もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

台風が来たら窓を開けるのはダメ!危険な理由と安全に身を守る対処法

台風が来て、窓がガタガタ揺れているのを見ると、割れてしまわないか心配になりますよね。

「『台風の時は窓を開けて、風の通り道を作った方がいい。』なんて話を聞いたことがあるけれど、本当なの?」

結論から言うと、台風の時は、絶対に窓ガラスを開けてはいけません。むしろ、窓ガラスを開けてしまったことで、大きな被害につながった例も多くあります。

ではなぜ、台風で窓を開けてはいけないのか、窓を開けるよりも有効な方法、台風がきたときにあると便利なグッズ、窓ガラスが割れた場合の対処法などをご紹介します。

この記事を読み、台風時にどう動くことが安全につながるのか、前もって何を準備しておいたら安心なのか、正しく理解してくださいね。

台風で窓を開けるのはダメな理由

台風の時、風圧でガラスが揺れている・たわんでいるのを見て、不安に思うこともあるでしょう。

「窓を少し空けて風の逃げ道を作った方が安全じゃないか…。」そう思っても、絶対に窓を開けてはいけません!

強風が吹き荒れている時に窓を開けてしまうと、部屋の中と外との気圧差で窓ガラスが割れてしまうことがあります。

また、部屋の中に吹き込んできた風が逃げ場を失い、天井や屋根が抜けてしまうことも考えられます。

実は窓ガラスは、想定される風圧に耐えられる窓の大きさや強度で作られるように、法律で決められています。基本的に、瞬間風速48.0m/秒まで耐えることができる作りです。

沖縄県や九州南部など、台風が強い勢力で近づくことが多い地域や、より窓に風が強く当たる高速マンションでは、それに耐えられる強化ガラスが元々使われています。

窓ガラスがたわんでいたとしても、それは計算の内。たわむことで一点に受ける風圧を分散させ、窓ガラスが割れることを防いでいます。

実際には、大変強い勢力の台風の場合、窓を開けなくても強風で窓ガラスが割れてしまった事例もあるそうです。

しかし、そのような暴風が吹いている時に、窓を少しでも開けていたら、その風で部屋の中はメチャクチャに散らかってしまいます。

台風など暴風時、窓ガラスが割れる一番の原因は、「飛散物の衝突」です!瓦や石、看板などが、強風によって舞い上がり、窓ガラスにぶつかり割れることが非常に多いです。

そのため、台風時には、窓ガラスに近づいてはいけません。窓ガラスを自己判断で開けてしまう行為ももちろん、絶対にしてはいけません!

台風で窓を開けるよりも有効な方法

台風時に窓を開けるより有効な対処法を3つご紹介します。

家の外に、風で飛んでいきそうな物を置かない。

強風で飛んでしまう可能性があるものは、家の中に入れるか、柱などにロープでしっかりと結び付けて固定しましょう。

植木鉢やプランター、ほうき・ちり取り、バケツや自転車など、強風で飛ばされそうなもの、少しでも動きそうなものは、そのままにしていてはいけません。

余談ですが、家の周りに落ち葉やごみがないよう掃除しておくことで、台風で大雨が降ったときに、排水されやすくなるので、日頃から気を付けましょう。

雨戸やシャッターを閉める。

雨戸・シャッターは、万が一何かが飛んできた時に盾となり、窓ガラスが割れることを防ぎます。

窓ガラスを補強しておく。

雨戸やシャッターがない場合は、自分で前もって窓ガラスを補強しておきましょう。窓を補強する方法を簡単にご紹介します。

ガラス飛散防止フィルム

フィルムを窓の大きさに合わせて切り、窓ガラスに貼っておきます。手に入らない場合は、防犯用の防犯フィルムでも大丈夫です。ガラスが飛び散らなくなる同じ効果があります

ダンボール

窓の外側に貼ると、強風から窓を守る効果。内側に貼ると、ガラスの飛散防止の効果があります。

外にダンボールを貼ると、強風で飛ぶ可能性もあるので、しっかりと固定できる場合のみ、外側にも貼りましょう。

養生テープ

上記の図のような「米」の字に養生テープを貼りましょう。ガムテープを使うと、跡が残ってしまう場合があるので、養生テープを使うのがおすすめです。

台風対策を怠ってしまうと、誰かに怪我させてしまうことも考えられます。周囲に迷惑をかけないためにも、自分で出来る準備はきちんとしておきましょう!

