もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

ゆで卵を長持ちさせる保存方法 | 腐った時の見た目・賞味期限も解説

食卓でもよくつかわれているゆで卵。最近は、ゆで卵の殻をきれいに取ることができる便利グッズも売っていて、以前よりも簡単にゆで卵が作りやすくなりました。

こういうこともあって、ついつい作りすぎてしまうこともあります。ですが、たくさん作ったときに心配になるのが、「ゆで卵、腐ってしまわないかな。」ということです。

このような不安を抱えている方もいらっしゃるのではないかと思います。

この記事を読むことで、ゆで卵は腐ってしまうとどうなってしまうのか、どのようにしたら長く美味しくゆで卵を保存することができるのだろうか、という疑問を解決することができます。

ゆで卵が腐ると見た目や匂い状態はどうなる?

まず、ゆで卵が腐ってしまった場合、どのような変化が起こるのかみていきます。わかりやすい見た目としては、白身がねばねばして糸を引いている場合は腐っているといえます。

また、硫黄のような強いにおいを発しているときも腐っているといえます。見た目やにおいでもゆで卵が腐っているのかどうかわからない場合は、触って確かめましょう。

黄身に湿り気があって、ねちょっとしている場合は腐っているといえます。

ゆで卵の茹で加減によっては、黄身の周りが黒くなっていたり、黄身全体の色味が褐色になっていたりしてしまうことがあります。

このような変化は、ゆで卵が腐敗していることとは無関係で、体にも害があるわけではないので、安心して食べてください。

ゆで卵を作った後の賞味期限・日持ちについて(市販と手作りの違い)

ゆで卵はどれくらいの期間、日持ちするのでしょうか?市販のものと手作りのもので、分けてみてみることにします。

まず、市販のものについてです。作っている工場や製法によって若干の差異がありますが、概ね、殻をむく前の状態で1~2日、殻をむいてしまった状態で半日程度です。

次に、手作りしたゆで卵についてです。固ゆでのものかつ殻付きの状態で、冷蔵庫に入れて保管していた場合、3~4日程度、殻をむいてしまった状態のもので半日程度日持ちします。

ただし、半熟のゆで卵の場合は、殻付きのもので、冷蔵庫に入れて保管していた場合、1~2日程度、殻をむいてしまった状態のもので半日程度しか日持ちしません。

ゆで卵は生卵よりも日持ちしやすいと思われがちですが、実際は生卵よりも日持ちしにくいため、注意が必要です。

ゆで卵が傷んで腐っている場合食べないほうがいい

では、万が一、ゆで卵が腐ってしまい、傷んだ場合は食べても大丈夫なのでしょうか?

ほかの食べ物の場合は、多少賞味期限や消費期限を過ぎていても、冷蔵保存や冷凍保存したうえで加熱殺菌などをすれば、大丈夫な場合もありますよね。

ですが、卵は傷みやすい食品であるため、腐って傷んでしまった場合には、食べないほうが良いです。

ゆで卵を長持ちさせる保存方法

先ほどから書いているように、ゆで卵は傷みやすい食べ物です。そのため、常温保存せずに、必ず冷蔵で保存するようにしてください。

冷凍での保存もできないわけではありませんが、ゆで卵に含まれる水分が凍結されてしまい、解凍時に水分が抜けて、ゆで卵が消しゴムのような食感になるため、おすすめはしません。

また、殻は剥かないで保存するようにしましょう。殻をむいてしまうと、ゆで卵の中身が空気と触れてしまい、酸化が進んで傷みやすくなってしまうためです。

しかし、ゆで卵の殻をむかないで冷蔵庫に入れて保存した場合、生卵との区別がなってしまう危険性があります。

そのため、まずは、ゆで卵と生卵が混ざらないように保管することを心掛けましょう。万が一混ざってしまった場合は、平らな場所で卵を回してみてください。

きれいに回転した場合はゆで卵で、回転が一定ではなく不安定な場合は生卵です。

ゆで卵を保存する時の注意点とコツ

それでは最後に、ゆで卵の保存時における、注意点とコツについてみていきます。

何度も書いているように、ゆで卵は腐りやすい食べ物です。必ず、常温保存を避け、冷蔵庫で保存するようにしてください。

また、少しでも空気と触れることを避けるために、殻をむいた状態で保存せず、殻はつけっぱなしで保存してください。

そして、生卵と保管場所を分けることで、生卵とゆで卵が混在してしまうことを避けましょう。

まとめ

・ゆで卵は腐ると、白身がねばついたり、硫黄のようなにおいがしたり、黄身がねっとりしたりする

・ゆで卵は市販のものよりも、手作りのほうがながもちするが、生卵と比べると長持ちしにくい

・ゆで卵は殻をむかずに、冷蔵庫で保存する、このとき、ゆで卵と生卵が混ざってしまわないように保存する

ゆで卵が腐った場合の視覚、嗅覚、触覚による変化、長持ちさせるための保存方法がわかりましたね。この記事で学んだことを活かして、ゆで卵を安全に、美味しく食べましょう。