もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

石油ファンヒーターの寿命 | 長持ちさせる3つの方法、注意すべき点

寒い季節にすぐに部屋を温めてくれる石油ファンヒーター。この石油ファンヒーターの寿命ご存知ですか?

寿命を超えて使っても問題はないのか、少しでも寿命を延ばすことはできるのか、突然壊れると困るだけに気になります。

この記事を読むと、石油ファンヒーターの寿命、寿命が近いと起きる現象、寿命を長持ちさせる方法、寿命を延ばすための注意点を知ることができます。

石油ファンヒーターの寿命はどれくらい?

まず結論から言うと平均的な石油ファンヒーターの寿命は約6年と言われています。

もちろんメーカーによっても異なりますが、一つの目安として『補修用性能部品の最低保有期間』というものがあります。

これは、製品の製造が終了した後も修理ができるように、必要な部品をメーカーが保有している期間のことです。

全国家庭電気製品公正取引協議会が定めている公正競争規約に「6年を下回ることができない」と定められています。

つまり、石油ファンヒーターはその製品の製造が終わってからも最低6年間は修理ができるように、メーカーが備えているということです。

石油ファンヒーターのトップメーカー各社はこの規約を元にそれぞれ以下の期間を最低保有期間として公表していますので、石油ファンヒーターの寿命の目安にすることができます。

・ダイニチ…9年

・コロナ…6年

・トヨトミ…6年

しかし、石油ファンヒーターの寿命は、利用頻度や使っている環境、手入れの方法などでも変わってきます。きちんとした使い方をすると石油ファンヒーターの寿命を伸ばすこともできるのです。

石油ファンヒーターの寿命が近くなると起きる現象

では、寿命が近くなったときに石油ファンヒーターにはなにか現象が起きるのでしょうか。

わかりやすいものとして、現在販売されている石油ファンヒーターのほとんどの機種にはエラー表示がついています。

これが頻繁に表示されるようになったり、点火しづらい、暖まりが悪くなるなどの症状が出始めると寿命が近くなっている可能性があります。

そんな症状の中でも特に気をつけたいのは、異臭や異音です。石油ファンヒーターを点火した際、強いオイルの匂いがしたりする場合は要注意。不完全燃焼をおこしている可能性があります。

不完全燃焼は、何かの要因で灯油が漏れている場合にも起こります。

いつもと違う音がする、等の場合も同様で、どちらも石油ファンヒーターの部品が劣化して起こる場合が多いトラブルです。

こういった現象が起きたまま使い続けていると、故障したり、一酸化中毒になる危険性もあります。

買ってすぐであれば販売店やメーカーに問い合わせると修理をしてくれることもありますが、一定期間を過ぎているようであれば買い替えのサインかもしれません。

石油ファンヒーターの寿命を長持ちさせる方法

大体の目安はあってもやはり長持ちしてほしいですよね。石油ファンヒーターの寿命を伸ばすためには一体どうすればいいのでしょうか。大切なのは日頃の掃除、メンテナンスです。

フィルターの掃除

基本ですが、まずはフィルターを定期的に掃除してみましょう。頻度は週に1回程度が目安。

石油ファンヒーターには、空気を取り込むフィルターが付いていますので、このフィルターにホコリがたまらないように掃除機で吸い取ってあげましょう。

汚れが付着している場合は、水に浸し、しっかりと絞った布で拭き取って下さい。

装置、部品のチェック

1ヶ月に1回程度は部品や安全装置をチェックしましょう。石油ファンヒーターの安全装置はしっかりと動いていないといざという時危険です。

他にも油受け皿にゴミや水の混入などがないかも確認して下さい。特に水が混入すると点火ミスが起こったりと石油ファンヒーターの寿命にも影響してきます。

直接水を入れなくても、結露などで水が混入してしまうこともありますので、定期的に確認するといいですね。

油フィルターの点検、掃除

石油ファンヒーターについている油フィルターも1ヶ月に1回は確認してあげてください。フィルターが汚れたり、ゴミなどで詰まると、灯油の通りが悪くなります。

この場合は清潔な灯油ですすぎ荒いをし、布でしっかりと拭き取って乾燥させて下さい。

詳しいやり方は石油ファンヒーターのマニュアルにも記載してありますので、そちらも確認し、日々のお掃除のついでにぜひやってみて下さい。

石油ファンヒーターの寿命を延ばすための注意点

石油ファンヒーターの寿命を伸ばすためには、日頃の使い方にもぜひ気を配ってみて下さい。

当たり前の行動が、石油ファンヒーターの寿命を伸ばしたり、縮めたりしているかもしれません。

換気をする

石油ファンヒーターを使っていると、だんだんと室内の空気が不足してしまうことがあります。

この状態が続くと不完全燃焼を起こしやすくなり、石油ファンヒーターの換気ランプが頻繁に点灯する、運転が停止するなどのエラーが起こります。

エラーの頻度が高くなると、石油ファンヒーターの寿命にも影響してきますので、時々部屋の換気をして使うといいですよ。

灯油の劣化に気をつける

石油ファンヒーターに使う灯油は放っておくと劣化します。

劣化した灯油を石油ファンヒーターに使うと、不完全燃焼を起こしたり、タンクを痛めて寿命を短くしてしまいますので、利用する灯油にも気を使う必要があります。

灯油は紫外線や外からの熱などで変質したり、長くポリタンクに入れておくとポリタンクの成分が溶け出して純度が落ちたりして劣化します。

灯油は指定の保管方法できちんと管理したものを使ってくださいね。

シリコン剤は敵

意外に思うかもしれませんが、石油ファンヒーターの近くで洗濯物を乾かしたり、ヘアセットをするのは危険です。

ヘアスプレーや洗濯の際に使う柔軟剤などに含まれているシリコン剤。

これが石油ファンヒーターの燃焼部分などに付着すると、点火できない、消化がうまくいかないなどのトラブルが起こり、石油ファンヒーターの寿命を縮めてしまいます。

シリコン剤は様々なものに含まれていますので、そういった製品を石油ファンヒーターのそばで使わないことも、石油ファンヒーターの寿命を伸ばす上では大切なのです。

片付けの際に注意

石油ファンヒーターは使わない時の保管方法でも寿命が変わってきます。本体に負担をかけないためにも、使い終わった石油ファンヒーターのタンクからは灯油をすべて抜いて保管して下さい。

タンクを傾けてみて、灯油が残っている場合はスポイトで吸い出したり、空焚きするなどして中身を使い切って下さい。最後に新聞紙や古布などで拭いておくと安心です。

まとめ

・石油ファンヒーターの平均的な寿命は6年

・利用中に異臭や異音がしたら注意

・掃除やメンテナンスをすると長く使える

・使う環境や片付けの時の注意も必要

石油ファンヒーターには基本的な寿命はあるものの、メンテナンスや使い方のコツで長く使うこともできます。

一冬使った後片付ける時にも少し気をつけてあげると、また来年も快適に利用できるようになります。

これらの方法も試して、ぜひ石油ファンヒーターの寿命を伸ばして安全に使って下さい。