台風が来た時にあると便利なグッズ

台風時にあると便利なグッズを使う場面に分けてご紹介します。

事前の準備に使う便利グッズ「土のう」

河川の近くや低い土地などで、浸水の被害を防ぐために必要なものです。※土のうがない場合は、ゴミ袋を使って、簡単に土のうを作りましょう。

① ごみ袋を2枚重ね、持ち運べる程度(半分ほど)に水を入れ、口を結ぶ。

② ①のごみ袋をダンボールに入れて、さらにビニールシートやレジャーシートで包む。

台風が来ている最中に使う便利グッズ「雨合羽・長靴・ヘルメット」

どうしても強風の中、外に出ないといけない場合があるかもしれません。これらは、すぐ取り出せる場所に置いておきましょう。

後片付けで使う便利グッズ「マスク・保護メガネ・除菌剤」

万が一浸水してしまった後の清掃では、感染症の予防にも気を付けないといけません。

万が一、台風で窓が割れてしまった場合の対処法

1.窓ガラスが割れた部屋の電気のブレーカーを落とす。

割れた窓から雨風がコンセントに入り込み、漏電やショートを引き起こすことがあります。台風が過ぎ去るまで、念のため、ブレーカーを落としておきましょう。

2.窓ガラスを板やダンボールでふさげる場合は、飛び散ったガラスに注意してふさぐ。

内側から割れた窓をふせげるようであれば、板やダンボールで簡単にふさいでおきます。床にはガラスが散らばっているので、靴をはいて手袋や軍手をつけて行いましょう。

窓ガラスに近づくことができない場合は、窓と反対側の窓を開けて、風の通り道を作り、屋根や天井が風圧で抜けてしまうことを防ぎます。

3.雨風が落ち着くまで、窓ガラスが割れた部屋には近づかず、風呂場やトイレなど、安全な場所に避難する。

4.強風が落ち着いてから、割れたガラスを片付ける

けがをしないよう、靴を履いて、手袋や軍手をつけて片付けてください。大きい破片はダンボール箱に入れ、小さな破片はほうきとちり取りで集め、仕上げに掃除機をかけます。

取り残しの欠片がないよう、雑巾で周辺を拭いておくと、より安心です。飛び散ったガラスの掃除が終わったら、割れた窓を段ボールや板で覆います。

窓ガラス修理の依頼をする。

家の窓ガラスで他に割れているところがないかを点検した後、窓ガラス修理を依頼します。

台風が通過した直後は、同じように窓ガラスの修理を依頼している人が多く、修理に来てもらうまでに時間がかかる場合があるので注意が必要です。

修理してもらう窓の枚数、窓のサイズとガラスのタイプを伝えると、大体の金額を教えてもらうことができるので、事前に確認してから依頼しましょう。

火災保険によっては、台風など自然災害で窓ガラスが割れた場合、その修理に保険が降りることもあるので、契約を見直しておきましょう。

まとめ

・台風時に窓を開けると、風圧で床や天井が抜ける可能性がある。

・台風で窓ガラスが割れるほとんどの理由は、飛散物の衝突。

・養生テープやダンボールで、簡単に窓ガラスの補強ができる。

・万が一、窓ガラスが割れてしまったら、ブレーカーを落とし、できれば窓をふさいで家の中の安全な場所に避難し、台風が過ぎてから片付けをする。

台風で強風が吹き荒れている時に窓を開けると、より被害を大きくしかねません。窓ガラスがゆがんで見えても、決して触らず近づかず、安全な場所で台風が過ぎるのを待ちましょう。

台風は、日本に住んでいる限り、逃れることができない災害です。自分ができる台風対策を前もってしておくことが、自分や周りを守ることにつながります。