もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

いくらは何歳から食べられる?赤ちゃんが魚介類を安全に食べるポイント

日本では割と高級品で、ご馳走として扱われているいくら。しかし、そもそも子供って何歳からいくらを食べる事が可能なのでしょうか。

魚卵はあまり小さい子供に食べさせる事はよくないらしい、とふわっとした知識はあるものの、あまりしっかりとした年齢は明確にされていませんよね。

なぜならそれは子供の年齢ではっきりと決められているわけではなく、身体の発育の程度で判断される事だからです。

それでも家庭や親戚に小さな子供がいるところでは、ハッキリとした情報や根拠がないと本当に食べさせて良いものか不安が残るところです。

この記事では、いくらは何歳から食べてよいのか、食べさせるときの注意、いくら以外の魚介類の解禁年齢とその理由、幼児に食べさせない方がよい魚介類について紹介します。

いくらは何歳から食べてよいのか?3歳からという判断の目安とは

実はいくらなど魚卵をはじめ、食材を食べるときに関して何歳から可能であるという明確な年齢の基準はありません。

赤ちゃんが1歳半を過ぎ離乳食を卒業しはじめると次は幼児食へと移行していきますが、大人と同じような味付けは小さいからだには負担が大きすぎ、生活習慣病などを招くリスクがあります。

特にいくらには生ものであるがゆえ、以下の問題があります。そのため、3歳という目安があるのです。

1. 生ものの為、子供の消化器官の発達が未熟な身体への負担が大きい

2. いくらの塩分濃度が高い

3. 即時型食物アレルギーの恐れ

生ものの為、子供の消化器官の発達が未熟なため身体への負担が大きい

子供は消化器官が大人のように発達しておらず、刺激が強いものをはじめ塩分や油分、糖分などが多い食事をとると内臓に大きな負担がかかってしまいます。

また、いくらは生もののため抵抗力の弱い子供が食べると、それがきっかけでお腹を壊したり体調を崩したりするリスクが生じます。

いくらの塩分濃度が高い

日本の食事摂取基準によると、1日の食塩接種量の目安として下記のように記載されています。

1~2歳        3~4歳

男児 3.0g未満     4g未満

女児 3.5g未満     4.5g未満

しかし、いくらというのはサケの卵を醤油に漬けたもので、塩分は比較的高い数値を指しています。

大体100gあたり、910gの塩分が含まれており、スプーン1杯でも0.5gほどの塩分を摂取する計算になります。

過去には1歳の女児が熱中症対策として塩分の多い飲み物を与えられたことにより死亡した例もあるほど、子供の塩分摂取には気を付けなくてはなりません。

即時型食物アレルギーの恐れ

アレルゲンを食べてからだいたい2時間以内に皮膚・粘膜・消化器や呼吸器に何かしらの症状が現れることを即時型食物アレルギーといいます。

赤ちゃんから老人まで年齢関係なく発症しますが、幼児期には食の幅が広がることもあり、魚卵やビーナツ、果物、そばなどアレルギー報告が多く上がっています。

そのため、アレルギーの原因を防ぐためにも幼児期に該当の食品を大量に摂取することは控えた方がよいでしょう。

またそれを踏まえていくらを摂取し、症状の悪化があった場合、言葉で意思伝達が可能であるという年齢として3歳からという目安があります。

しかし、親に元々アレルギー疾患がある場合は食べさせる前に一度医師に相談した方がよいでしょう。

赤ちゃんにいくらを食べさせる時はこれを気を付ければ大丈夫

それでも戴きものだから、お祝いの席だからとどうしても避けて通れない場合もあると思います。

しかし、神経質になりすぎて必ずしも3歳まで絶対食べてはダメ!ということはありません。せっかくのお食事の席なので、可能な範囲で楽しく食べて過ごしたいですよね。

あくまでも幼児の塩分摂取量を加味したうえではありますが、どうしても食べさせたいときは以下の3つを意識して試してみてください。

・最初に少量を舐めさせ様子を見る

・量を減らして食べさせる

・ご飯やおかゆなどに混ぜて薄める

やはり塩分が多く含まれている食品ですので大量に食べる事は難しいですが、成長の様子を見ながら少しずつ食べさせてあげてください。

しかし、本人が嫌だという時は無理やり食べさせるのはやめてあげましょう。意外にもネットの声を聞くと、少量なら1歳から食べてるよという事例もありました。

ただし、先ほどもお伝えしましたが、親に元々アレルギー疾患がある場合は食べさせる前に一度医師に相談しましょう。

いくら以外の魚介類の年齢解禁は2~3歳を目安とする理由

離乳食が終わり少し子育てに余裕が出てくると回転ずし屋などに出かけたりすることもあるでしょう。

回ってくるお寿司に好奇心がくすぐられ、シャリに乗ったお刺身などを少しあげたくなる気持ちもありますよね。

お寿司や刺身などの生の魚を子供に与えるのは離乳食が完了していることが大前提ではありますが、大体2~3歳くらいからを目安にした方がいいでしょう。

なぜかというと消化する胃腸の準備が整い、尚且つ子供の奥歯がしっかり生えそろう目安が2~3歳だからです。

いくらなどとは違い刺身は咀嚼する力が必要です。そのため細かくかみ砕くことができずに体内で消化不良になることを防ぐためにも、歯が生えそろっているかが判断のポイントとなるのです。

赤ちゃんが食べない方がよい魚介類:エビやカニ等の甲殻類はアレルギーに気を付けて

先ほども少しアレルギーについてお話しましたが、幼児期の摂取において一つ注意事項があります。それはエビやカニなどの甲殻類のアレルギーです。

甲殻類といえば食物アレルギーの原因物質の内訳の中で5番目に多いアレルギーとなります。

卵や小麦、牛乳などのアレルギーに関しては幼少期から成長するにつれて耐性がつき、大人になったら食べられるようになったりする人が多いです。

一方、甲殻類をはじめ果物、ナッツに関しては一度アレルギーになってしまうと成長しても耐性を得ることが難しいとされています。

そのため、幼少期に1度甲殻類アレルギーになってしまうと、ほとんどの人が一生アレルギーと付き合って生活していく必要があるのです。

また、重度の甲殻類アレルギーだと、エビやカニその物を食べなくても、エキスとしてスープに使用しているだけで、アナフィラキシーショックなどの呼吸器症状に苦しむこともあるのです。

将来なるべく生活しやすい環境を作ってあげるためにも、幼少期のうちには生のエビやカニは摂取することを控えた方がよいでしょう。

まとめ

・いくらを食べさせるのは、消化器官が発達し、自分で意思表示ができるようになる3歳を目安にする

・赤ちゃんに食べさせる時は、塩分に気を付けながら一度確認した後に少量をお粥やごはんで薄めて食べさせる

・魚介類は離乳食が終了した事が前提として、歯が生えそろった2~3歳が目安

・甲殻類アレルギーを防ぐために生のエビやカニなどは与えない

いくらは何歳から食べてよいかという年齢ははっきりと決まっているわけではありません。しかし、自分の身体ではないからこそ、小さな子供が栄養として取り入れる食べ物には気を付けたいですよね。

大人よりもずっと小さな子供の身体では、ちょっとの『大丈夫』が大きな病気につながることもあります。

いくらの摂取については、最終的に子供の成長を自分の目で確認しながら判断することが必要です。しかし、どうしても自分では判断つかない場合は、悩まずすぐに医師に相談するのも手です。

美味しいものは早く、たくさん食べて経験させてあげたくなる気持ちはありますが、少しだけぐっとこらえて、可能な範囲で楽しい食卓にしていきたいですね。