もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

ごま油は高カロリーで太る食材?健康効果やダイエットの方法を解説

中華料理をはじめ、様々な場面で登場するごま油。風味がいいのでついついたくさん使ってしまいます。

しかし、とても高カロリーなのでダイエット中はどうしても控えがちですよね。実は、ごま油は特別ダイエットに不向きな食材ではないんです!

この記事を読むことで、ごま油のカロリー、ごま油が健康に与える効果、ダイエットに効果的か、適切な1日の摂取量を知ることができます。この記事を読んで、ごま油を効果的に取り入れましょう!

ごま油は太る食材?カロリーについて

そもそも、ごま油は本当に他の食材に比べて高カロリーなのでしょうか?ごま油が特別高カロリーという訳ではありません。

なぜなら日常で使用しているなたね油やオリーブオイルなども同じくらいのカロリーがあるからです。

ごま油は100gあたり921kcalです。実際に料理に大さじ1杯利用した場合、計算していくと111kcalということになります。

では、他の油はどうかと言うと、なたね油やオリーブオイルも全く同じカロリーなので、大さじ1杯で111lcalということです。

他の油と比較すると決して高カロリーではありませんが、それでも充分高カロリーなので、摂取の仕方に気を付けなければ太ってしまいます。

ごま油の健康効果

しかし、ごま油は健康にいいと言われています!現に一般的に使用されているサラダ油などに比べると豊富な栄養素が含まれているのです。

代表的な栄養素はビタミンE、セサミン、オレイン酸、リノール酸などが上げられます。

ビタミンE

ビタミンEはアンチエイジングで注目されている栄養素です。抗酸化作用があり、活性酸素の影響で老化する事を防止してくれる嬉しい成分です!

活性酸素は、シミやそばかすなど、美容の天敵と言われているだけではなく、内臓脂肪の増加にも影響していると言われています。ビタミンEはその活性酸素の増加を防止してくれるんですね。

セサミン

セサミンはビタミンEとの相乗効果でより抗酸化作用が活発になります。また、肝臓を保護し活性酸素をつくり出される事を防いでくれます。

肝臓は身体に入った不純物を解毒し、栄養素に変えたり、無毒化したりしてくれる大切な臓器です。

この肝臓が正常に働かないと、老廃物が体内に溜まりやすくなり、血液がドロドロになる原因になるので、セサミンでしっかりと分解できる身体づくりができるんです。

オレイン酸

オレイン酸はコレステロールを調整したり、血液をサラサラにしたりする作用をもちます。血液をサラサラにすることで生活習慣病の予防になるほか、痩せやすい体質を作る事が出来ます。

それだけではなく、オレイン酸には満腹中枢を刺激してくれるという嬉しい効果もあるんです!

満腹中枢を刺激するのは摂取後1時間程度なので、食事の1時間前に摂取することで、暴飲暴食を防ぐ事ができます。

リノール酸

リノール酸はオメガ6の一種で、体内で合成される事がないので、食べ物から取り入れるしか方法がありません。悪玉コレステロールを減らしてくれ、動脈硬化を防ぐ作用があるといわれています。

悪玉コレステロールは血管にコベり付きやすいため、増えれば増える程血液循環の妨げになる可能性があります。

かといって過剰摂取は善玉コレステロールを除去してしまうので、取り入れすぎは不調を招いてしまいます。適度に取り入れる事で心臓病等の予防に効果的です。

ごま油はダイエットに期待できる?

結局のところ、ごま油はあくまでも油なので、過剰摂取は絶対に厳禁です。ですが、適度に摂取する事でダイエットを成功させやすい身体が出来ると言えるでしょう。

ごま油に含まれる成分は肝臓を保護する成分や血液をサラサラにする成分が含まれています。

血液の循環はダイエットと非常に関わりがあります。血液がサラサラだと不純物が体内に滞りにくくなります。

その結果、肥満の原因になりやすいむくみや冷え性、便秘といった症状の改善につながります。

ダイエットには直接的に関係する事がなくても、ごま油を摂取する事でダイエットが成功しやすい身体を手に入れる事ができるんです!!

1日の適量のごま油摂取量

では、健康的に摂取をし続ける為には、一日どれくらいの摂取量が理想なのでしょうか??

ごま油の理想の摂取量は一日小さじ1杯程度になり、厚生労働省の2015年版日本人の食事摂取基準でも同様の内容が記載されています。

多く摂取したからといってより多くの効果が得られる訳ではありません。

それどころか、多く摂取することでカロリーオーバーに繋がるだけでなく、善玉コレステロールも減少させてしまう恐れがあり、肥満の原因となるので注意が必要です。

そうならない為にも、ごま油は小さじ1杯にとどめ、効果的に摂取する事をおすすめします!

まとめ

・ごま油は他の油と同じカロリーで、特別高カロリーではない

・ごま油に含まれるビタミンE、セサミン、オレイン酸、リノール酸の効果でダイエット効果を上げるサポートをしてくれる。

・ごま油の一日の適正摂取量は小さじ1杯

以上のことから、ごま油は決して太りやすい食材という訳ではなく、ダイエットにも有効な食材と言えます!今日からごま油を効果的に取り入れて、健康的な食生活を送っていきましょう

す。

悪玉コレステロールは血管にコベり付きやすいため、増えれば増える程血液循環の妨げになる可能性があります。

かといって過剰摂取は善玉コレステロールを除去してしまうので、取り入れすぎは不調を招いてしまいます。適度に取り入れる事で心臓病等の予防に効果的です。

ごま油はダイエットに期待できる?

結局のところ、ごま油はあくまでも油なので、過剰摂取は絶対に厳禁です。ですが、適度に摂取する事でダイエットを成功させやすい身体が出来ると言えるでしょう。

ごま油に含まれる成分は肝臓を保護する成分や血液をサラサラにする成分が含まれています。

血液の循環はダイエットと非常に関わりがあります。血液がサラサラだと不純物が体内に滞りにくくなります。

その結果、肥満の原因になりやすいむくみや冷え性、便秘といった症状の改善につながります。

ダイエットには直接的に関係する事がなくても、ごま油を摂取する事でダイエットが成功しやすい身体を手に入れる事ができるんです!!

1日の適量のごま油摂取量

では、健康的に摂取をし続ける為には、一日どれくらいの摂取量が理想なのでしょうか??

ごま油の理想の摂取量は一日小さじ1杯程度になり、厚生労働省の2015年版日本人の食事摂取基準でも同様の内容が記載されています。

多く摂取したからといってより多くの効果が得られる訳ではありません。

それどころか、多く摂取することでカロリーオーバーに繋がるだけでなく、善玉コレステロールも減少させてしまう恐れがあり、肥満の原因となるので注意が必要です。

そうならない為にも、ごま油は小さじ1杯にとどめ、効果的に摂取する事をおすすめします!

まとめ

・ごま油は他の油と同じカロリーで、特別高カロリーではない

・ごま油に含まれるビタミンE、セサミン、オレイン酸、リノール酸の効果でダイエット効果を上げるサポートをしてくれる。

・ごま油の一日の適正摂取量は小さじ1杯

以上のことから、ごま油は決して太りやすい食材という訳ではなく、ダイエットにも有効な食材と言えます!ぜひ今日からごま油を効果的に取り入れてみましょう!