もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

みょうがの食べ過ぎは体に悪い?物忘れが進行する迷信や適切な量

独特な香りとピリッとした辛みで、香味野菜として人気のみょうが。食べ過ぎると、体に異変が起きる!?

物忘れが悪化する!?食べ過ぎによる影響とみょうがを食べることのメリットを徹底解説します。この記事を読むことで、みょうがについての正しい理解を深めることができます!

みょうがを食べ過ぎると体に起きること

みょうがを食べ過ぎると、下痢のような症状が起きる場合があります。

これは、不溶性食物繊維を多量に摂取することで、胃や腸が刺激されやすくなるため、下痢や腹痛を起こす場合があります。

不溶性食物繊維は、水に溶けることなく、水分を吸って膨らむため、便秘に効果的とされています。逆に言うと、便秘気味の時は、食べるとお通じがよくなるでしょう。

みょうがの他にも、きのこ類やぜり、せんまい等の山菜類も不溶性食物繊維を多く含む食品として知られています。

不溶性食物繊維の含有量は、みょうが100グラムに対し、1.7グラムほどなので、過剰摂取しない限り、問題はありません。

みょうがの食べ過ぎで物忘れが悪化するのは迷信?

『みょうがを食べ過ぎて物忘れが悪化する』という話を聞いたことがありますか?

しかし、そのような事実はなく、これは迷信です!これは、お釈迦さまとその弟子の周梨槃特という人の一説からくるもので、一説をご紹介します。

周梨槃特は、頭が悪く、自分の名前さえも覚えられなかったそうです。お釈迦様に言われて、毎日毎日お掃除に励んでいたのですが、ある日廓然として悟りの境地に達したのです。

その周梨槃特が死去したのちに、墓地から生えてきたのがみょうがだったことから、『みょうがを食べると物忘れが悪化する』という言い伝えがあります。

お釈迦さまとその弟子の周梨槃特にまつわる話から『みょうがを食べ過ぎて物忘れが悪化する』という言い伝えがあるのです。しかし、俗説なので、ご安心ください。

みょうがを食べるメリット

ここまで、みょうがを食べ過ぎることで起きるかもしれないマイナスな話をお伝えしてきましたが、ここからは『みょうがを食べるメリット』についてご紹介します!

  • 血流を促す作用があり、冷え性に効果的
  • リラックス効果・集中力を高める効果がある
  • 夏バテ防止効果がある

これらがみょうがを食べることで効果が得られるメリットです。これらの効果は、みょうがに含まれる『α-ピネン』という物質によるものです。

この成分が体の血流を循環させ体をぽかぽかにしてくれ冷え性に効くと言われています。

また、あの独特な香りがリラックス効果を高め、脳を刺激することで集中力を高める効果を得ることができます。

そして、α-ピネンには食欲増進・消化促進の効果もあるといわれており、夏バテ防止にもなります。香りや効果効能を最大限に活かすためには、加熱しないで、生で食べるほうが効果的です。

1日当たりのみょうがの適切な量

そもそも、みょうがの1日当たりの適切な摂取量はどれくらいでしょうか?答えは、1日当たりの摂取量は特になく、上限もありません。

ただ、生で食べ過ぎると、みょうがに含まれる辛み成分と香り成分が原因で、口の中がピリピリすることがあります。

これらは、油に溶ける性質があるため、加熱して食べることで、症状を抑えることができます。1日当たりの適切な量は、過剰に摂取しない程度と言えます。

みょうがを食べるときに注意すること

みょうがを生で多食すると、口の中や喉がぴりぴりすることがありますが、加熱すれば刺激はなくなるので、問題はありません。

これは、みょうがに含まれる成分「α-ピネン」による影響で、粘膜の弱い方はそのような症状が出ることがあります。

味付けに油を使ったり、加熱することで、刺激も緩和され、食べやすくなります。

薬味として使われることが多いみょうがですが、生で食べるだけでなく、色々なレシピがありますので、調理法を工夫して食べてみてください。

また、上でもお伝えした通り、みょうがは刺激が強い食べ物なので、胃腸の調子が悪いときには、摂取しないようにしましょう。症状が悪化する可能性があるので、ご注意ください。

まとめ

・みょうがを食べ過ぎると、胃や腸が刺激されやすくなり、下痢や腹痛を起こす場合がある

・みょうがを食べ過ぎて、物忘れが悪化することはない

・みょうがには、冷え性に効果的で、その他にもリラックス効果、集中力を高める効果、夏バテ防止に効果がある

・1日当たりのみょうがの適切な量は、特に決められていない、上限もない

・生で多食し、口の中や喉がぴりぴりする場合は、調理法を工夫することで刺激がなくなる

みょうがを食べ過ぎるとやばい!!そんなマイナスなイメージがあるかもしれませんが、それは間違えです。

ただ、みょうがに限らず、どんな食べ物でも過剰な”食べ過ぎ”はいいとは言えません。

みょうがには、みょうがに含まれる成分がもたらす良い効果があるので、他の食材とバランスよく、適度に食べましょう。