蜃気楼ってどうして起こるの?意味や条件は?

みなさんは蜃気楼を見た事がありますか?

場所や条件によって、とても幻想的に見える蜃気楼。

そもそも蜃気楼ってなんなのか、どこで見られるのかをまとめてみました。

 

蜃気楼とは

蜃気楼(しんきろう)とは、光の屈折により物体が浮いた感じに見えたり、

逆さまに見えたりする現象の事を言います。

 

言葉で説明されてもなかなか難しいですよね。

物体が浮き上がって見えるなんて映画みたいな景色でしょうか。幻想的です。

 

光の屈折でいつでもどこでも見えるものではなく密度の異なる大気があると光の屈折が起こりやすいようです。

簡単に言うと、地面や海面の温度と気温の差が大きい時に光の屈折が起こり、蜃気楼と言われる現象が起こるそう。

遠くにある物体が近くに見えたり、歪んで見えたりする事もあるそうで、見てみたくなりますよね。

 

ちなみにこの画像は蜃気楼で調べて出てきたものです。

海外の蜃気楼だとか。確かにとても幻想的ですよね。

 

蜃気楼の種類

 

蜃気楼にも種類があり、上位蜃気楼と下位蜃気楼、鏡映蜃気楼、という3パターンがあるようです。

 

上位蜃気楼は湿度の低い海面等に、下の空気が冷やされ密度が高くなると、

元になる物体の上に蜃気楼が現れること。

下位蜃気楼はアスファルトや砂等の熱い地面に空気が熱せられて下の空気の密度が低くなった時に、

元になる物体の下に蜃気楼が現れること。

ビルや、島が浮いて見えたりする現象が下位蜃気楼と言うらしく、最も目にするチャンスが多い蜃気楼と言われています。

鏡映蜃気楼とは物体の側方に蜃気楼が表れること。報告が最も少なく、極めてまれな現象であると言える。

夜の海に多くの光が揺れて見える現象も鏡映蜃気楼だと言われているそうです。

なんでも科学で解明されると安心なような、ロマンが無いような感じがしますね。

 

歌詞やタイトルによく使われている?

蜃気楼という言葉自体は歌詞や小説等を読んでいてもよく出てくるので、

見た事はなくてもなんとなく想像は出来るという人も多いのではないでしょうか。

 

浮かんでは消える、というような意味で使われる事が多いような気がしますね。

蜃気楼は幻想的なものに見える人も多いので、使われる事も多いのかもしれません。

ますます見てみたくなりますよね。

蜃気楼が見える場所は?

蜃気楼は日本でも見える場所があるらしいのです。

それが富山湾といわれています。

 

1年を通して、最も蜃気楼の現象が起こりやすいのは5月。

 

特にゴールデンウィーク前の気温が一番起こりやすい時期だとか。

一度見に行ってみたいですよね。

短いもので数分、長いものでは数時間現れるらしい蜃気楼。

 

お休みの際は蜃気楼スポットへ旅行もいいかもしれません。

幻想的な風景と蜃気楼で心も潤いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください