もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

レタスは赤く変色しても食べられる?赤い理由と対処の仕方

冷蔵庫にしまった、余ったレタス。次の日に取り出してみると、赤く変色していた!なんてことありますよね。

なんとなく食べるのに不安を感じるけど、捨てるのももったいない。これって食べても大丈夫なのでしょうか。

実は、赤くなっても食べる分には全く問題ないんです。この記事では、レタスが赤く変色する原因と、その正体、さらに変色を極力防ぐ保存方法についてご紹介します。

これを読めば冷蔵庫から取り出したレタスに不安になることはありません。

レタスが赤く変色する原因

レタスが赤く変色するのは、レタスに含まれるポリフェノールが酸素に触れることで起きています。

赤く変色しているのは、葉をちぎった箇所や芯などの、切り口部分がほとんどです。それはなぜかというと、新鮮なレタスをちぎってその断面をよく見てみると白っぽい液体が出てくるのがわかると思います。

しかし、実はその白い液体がポリフェノールの一種で、これが空気に触れることで、酸化酵素の働きによって赤く変色しているからです。

これはレタスが切り口を外敵から守ろうとしているのです。そう考えると、むしろ赤く変色しているのは、このようにレタスにまだ細胞が残っていて新鮮な状態とも言えますよね。

レタスが赤く変色しても食べていい

結論から言えば、食べても全く問題ありません。

赤みの原因はポリフェノールと言いましたが、ポリフェノールといえば、赤ワインなんかにも含まれていることからもわかるように、身体に害は全くない物質です。

りんごを切った状態で置いておくと茶色くなるのも、この現象と同じポリフェノールによるものです。りんごなら食べても大丈夫とみなさんも認識しているのではないでしょうか。

レタスもそれと同じと思えば安心しますよね。

レタスが赤色に変色するのを防ぐ方法

けどやっぱり、食べても問題ないとは言え、変色しているレタスは見た目がイマイチです。できるなら変色を防ぎたいですよね。方法はあります。

先ほど言った通り、変色の原因は切り口から出る白い液体が空気に触れることで起こる現象です。なので、それを物理的に起きないようにしてあげればいいわけです。

やり方はいたってシンプル。保存する際に切り口ににじみ出ている白い液体を、まずはしっかりと洗い流してください。

そしてしっかりと洗い流したら、切り口の水分をしっかりと拭き取って、その後空気に触れないようにラップを巻きましょう。基本はそれでOKです。

より強力に変色を防ぎたい方は、レタスの切り口を洗い流した後に、塩水あるいは酢水を付けたのちにラップで巻くという方法が有効です。

りんごの変色を抑える定番のやり方なのですが、これはレタスでも同じ効果が得られます。

そして、金属製のモノとの接触も酸化の原因となるので、金属製の包丁を使わずに手でちぎるというところまで意識できればさらに効果があがります。

このように変色を防ぐには、変色する原因を知った上でそれを物理的に防いであげればいいのです。

赤く変色したレタスを食べる方法は?

変色を防ぐ方法をご紹介しましたが、それでもやっぱり完璧に防ぐことは難しいです。赤く変色していても、食べるには何も問題はありませんが、やっぱり見た目はよくないですよね。

しかもちょっとだけ苦味も出てきます。そんな変色したレタスを美味しく食べるには、それをごまかす調理方法が最適です。つまり、火を通して使いましょう。

加熱レタス料理の代表格は、レタスチャーハン。これなら色も苦味も気になりません。子供も大人も美味しく食べられるメジャーな一品です。

他にはスープの具材として使うのもオススメ。コンソメベースでもいいですし、トマトベースでもいけます。鍋の具材としてもいいですね。

一風変わった料理なら、ロールレタスなんかどうでしょう。ロールキャベツのキャベツ部分をレタスに変えたものです。
見た目はまんまロールキャベツですが、キャベツと違って下茹などの必要がない分手軽に作れるんですよ。

レタスが茶色や黒に変色に変色した時は食べてはいけない

赤色への変色は問題ないと言いましたが、茶色や黒色に変色してたらそれはNGです。腐っている可能性が高いです。

赤色と茶色の見分けが難しいと思いますが、腐っていると色だけでなく臭いがある上、たいていぬるぬるやドロドロした感じになっているはずです。それらを目安にするといいでしょう。

その場合は無理に食べようとせず、素直に諦めましょう。お腹をこわしてしまったら元も子もないですからね。

レタスはあまり日持ちしないので、長くても購入から2週間程度のうちに食べてしまいましょう。

まとめ

・レタスが赤く変色するのはポリフェノールの酸化が原因
・レタスの赤く変色した部分は食べても問題なし
・レタスの変色を防ぐには、塩水か酢水をつけて空気に触れないようにしっかりラップを巻くこと
・赤く変色したレタスは料理を工夫すれば見た目が気にならない
・茶色や黒に変色したら腐ってるかもしれないので注意

レタスの赤みの正体はワインでお馴染みのポリフェノールでした。身体に害がないとわかれば安心です。

ただし、茶色になっていると腐っている可能性もあるのでしっかりと見極めなければなりません。なるべくなら、こうなる前に食べてしまうのがやっぱり一番ですね。