もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

ケンタッキーの保存方法はこれでOK!美味しい温め直し方も解説

たまに猛烈にほおばりたくなるケンタッキー。クリスマスなどのイベントの時には欠かせないという方も多いのではないでしょうか。
ですが、ついつい買いすぎて余らせてしまうことってありませんか?

余ったケンタッキーは保存してまた後日のお楽しみ、といきたいところですが、保存方法を間違えてしまうと大きく味を落としてしまうのです。

この記事では、味を極力落とさない正しい保存方法をご紹介します。これを読めば数日たったケンタッキーでも美味しく食べられますよ。

ケンタッキーの保存期間はどれくらい?

そもそもですがケンタッキーの保存期間はどれくらいかご存知ですか。もちろん保存方法によっても違いますが、もっとも長く保存しようと冷凍庫に入れた場合で1ヶ月程度です。

ただし、保存期間が長ければ長いほど風味は落ちますので、早めに食べた方がいいのは間違いありません。

目安とするなら、常温ならその日のうち、冷蔵庫なら1週間程度、冷凍庫なら1ヶ月程度をリミットとして覚えておけばいいです。

ケンタッキーの保存期間が長いと風味が落ちる理由

ところで、なぜ保存期間が長いと風味が落ちるのかというと、実は油が酸化するからなんです。

油が酸化すると、いわゆる油臭い状態になるので、とても美味しいとは言えませんよね。

もちろん油臭いだけであれば食べれないことはないですが、酸っぱい匂いがしたり、ネバつきがあったり、カビなんか生えていたりしたら当たり前ですが食べてはダメですよ。

ということは、保存する際は、油の酸化を防ぐことを意識してあげればいいということがわかりますね。

ケンタッキーを冷蔵庫で保存する場合

ではそれを踏まえて、冷蔵庫で保存する方法です。考えるのは、先ほど言ったとおり、油の酸化を防ぐことです。

まず大前提として、熱がまだあるようであれば、粗熱はとってください。その後に、ケンタッキーをひとつづつアルミホイルかラップで包んで、タッパやジップロックに入れればOKです。冷蔵庫の中の保存場所はチルド室がよいです。

できる限り密封状態にして空気が入らないことが大事ですから、特に密閉できているかどうかに意識を置いてください。

数日冷蔵庫に入れておくようであれば、キッチンペーパーでひとつづつ包んで、その上からアルミホイルかラップで包んであげると、余計な油分でベトベトにならなくていいですよ。

ケンタッキーの冷凍庫で保存方法

保存期間が長いようであれば冷凍庫を使いましょう。冷蔵庫よりも長期間保存でき、食べる時も正しく解凍してあげればまた美味しく食べることができます。

その方法ですが、基本的には冷蔵庫と同様です。まずは粗熱は必ずとってください。

その後、ケンタッキーをひとつづつアルミホイルかラップで包んで、タッパやジップロックに入れればOKです。この辺りは冷蔵庫に入れるのと全く一緒で問題ありません。

ケンタッキーを保存するときに注意すること

注意が必要なのは、冷凍の場合はひとつづつ包むという点は特に注意することです。

冷蔵の場合はそこまで神経質になる必要が本当はないのですが、冷凍となるとケンタッキー同士がくっついてしまうのです。

くっつくといえば、クッキングペーパーも冷凍保存の際には絶対NGです。これもくっついて取れなくなりますよ。

冷凍保存の際のちょっとしたテクニックとして、金属のトレイに乗せて冷凍するというのがあります。

これは一気に温度を下げて凍らせることで美味しさをキープするテクニックです。もちろん今回のケンタッキーにも使えるので、覚えておいて損はありません。

ケンタッキーのおすすめの解凍方法

冷凍したケンタッキーを解答するときは、常温に置くよりも、いったん冷蔵庫に入れる方がよいです。常温では酵素などの働きで、風味が落ちてしまう可能性があるからです。

少し時間はかかりますが、まずはじっくり冷蔵庫で解凍させましょう。夜に食べるなら、昼過ぎには冷蔵庫にいれておくといいですよ。

ケンタッキーの温め直し方

冷蔵庫で解凍ができたら、まずは電子レンジで少し温めます。軽く30秒程度でよいです。ここで温めすぎないことが大事です。

電子レンジで熱々まであっためてしまうと、べちゃっとしてしまいますので注意してください。

ほんのりあったまったら、次にアルミホイルでひとつづつ包みます。この時のコツは、ふわっとかるく空気をふくませるように包むことです。一度アルミホイルをクシャクシャにするのもいいですね。

それを、オーブントースターや魚焼きグリルをつかって食べ頃まで温めればOKです。カリッと具合の好みにもよりますが、目安は5分です。あとはお好みで調整してください。

焦げてしまわないよう、やりすぎには注意ですよ。これで、またおいしくケンタッキーを食べることができます。

まとめ

・保存期間は、最大でも冷凍庫で1ヶ月程度
・保存するとき意識するのは、油の酸化を防ぐため空気にふれさせない
・保存はアルミホイルかラップで包んで、タッパやジップロックに入れればOK
・解凍するときは、まずは冷蔵庫でじっくり解凍する
・温め直しは電子レンジではなくオーブンで

今回は、ケンタッキーの味を極力落とさない正しい保存方法と、温め直し方を紹介しました。これでケンタッキーでも美味しく食べられますね。

ですが、やっぱり一番おいしいのは、買ってすぐたべること。できる限り余らせないでその日のうちに食べ切りたいですね。