もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

柿は皮ごと食べても大丈夫?農薬の危険性や安全に食べる為の知識

柿を皮ごと食べられるかどうか、疑問に思う方もいると思います。

皮をむいて食べている方は、捨てた皮を見て、もったいないなと感じ「この皮は、料理等で使えたりできるのかな?」と疑問に思う事もあるでしょう。

この記事では、柿は皮ごと食べられるかどうか、皮ごと食べる事で得られるメリットや、皮についている農薬が気になる方への、お勧めの洗い方、柿を皮ごと食べられる、簡単レシピについて等、紹介したいと思います。

柿は皮ごと食べられる

柿の皮には、実よりも多くの栄養が含まれているので、皮を捨てて食べてしまうのは、もったいない事なのです。

特に。実と皮の間には、栄養と旨味が豊富にあります。柿を皮と一緒に丸々1個食べる事で、十分な栄養を体に取り入れることができ、健康や美容、そして若返り効果が期待できます。

そして、柿には実や皮だけではなく、ヘタや葉にも栄養分が含まれています。(ヘタには、しゃっくりを止める効果。葉には、熱に強いビタミンCが含まれており、お茶にして飲む事もできます。)

『柿が赤くなると医者が青くなる』という昔のことわざがあるくらい、とても栄養価が高い、優秀な果物としても有名です。

柿は皮ごと食べるべき理由

柿の皮には豊富な栄養が含まれている為、食べる事で私たちの身体にとって、嬉しい効果が色々とあります。代表的な効果を、いつくか紹介させて頂きます。

・血糖値の上昇を抑え、高血圧の予防、心不全や不整脈の予防の効果。

・血中の悪玉コレステロールを減少させる効果。

・利尿作用があり、老廃物を体内から排泄する為、むくみ防止効果。

・肺に潤いを与えて、体の余分な熱を取る作用

・筋肉の収縮運動を正常に保つ効果。

・皮膚や粘膜の細胞を清浄に保つ働き

・便秘・下痢を解消する効果。

・口臭の予防や改善。

・活性酸素の働きを抑え、免疫力が高くなり、ストレスに強くなります。

ウィルスや細菌への抵抗力が強まるので、風邪や食中毒の予防、インフルエンザの予防、癌予防の効果、疲労回復、視力の健康を保つ効果、肌荒れを防ぐ効果、が期待できます。

心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病から体を守ります。こんなにたくさんの効果があると知ると、今度からは「柿を皮ごと食べなくちゃ。」と思いますよね。

また嬉しい事に、干し柿にも同様の効果が得られます。

柿の皮の農薬が気になる人へ、安全に食べるための洗い方

柿の皮についている残留農薬が、心配という方も多いと思います。一般的には、農薬は微量で、健康影響はほぼ無いと言われていますが、個人的には、微量でも農薬が残っていると気になります。

体の為には、慎重になり過ぎる位が丁度いいと思っているので、気になる方に、柿の皮を安全に食べるための洗い方を、紹介したいと思います。

高温で洗う

菌や薬品は熱に弱い為、加熱することで農薬を取る事ができます。約50度位のお湯に、2分ほどつけて、水洗いをします。ぬるめのお湯だと菌が繁殖しやすいので注意してください。

アルカリイオン水で洗う。

アルカリイオン水をかけると、色が黄色くなり、見た目的にも菌や農薬が落ちている様子がわかります。

お酢・重曹で洗う

柿が入るくらいのボウルに、水を入れ、小さじ2杯程の重曹もしくはお酢を入れて、1分程つけてから水洗いします。重曹は必ず食用のものを使用してください。

柿の皮ごと食べる簡単柿レシピ

皮ごと食べる焼き柿

誰でも簡単にできるレシピ。食べやすいように1口サイズに切って焼くだけで外側の固い川も柔らかく仕上がります。

材料:柿1個(2人分)

作り方

1. 柿をよく洗い、ヘタや皮がついたまま1口サイズにカットします。

2. グリルに並べて10~15分、焦げ目がつくまで焼きます。

3. 皮ごと食べられます。

甘い!!柿の皮レシピ

他の柿料理で皮をむいて使用してしまった方への、お勧めレシピです。柿の皮の甘さに驚くレシピです。

材料:柿の皮

作り方

1. オーブンのトレイにクッキングシートを敷き、

2. シートの上に重ならないように、柿の皮を並べます。

3. 120~130度のオーブンで30分位焼きます。

 

上記2点のレシピとも、簡単にできますので、是非、挑戦してみてください。

柿の食べ過ぎによるデメリット

柿には栄養が豊富にあると、知る事ができましたが、食べ過ぎには注意してください。

柿だけに限ったことではありませんが、食べ過ぎる事で薬にもなるし毒にもなります。何事もほどほどの量を保つ事が大切です。

デメリットは以下の通りになります。

・便秘になる可能性があります。

・食物繊維の影響により、胃の中で「柿胃石」が作られてしまい、嘔吐や腹痛、腸閉塞に発展する可能性もあります。

・塩分を尿として排泄し過ぎてしまうと、全身の冷えが生じる可能性もあります。体を冷やす作用がある為、風邪の時には、柿を食べるのを避けた方がいいです。

また、腎機能の障害を持つ方には、食べ過ぎによる、高カルシウム決勝や尿毒症になる可能性があります。

花粉症の原因となるタンパク質と、柿のタンパク質が似ているため、体の免疫機能が判断ミスをして、柿に対してアレルギー反応を出してしまう事があります。

花粉症の方は特に、食べる際には注意する事が必要です。

まとめ

・柿は、皮ごと丸々1個食べる事で、免疫力を高め、健康効果を期待できる優秀な果物である事。

・柿の食べ過ぎによるデメリットもあるので、注意も必要という事。

・柿の洗い方の方法を知る事で安全に食べる事ができる事。

・柿の皮ごと食べる柿レシピを利用し美味しく頂ける事。

今まで、ただ美味しくいただいていた柿ですが、柿の皮にはたくさんの栄養が含まれている事がわかり、柿を皮ごと食べる事で、体の免疫力を高め、健康、美容にも優れた効果がある果物だわかりましたね。

これから柿を頂く時は、皮ごと食べて、病気にもストレスにも対抗できる強い体作りましょう。