もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

数の子の賞味期限 | 塩抜き前・塩抜き後の日持ちや効果的な保存方法について

おせち料理にも使われている数の子。果たして賞味期限はどのくらいなのでしょうか。黄色の色合いも美しく、独特のコリコリとした食感が美味しいので、できればすぐにだめになっては欲しくないですよね。

塩抜きするとすぐにダメになってしまうのでは?と思う方もいるのではないでしょうか。

この記事を読めば、そんな気になる数の子の賞味期限、たくさん作ってしまった時の美味しさを保つための保存方法がわかります!

塩抜き前の数の子の賞味期限

塩抜き前の数の子をそのまま食べてみたこと、ありますか?しょっぱくてびっくりしてしまいます。

そもそも数の子とはニシンの卵を塩漬けしたもの。食べ物を塩漬けにするのは、腐敗を防ぎ長持ちさせるための昔からの知恵ですね。

ですので、基本的に塩漬けのままでしたら賞味期限も長いのです。

商品にもよりますが、目安としては約90日。ものによっては180日、なんと半年ほどもつものもあるので驚きです。

塩抜き後の数の子の賞味期限

数の子を調理するためには、まずは塩抜きをしますね。薄い塩分濃度のお水を何度か替えながら塩を抜いていきます。

塩分の抜けた状態になると数の子の賞味期限はぐっと短くなります。きちんと冷蔵で保存していた場合でも目安は7日。

うっかり常温においておくと2日から3日でだめになってしまうこともありますので気をつけて下さいね。

また、塩抜きをしたら風味や食感もどんどん落ちていってしまうので、なるべく早めに調理するのもコツです。

醤油漬けの数の子の賞味期限

塩抜きをして、表面の薄い膜をとってから醤油で味付けした醤油漬け数の子。

塩抜きしただけよりも塩分濃度は上がっていそうですが、やはり塩漬けの時のように長くもつわけではありません。冷蔵保存ですと約7日。塩抜きしただけのものと同じ位です。

また、コリコリとした食感や風味を損なわずに美味しくいただくためには、3日から4日ほどで食べきってしまうことをおすすめします。

数の子の賞味期限が切れたときの味や見た目

数の子は賞味期限が切れて時間が経ってくると、見た目や味が変化してきます。

大量に作って余ってしまうこともあるので、食べきれなくて日数が経ってしまった時、まだ食べてしまっていいか迷ってしまいますよね。

そんな時は味や見た目が一つの目安にしてみてください。また基本的に塩漬けの数の子はほとんどにおいはしないので、においの変化でも気づくことができますよ。

見た目

・卵の色が濁っている

・卵がドロッとしている、溶けている

・卵がふやけている

・酸っぱい

・イガイガするような刺激がある

におい

・生臭い

・腐敗臭

・すれたようなにおい

触った感じ

・ぬめりがある

・端を折ると糸をひく

以上のような変化がある時は、賞味期限が過ぎているだけではなく、腐ってきている可能性があります。少しでもいつもと違う状態であれば気をつけて下さい。

数の子の賞味期限が切れても食べられるのか

そもそも賞味期限はどうやって決まっているのでしょうか。

農林水産省によると以下のように市場に流通している食品に関して以下のように定義しています。

「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」

農林水産省のホームページより引用

つまり、賞味期限が切れてしまっても、「美味しさは失われるが、食べられなくなるわけではない」ということですね。

数日程度であればそこまで気にする必要はありません。ただし、これは買ってきたパッケージ等に記載されている保存方法をきちんと守っていた場合のお話。

開封してしまっている、かなり日数が過ぎているなど、少しでも心配な場合は味や見た目を参考に、あくまで自己責任で召し上がって下さい。

数の子を長持ちさせる保存方法

せっかく買ってきた数の子の賞味期限は長くあってほしいですよね。

元々保存性を高めるために塩漬けにされている数の子ですので、塩漬けのまま、保存方法をきちんと守れば賞味期限内は美味しく食べることができます。

しかし、塩抜きをして味付けしてしまうと賞味期限がぐっと短くなってしまいます。調理済みで食べきれなかった場合、実は冷凍して保存することができます。

この際に、

  • 調味液につけたまま
  • 数の子は乾燥しないよう空気に触れさせない
  • におい移りしないように密封する

などに気をつけて冷凍して下さい。ジップロックや密封できる容器などに漬け汁ごといれて冷凍してしまうのが一番お手軽です。

冷凍することで、コリコリとした独特の食感が失われるなど、若干風味は落ちてしまいますが、代わりに冷凍と解凍の過程で味が更に染み込むというメリットもあります。

解凍する時は前日から冷蔵庫に移して自然解凍するのがおすすめですよ。

味付け数の子の賞味期限を延ばしたい場合は是非お試し下さい。ただし、冷凍した場合も1ヶ月程度を目安に早めに召し上がって下さいね。

ちなみに塩漬けの状態で冷凍すると卵の膜が破れて食感が大きく損なわれてしまいますのでおすすめできません。

塩漬けの数の子の賞味期限が近くなった時は、一度塩抜きして調味してから冷凍しておくほうが賞味期限が少し延びますよ。

まとめ

・塩漬けの数の子は3ヶ月ほど保存できる

・塩抜きした数の子、味付けした数の子の賞味期限は短い

・数の子の賞味期限が切れたら見た目や味で確認

・味付けした数の子は冷凍保存ができる

基本的には塩抜きした数の子は早めに調理して食べてしまうほうがいいのですが、たくさん作って余ってしまった場合は、冷凍するなどで日持ち、賞味期限を長持ちさせることができます。

これらの方法でぜひ賞味期限内の美味しい数の子を召し上がって下さい。