もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

らっきょうでおならが出る本当 | 食べるときの3つの注意点を解説

カレーの付け合わせにはもちろん、最近では自宅で簡単に作れることで話題になっているらっきょう。

でも、食べているとなんだかお腹が張っている感じがするし、おならが出てしまうこともある…と誰にも言えないような悩みはありませんか?

今回の記事では、らっきょうとおならの関係について、しっかりと検証してみました。なかなか人には相談できないお悩みだと思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

らっきょうでおならが出やすくなるのは本当か?

結論から言うと、らっきょうを食べておならが出ることは自然な現象です。ただし、おならが出やすいからといってらっきょう自体は身体に悪いと決めつけてしまうことも良くありません。

むしろ腸内環境を整えてくれるからこそおならが出やすくなってしまうカラクリなんです。

お手軽に栄養も取れる貴重な食材なので、どのようにすればおならを防ぐことができるのか、順番に確認してみましょう。

らっきょうでおならが出やすくなる理由

らっきょうには「繊維質」という食物繊維の1つが他の野菜と比べて多く含まれています。

この繊維自体は身体にとって良い食べ物であり、腸を整えてくれる作用も期待できるので便秘の解消にもつながります。しかし、繊維質が多いとデメリットもでてきます。

繊維が多いと私たちの胃の中では消化しきれず、消化されないまま大腸まで届いてしまうため、腸内で炭酸ガスやメタンガスになりやすいと言われています。

このガスが、おならの原因の1つになってしまうんです。また、らっきょうには「硫化アリル」という成分があります。

この成分はらっきょうの他にニラなどにも含まれており、おならをすると臭くなってしまう原因にもなってしまうんです。

らっきょう以外にもおならが出やすい食材

らっきょうなどの食物繊維が多く含まれている食べ物だけでなく、動物性タンパク質が多く含まれている食べ物も同様におならが出やすくなってしまいがちです。

具体的にどのような食材で、おならがでやすくなってしまうのでしょうか?

さつまいも・アブラナ科野菜(ブロッコリー・キャベツ)・ごぼう

こちらの野菜もらっきょう同様に繊維を多く含むために腸が刺激されて、おならが出やすくなってしまいます。

特に、生の状態だと繊維が破壊されないまま腸まで届いてしまうため、キャベツの千切りは食べ過ぎないように気をつけましょう。

お肉(動物性タンパク質)

タンパク質の過剰摂取は、腸内環境を乱す原因となります。その結果、おならが出やすくなるだけでなく、臭くなってしまうんです。

適量であれば問題ありませんが、ステーキなどメインの食事になる場合は注意しましょう。

食べ物でおならを出さないために心がげること

らっきょうに限らず、出来るだけおならは出さずにおいしく食材をいただきたいですよね。おならが出やすい食材では、どのようなことに心がければ良いのでしょうか。

適量を守ること

らっきょうの一日の食べる目安の量は4粒程度が適当だと言われています。

シャキシャキとした食感がたまらなくってついつい食べ過ぎてしまいますが、下痢やおなら、または体臭の原因にもなってしまいます。

なので、量を超えないように毎日少しづつ続けて食べることが理想的です。

食べるときに、口からなるべく空気を含まないこと

おならの主成分は、食事のときに食材と一緒に飲み込んだ空気なんです。これが、食物繊維などと一緒に腸内まで届き、おならとなってしまいます。

口いっぱいに食べ物を詰め込んでしまったり、急いで駆け込みながらご飯を食べていませんか?これが、多くの空気を食材と一緒に取り込んでしまう原因となります。

ゆとりのある時間で食事を楽しみながら、食べるときには意識的にゆっくりと噛んで、空気を口から取り込まないようにしましょう。

予防グッズを使う

我慢できずにおならが出やすい食材をたくさん食べちゃったけど、どうしても今から仕事に行かなくちゃいけない…!なんてこともあると思います。

そんなときのお役立ちグッズは「サイレントクッション」という椅子や床の上に載せるクッションがあります。

こちらは一見、普通に売られているクッションと見た目は変わりません。

しかし、その効果はおならの消音効果だけでなく消臭効果もあるので、体質的によくおならが出てしまうという方におすすめなんです。おならの音は、なんと80%も減るんだとか。

お値段は普通のクッションと比べると少々お高めですが、いつも悩んでしまう方には一度試してみる価値があるかもしれません。

まとめ

・らっきょうでおならが出てしまうのは自然なこと

・さつまいもやキャベツ、お肉もおならが出やすい食材

・適量を守ること・よく噛んで食べることに注意をする

らっきょうだけでなく、キャベツやブロッコリーなどの繊維を多く含む食材は、腸内を整えてくれるなど身体に良い効果もある反面、おならも出やすくなってしまいます。

でも、誰にでも食べたくなってしまう時はありますよね。そんな時は、適量を守りながら慌てずによく噛んで食べると、おならの量や数は激減します。

これらの方法をうまく使いこなして、おならやお腹の張りに困らない生活を送りましょう。