もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

パスタをすするのはマナー違反?正しい食べ方、注意点を解説

カジュアルなランチを楽しみたいと思ったらパスタが候補に挙がることも多いのではないでしょうか。

元はイタリア料理とは言え、日本の文化に深く浸透している料理のひとつですよね。パスタといえばよく話題になるのが“すする”ことに対するマナー問題。

なんとなくNGっぽいけど実際そこまで気にしてないというのが本音ではないでしょうか。

この記事では、“すする”のはマナー違反なのか、パスタにおける正しい食べ方、その他の麺を食べるときのマナーについて説明します。これを読めばデートでパスタが出てきても怖くありません!

パスタをすするのはマナー違反になるのか

まず、パスタと言ってもその種類はとても多く、パスタの種類によってそれぞれマナーがありますが、ここではロングパスタ、すなわちスパゲティに焦点を絞って話をします。

日本人にとってはそばやうどんを始め、麺料理をすすって食べる文化があります。もともとは、江戸時代から続く、そばの香りを口の中で楽しむことが目的でした。

しかしパスタのマナーを語るのならやはりイタリア基準で考えなければならないでしょう。イタリアではパスタをすすって食べるのでしょうか?この答えはもうみなさんもおわかりですよね。

答えはもちろんNOです。イタリア人はパスタをすすって食べることは決してありません。むしろすすって食べることに嫌悪感を抱く人も珍しくはありません。

日本で食べるなら日本文化に合わせるべきだという主張も聞こえてきそうですが、スポーツには世界共通のルールがあるように、食事のマナーについても料理に合わせた世界共通ルールを守るべきです。

そして、そんな食事のマナーの中でも、音をたててすするというのは欧米では絶対にNGというほどのものなのです。

“ここは日本だし”という方でも、最低限守ったほうがいいマナーと思っておいて損はありません。

正しいパスタの食べ方

では、パスタはどのように食べるのが正しいのでしょうか。ポイントは3つです。

1.フォークに巻きつける

フォークをくるくると回してパスタを巻きつけてすくい上げます。これはイメージできますよね。

気をつけなければならないのは、一度にすくう量です。そばのように一度に多くの量をすくってしまうと、フォークにまきつけきらずに結果としてすすってしまうことになります。

もちろんすするのはNGです。一口でおさまる量をすくいましょう。ほんの数本のイメージです。

2.パスタを噛み切らない

一度にすくう量を見誤るとやってしまいがちな、パスタを噛み切る行為。巻きつけたパスタが途中で解けてしまうことがありますが、そこですすってはいけないと知っているため、噛み切ってしまいます。

ですが、これもNG行為。マナー違反というレベルではないですが、最終的に短いパスタがお皿の上に残ってしまいますので見た目があまりよくありません。

コツはやはりすくう量を少なくすること。少ないと巻きつけたパスタが途中で解けることがなくなります。

3.スプーンは使わない

意外に思われる方もいるかもしれませんが、基本的にはスプーンは使いません。スプーンではなく、お皿の上でパスタを巻きつけるのが基本です。

本場イタリアではこのスプーンを使う食べ方は、厳密にマナー違反というわけではありませんが、うまくフォークを使えない幼児の食べ方という認識が一般的です。

大人がスマートに食べるならスプーンは避けたほうがよいでしょう。ただし例外としてスープパスタのような底が深い形状のお皿の場合はスプーンを使うことを推奨するお店もあったりします。

基本は基本として知った上で、その場に応じた臨機応変な対応をしたいですね。

そばの正しい食べ方・マナー

パスタの正しい食べ方がわかったところで、その他の麺類にも正しい食べ方があるのか気になりませんか。そこで今回は日本の代表的な麺料理、そばについてち紹介します。

実は、そばには正しい食べ方やマナーというものは正式には存在しません。ただ、マナーではないですが、「粋」な食べ方というものがあるようです。つまりそばをカッコよく食べる所作です。

どんなものなのか解説します。粋な食べ方をする人は、出てきたそばを、まずはつゆにつけずにそばだけで食べます。鼻に抜けるそばの香りをまずは堪能するためです。

そして、次はつゆに付けて食べるのですが、つゆに浸すのは麺の半分以下まで。どっぷり麺をつゆに浸してはそば本来の風味豊かな香りが損なわれてしまうからです。

それとそば猪口を持ってたべることを忘れないように。テーブルに顔を近づけて猫背になるとかっこよくありませんからね。

そして、これは勘違いしやすいのですが、薬味はつゆではなくその都度そばに乗せるのが通の食べ方です。

いかがですか?思ったよりも粋な所作が多いのに驚いた方も多いのではないでしょうか。パスタのマナーと同時にそばの粋な食べ方もマスターしておきたいですね。

まとめ

・パスタをすするのは絶対NG

・フォークに巻きつけるのは少量

・パスタを噛み切らない

・スプーンは基本使わない

・そばの食べ方に厳密なマナーはないが粋な食べ方はある

そばの粋な食べ方と比べれば、パスタのマナーはさほど難しいものではありません。ちょっとオシャレをしたデートなどで、くれぐれも失敗しないように、基本だけはおさえておきましょう。