もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

里芋の赤い筋や斑点は食べられる?効果的な対処法、健康の影響

下ごしらえがめんどうな里芋。買ってから料理に使うまでに、だいぶ日が経ってしまうことありますよね。

いざ皮をむいて切ってみると、赤い筋や斑点を見つけてびっくり。これって食べられるの?と心配に思う方もいるのではないでしょうか。

特に若い方の中には、赤い部分を見つけると食べないでおこうと考えてしまう方も多いでしょう。しかし実は、里芋に赤いところがあっても、問題なく食べることができるのです。

なぜなら、じゃがいもの芽のように毒素があるわけでもなく、食べたとしても、健康上問題があるわけではないからです。もちろん、その程度によっては食べない方がいい場合もあります。

この記事を読むことで、里芋に赤い部分ができる原因、赤い部分は食べてもいいのか、里芋を食べていいかどうか見分ける方法、赤くなるのを防ぐ方法、効果的な保存方法を知ることができます!

里芋の赤い部分がある理由

里芋に赤い部分ができてしまうのは、里芋のアクに含まれる「ポリフェノール」という物質の一種「アントシア二ン」が酸化するためです。

この「酸化」が起こったアントシアニンがある部分に、赤い斑点や筋などがみえるようになります。里芋が赤くなる、つまりアントシア二ンの酸化が起こるパターンは、主に3つです。

・その里芋が収穫されてから、日が経っている。

・その里芋自体のアクが強い。

・低温障害(冷蔵保存に向かない青果物を冷蔵保存した場合に発生する障害)を引き起こしている。

上の3つの条件下では、アントシア二ンが劣化し、それによって酸化を引き起こし、変色が起こります。

余談ですが、里芋は赤色の他に、緑色や茶色に変色することがあります。緑色は、日光にあたったことによる変色です。

茶色は、成長期の水不足などによる栄養障害が原因です。どちらに変色していても、食べて問題はありませんが、味が落ちている場合があるので、取り除いた方がよいでしょう。

里芋の赤い部分は食べても健康に問題はない?

里芋を切ってみて、一部分だけが赤い状態であれば、その部分を食べてしまっても、健康上問題ありません。

赤い部分の正体アントシア二ンとは、視力回復や体の老化防止などといった効果がある、体にいい成分です。

温度や酸素など、さまざまな条件によって赤や紫、青などに色が変化する天然の成分なので、食品用の色素としても使われています。

赤ワインの赤色も、このアントシアニンのはたらきによるものです。里芋の赤い部分は、そのアントシアニンがいくつかの理由(2に記載)により、酸化したためにできます。

赤いところを食べることに問題はありませんが、里芋の場合の変色は、時間が経ち新鮮さがなくなっている証拠です。

そのため、なるべく早いうちに食べ終えたほうがいいでしょう。風味も落ちているので、気になる方は取り除いて食べた方がいいかもしれません。

また、赤い部分が広くみられるときは、食べない方がいいでしょう。

しかし、あくまでも赤いから食べてはいけない、というわけではなく、収穫してから時間が経ちすぎているので食べてはいけない、という意味です。

里芋の食べてもいいか悪いかを見分ける方法

まず、里芋の外観をよく見て触ってみましょう。カビがはえているもの、触ってみてやわらかくなっているものは食べてはいけません。

外観だけで分からないときは、里芋を切って中をよく観察し、においをかいでみてください。

・切り口全体が変色している(若干の変色であれば、問題なく食べられます)。

・腐っている。

・異臭がする。

これらは絶対に食べてはいけない、状態が非常に悪くなっている里芋です。以上のポイントに注意して里芋をよく観察し、見分けるように心がけましょう。

里芋が赤くなるのを防ぐ方法

里芋は乾燥に弱いため、常温では土の付いたまま、新聞紙にくるんで保存します。

また、低温障害を起こすと赤い部分ができてしまう可能性が高くなるため、変色を防ぎたい場合は、冷蔵での保存はやめましょう。

また、里芋を買うときにも、変色をしにくい(傷みにくい)ものを選ぶためのポイントがあります。

・泥つきで湿り気があり、乾燥していないもの。

・持つとずっしりとしていて、中身がつまっているもの。

・傷や割れ目がない。

・固いもの。

・皮が茶色い(悪いものは黒くなります)。

買うときにいい状態のものを選ぶことで、すぐにいたんだり、変色したりすることを防ぐことができます。

里芋の効果的な保存方法

里芋には、「常温」「冷蔵」「冷凍」「干す」という3つの保存方法があります。里芋の保存は、なにより「乾燥させないこと」が長持ちをさせるために効果的です。

それぞれの保存方法に特徴や注意点がありますので、一つ一つ見ていきましょう。

常温保存

芋類の保存では、この方法が最も一般的な保存方法で、1か月ほど日持ちします。土のついたままの里芋を、そのまま段ボール箱に入れ、冷暗所に置くという方法です。

このとき、適度な湿度を保つために、里芋の下に新聞紙を敷き、上にもかぶせます。

冷蔵保存

土のついたままの里芋を一つ一つ新聞紙にくるみ、野菜室で保存します。里芋は、冷蔵保存で1週間ほど日持ちします。

しかし、低温保存が適さない食材で、すぐに赤い筋や斑点ができる可能性があり、あまりオススメはしません。

冷凍保存

里芋は、皮をむいて食べやすい大きさに切り、沸騰したお湯で3~5分ゆでます。その後、冷凍用保存袋に入れてくっつかないよう間隔をあけ、冷凍室に入れて保存します。

里芋は下ごしらえがめんどうなので、すぐに料理に使うことができる冷凍保存は特におすすめです。

味や風味が落ちてしまうことがあるので、冷凍後は1~2週間で早めに食べきりましょう。

干す

里芋は、皮をむいて食べやすい大きさに切り、水にさらして水けをしっかりふき取ったら、間隔をwけてザルに並べ、3日程度干します。

里芋を干して保存しておくと、そのまま煮物や汁物に入れて調理することができます。

以上が、里芋の効果的な保存方法です。なにより、乾燥させないことに気を付けて保存しましょう!

まとめ

・里芋の赤い部分は、里芋のアクに含まれるアントシア二ンが酸化したところ。

・赤い筋や点々になっているところを食べても健康上問題ないが、収穫後時間が経っているので、早めに食べた方がいい。

・里芋を食べていいか判断するために、外観と切り口をよく観察する。

・里芋が赤くなるのを防ぐには、保存する際に乾燥させない、買うときによく観察し、いい状態のものを買うこと。

・里芋は、とにかく乾燥させないように常温で土のついたまま保存するのがベスト。

里芋にぽつりぽつりと赤い部分がある程度であれば、そのまま食べても問題ありません。とはいえ、見た目や風味・味が落ちているのが気になる方もいらっしゃいますよね。

そんな場合は、その赤い部分だけ取り除いて食べてみてください。もし、切り口全体に赤みが広がっていたり、臭いや触った感じに違和感があれば、食べるのはやめましょうね。

これらに気を付けて、里芋を今よりもっとおいしく味わってみましょう。