈夫、吐いてもいい」と言い聞かせる!

緊張したときやストレスを感じたとき、自分をリラックスさせたり安心させたりできるのは、自分しかいないのかもしれません。吐き気など、何かと闘っているときこそ、自分の味方になってあげましょう。

「きっと大丈夫だよ」と、自分に言ってあげるだけでいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください