もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

手作り・市販のあんこの賞味期限 | 腐った時の食中毒の危険や保存方法

あんこやあんこを使ったお菓子を家で食べる機会もあると思いますが、意外と余らせてしまうことがあるのではないでしょうか?

「あんこは糖度が高いから常温保存で大丈夫」と思っていませんか?実際のところ、あんこは常温ではそこまで長持ちはしません。

腐らせて、処分するのはもったいないですよね。実は、保存の仕方を工夫することで賞味期限を延ばすことができるのです。

この記事では、手作りあんこ・市販のあんこ・あんこを使ったお菓子の賞味期限、あんこが腐るとどんな状態になるのか、あんこが腐ることでおこる食中毒について解説していきます。

手作りあんこの賞味期限

手作りあんこの賞味期限は保存方法で変わってきます。

冷蔵庫で3日

冷凍庫で1,2か月

3日以内に食べきることができるのなら、冷蔵保存がお勧めです。やはり、冷凍保存だと多少味が落ちてしまうので。

保存する場合は、小分けにしましょう。空気に触れることで餡子が乾燥し、味が落ちてしまうので、食べる分だけ取り出せるようにして、できるだけ空気に触れないようにしたいのです。

また自然解凍することで、小倉の風味を消さずに美味しくいただけます。万が一風味が消えていたら温めてみると良いでしょう。こげないように気を付けて!

市販あんこの賞味期限

市販の餡子の賞味期限はどのくらいかご存じですか?糖度が高く、防腐剤が入っているからといって安心してはいけません。

あんこの賞味期限はパッケージによって変わる

あんこの賞味期限はパッケージによって変わります。

袋入り60日、3か月など(業者、商品によって変わってくる)
チューブ6か月~1年
レトルトパウチ1年~2年
缶詰3年

これはあくまで目安であって、実際は商品によってまちまちです。記載されている賞味期限を必ず確認してください。

未開封か開封後かでも変わる

商品に記載されている賞味期限は「未開封の場合」です。開封後は速やかに食べきりましょう。もし保存するのであれば、手作りあんこと同じように冷凍保存が一番安心です。

あんこ菓子の賞味期限

お土産に和菓子を選ぶなんて方もいると思いますが、賞味期限が気になるところですよね。和菓子といっても、いろいろタイプがあります。

水分量に応じて、生菓子、半生菓子、干菓子、の3つに分類できます。基本的には賞味期限の短い順に、生菓子、半生菓子、干菓子、と並ぶのですが、例外もあります。

どの程度日持ちがするのかは砂糖の量も関係しているからです。糖分の多いお菓子ほど長持ちするので、生菓子のなかにも長持ちするものはありますよ。

また、冷凍保存できるお菓子も多くあるので、一度に食べきれない場合は冷凍保存すると良いでしょう。商品ごとに賞味期限を必ず確認してください。

あんこが腐るとどうなるのか

賞味期限までに食べきってしまいたいですが、残してしまった場合、あんこが傷んでいるのか、どうやって判断したらいいのでしょうか。

見た目と味で判断できます。まず糸を引くことがあるので、食べる前に確認してください。

仮に糸が引かなくても、食べてみて酸っぱくピリピリした味がしたら、腐っている証拠です。すぐに食べるのをやめて下さい。また、腐敗が進むと緑や白カビが生えることがあります。

腐っていたら残念ですが処分しましょう。傷んだ餡子を食べて食中毒を起こした例がいくつも報告されています。

あんこが腐ることで起こる食中毒

万が一腐ったあんこを食べてしまうと、どんな体調不良が起こるのでしょうか。過去に報告されたものとして、以下のようなものがあります。

セレウス菌

セレウス菌による食中毒の症状は以下の通りです。

下痢、嘔吐

一般的に、食後30分から5時間以内に嘔吐の症状が出て、6時間から15時間後に下痢の症状がでるといわれています。

セレウス菌による食中毒で見られる症状は下痢、嘔吐ですが、もし発熱がある場合はノロウィルスが疑われます。

ノロウィルス

ノロウイルスによる食中毒の場合、主な症状は

嘔吐、下痢、38度程度の発熱

激しい吐き気や嘔吐、下痢、悪寒、腹痛が、食後30分で現れる人もいます。

黄色ぶどう球菌

黄色ぶどう球菌による食中毒の主な症状は

悪寒や嘔吐

の症状が主に見られますが、腹痛と下痢を伴う場合もあります。黄色ぶどう球菌の場合は早い人だと食後数十分後、通常は2~3時間後で発症します。

製造から時間が経ってしまった場合だけでなく、製造過程で菌が繁殖してしまう場合もあります。

賞味期限内かどうか関係なく、味がおかしいと思ったらすぐに食べるのをやめて下さい。体調に異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。

まとめ

・あんこの消費期限は、手作りか市販かで変わり、保存方法によっても変わる。

・あんこは糖分が多いほど長持ちする。

・腐ったあんこを食べると食中毒を引き起こすことがある。

あんこを使ったお菓子の中にも冷凍保存できるものがあるので、短期間で食べきれなさそうであれば、冷凍保存するのが一番安心でしょう。

時間のたったあんこを食べるかどうかの判断は、自己責任でお願いします。