もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

牡蠣は太る食べ物?カロリーや痩せるための失敗しないダイエット方法について

牡蠣は、11月頃から徐々に美味しくなり、3〜4月頃が一番美味しい時期といわれています。

身がふっくらとして、味も濃厚でクリーミー!生でも、焼いても、揚げても美味しい牡蠣をたくさん頬張りたいですね♪

しかし、「そろそろ春に向けてダイエットを始めないと!」と同時に思う季節でもあります。(汗)

『濃厚クリーミー』=太る、というイメージですが、実際のところはどうなのでしょう?

実は牡蠣にはダイエットに効果的な成分がたっぷり含まれていて、『食べながら痩せられる』という最高の食材なんです♪しかし!『食べ方を間違えると逆に太る』のも事実(汗)

この記事では、牡蠣は太るのか、牡蠣のダイエット効果、食べるときの注意点をご紹介します。薄着になる春に向けて、大好きな牡蠣を食べながらキレイを手に入れましょう♪

牡蠣は太る?カロリーや糖質について

『海のミルク』と呼ばれるほど栄養価の高い牡蠣。『濃厚クリーミー=カロリーも高い』のでは?と思われがちです。

しかし、実は『1つ20gあたり12kcal、糖質量1g』と意外なほど低カロリー・低糖質なんです!

ダイエット食として定番の鶏肉よりも低カロリーで、たとえ20個食べても240 kcal。ちなみにコンビニのおにぎり1個が約210 kcalなので牡蠣はとってもヘルシーな食べ物だと言えます。

では栄養面ではどうなのでしょうか?牡蠣にはグリコーゲンや必須アミノ酸をはじめ、ビタミン、タウリン、亜鉛や鉄分などミネラルもたくさん含まれていて栄養満点!

栄養素の種類はなんと30種類以上もあるんです!中でもダイエットに効果のある3つの成分『タウリン』『亜鉛』『鉄分』に注目です。

牡蠣のダイエット効果

タウリンで新陳代謝を活発にして、痩せやすいカラダに

タウリンとはアミノ酸の一種で、『タウリン1000 mg配合!』と宣伝している栄養ドリンクで有名ですが、実は牡蠣を5つ食べればそれに匹敵するくらいのタウリンを摂取できるんです!(牡蠣の種類や旬にもよります)

タウリンを摂取すると、血液中のコレステロール値が減少することで、血液がサラサラになります。

血液循環が良くなることで、体の隅々まで酸素が供給されるので、新陳代謝が活発になり、痩せやすい体になるといわれています。

他にも、視力の回復、心臓や肝臓機能の向上、インスリン分泌促進、高血圧予防など、たくさんの健康効果があるといわれています。

鉄分でダイエット効果を引き立てる

鉄分が不足すると貧血気味になるだけではなく、血液の流れが悪くなってドロドロになったり、代謝が悪くなり太りやすい体になってしまいます。

その他、頭痛やめまい、集中力の低下、疲れやすくなったり手や足が冷えたりもします。

もともと毎月の生理出血で貧血になりやすい女性は、そこにダイエットや偏食、ストレスが重なると、さらに鉄分不足を引き起こしてしまいます。

牡蠣を食べて血液をサラサラに保ち、新陳代謝を上げることで痩せやすい体を作ることができます。

ダイエットで不足しがちな亜鉛を補給

亜鉛は体内でエネルギーや細胞を作ったり、免疫機能を活性化たりと生きるうえで欠かせない栄養素です。

不足すると、成長が遅くなったり酸素が機能しなくなったりし、肌荒れを引き起こしたり、味覚や嗅覚が衰えることもあるといわれています。

牛肉や豚肉を避けてダイエットしている方には不足しがちな栄養素ですので、牡蠣を食べることで亜鉛を補給することができます。

牡蠣で太るのを防ぐ!食べるときに気を付けたい3つのポイント

ダイエットに嬉しい栄養たっぷりの牡蠣ですが、『食べ方を間違えると逆に太る』ことも事実です。ここでは『失敗しない牡蠣ダイエットの方法』をご紹介します。

レモン汁をお供にして、効果倍増

当たり前ですが、料理方法や使う調味料によってはカロリーを大幅にUPさせてしまします。

例えば、カキフライにたっぷりタルタルソース、アヒージョ、ガーリックバター醤油ソテー、牡蠣のホワイトソースグラタン…。なんだかヨダレが出てきましたね(笑)

これらを好きなだけ食べれば間違いなく太ります…。ここは我慢しましょう(泣)

ダイエットにオススメの料理方法は牡蠣鍋、雑炊、炊き込みご飯、みそ汁、蕎麦、浜焼きなどです。調味料にもカロリーや糖質は含まれていますので、使い過ぎには注意しましょう。

『えぇ〜〜〜!牡蠣といったらやっぱりカキフライでしょ〜!めっちゃ食べたいんだけど!』という方に朗報です♪『レモン汁』をかけましょう!

レモンには、美肌効果や老化予防、コラーゲン生成のサポート、血流を促して中性脂肪を下げたり、消化器官の働きを助けてくれたりする効果があるといわれています。

牡蠣と一緒に食べることで、ダイエット効果をUPさせてくれます↑↑↑

また、牡蠣とレモンを一緒に口にすることで、ウイルスや細菌の繁殖を抑えてくれたりと食中毒予防になったり、牡蠣の鮮度を保つこともできます。

ダイエット中は食中毒になりやすい?!

食事制限をしたり、ストレスが溜まっていたりするダイエット中は、免疫力が落ちてしまう方が多いです。疲れている時や体調が優れない時には食べないようにしましょう。

プリン体の摂取し過ぎに注意!

牡蠣にはプリン体も多く含まれていますので、健康診断などで引っかかっている方は注意しましょう。

まとめ

・牡蠣は低カロリー・低糖質なのに栄養満点!

・ダイエットに嬉しい『タウリン』『亜鉛』『鉄分』が豊富!

・レモン汁をお供にして、効果倍増!

・ダイエット中は食中毒になりやすい?!

・プリン体の摂取し過ぎに注意!

今回は『失敗しない牡蠣ダイエットの方法』をご紹介しました。牡蠣はダイエット中に最高の食材ですね♪しかし、何事も『適量・適度』が大切です。

食べ過ぎて逆に太ってしまったり、体調を崩してしまっては本末転倒です。適切な量を美味しくいただきながら楽しくダイエットしていきましょう♪