もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

数の子の由来は何?親の魚の種類やおせちに入っている理由を解説

「たらこ」の親はタラ、「鯛の子」の親はタイ、では、「数の子」の親はカズ…?数の子の親は、何の魚かご存じですか?

この質問にすぐに答えられる方は意外と少ないのではないでしょうか。この記事では、数の子の親魚について、名前の由来からその食べ方まで、詳しく解説していきます。

これを読めば、友達に話せる豆知識が増えますよ!

数の子の親は何の魚?

数の子の親はニシンです。「たらこ」や「鯛の子」の命名方法に従えば、「にしんのこ」となりそうですが、なぜ「数の子」なのでしょうか。

数の子の由来

昔、ニシンは「カド」といわれていた時代があり、ニシンの子供には、「カドの子」と言われていました。これが次第に訛っていき、「数の子」と呼ばれるに至ったのです。

「数の子」という字が付けられた理由は、沢山卵を産むことが由来したといわれています。また、あまり見かけませんが、「鯑」と書くこともあります。

「希」と言う文字には「こいねがう」と意味づけがあり、子孫が繁栄することを願いこの字が当てられたという説があります。

またニシンのことを「カド」という理由はとして、2つの説が挙げられます。1つ目は、産卵のために上ってきたニシンを門口でつかむことから由来したという説です。

2つ目は、イワシと見た目がよく似ており、口先がとがっているイワシという意味で、「カドイワシ」と呼ばれていたのが元だというものです。

数の子がおせちに入っているのはなぜ?

おせち料理には、おめでたい謂れのある縁起物がたくさん詰められています。そのひとつに数の子もありますが、なぜでしょうか。

ニシンが多くの卵を産む事にあやかって、子孫繁栄を願って食べるそうです。ニシンの産卵個数は、年齢に万をかけた数と言われています。膨大な量ですね。

また、ニシンは漢字で書くと「鰊」ですが、祝い料理の場合には「二親」の字を当てます。「二人の親がたくさんの子供も持てますように」という願いも込めて、その親であるニシンもおせち料理に使われています。

実は、おせち料理には、醤油漬けの数の子以外に、「子持ち昆布」として入っていることもあります。数の子はお腹の中の卵であるのに対し、子持ち昆布は、お腹ではなく産み付けられた卵です。

昆布は「喜ぶ」と音が近いことから、おせち料理によく入っています。そのことから、子持ち昆布は二重で縁起がいいといわれています。

大きく切って、おかずとしてそのまま食べても良いですし、細く千切りにして、昆布と同じように料理の味付けに使ったりできます。

数の子のおせち以外の使い道

おせち料理にも入っている、醤油漬けが一般的な食べ方ですが、他にもさまざまなレシピがあります。子持ち昆布を使ったレシピも一緒に紹介します。ぜひ、チェックしてみてください。

通常、数の子は塩漬けにして売られています。鮮度を保つために、高い塩分濃度で漬けられているため、そのままでは食べることができません。必ず、塩抜きして食べましょう。

塩抜き方法

⑴水1リットルに塩を小さじ1加える。そこに薄皮のついた状態のまま、数の子を200グラム入れる

⑵6時間以上放置し、水の中で薄皮をむく。

⑶塩水を捨て、再度同じ分量で塩水を作る。そこに数の子を入れる。

⑷6時間以上放置し、味見をする。

⑸ちょうど良い塩加減になっていれば完成です。塩抜きが足りなければ、浸す時間を長くしましょう。

数の子の大場フライ

しょうゆベースに味付けした数の子を大葉で巻いて、揚げたものです。ほくほくで、ぷちぷちした触感が楽しめます。おせち料理のリメイク料理としてもちょうど良いです。

数の子タルタル

数の子は乳製品との相性が良いです。数の子とクリームチーズを混ぜて、黒コショウなどの調味料で味を調えたら完成です。パンなどにのせて、和風なタルタルソースを楽しんでください。

数の子入りポテトサラダ

基本的な材料は、通常のポテトサラダと変わりません。ここに数の子が加わることで、プチプチとした触感が良いアクセントとなります。

子持ち昆布のマグロポキ

千切りにした子持ち昆布と角切りマグロを和えて、醤油、ワサビなどで味付けします。「マグロポキ」はハワイの料理ですが、和風なマグロポキもおすすめです。

醤油ベースでも、乳製品と合わせても食べられるので、レシピの幅は広いです。ぜひ、参考にしてみて下さい。

まとめ

以上をまとめると

・数の子の親魚はニシン

・「カドの子」が訛って、「カズノコ」になった

・子孫繁栄を願って、おせち料理に入れられている

・子持ち昆布の卵は、ニシンの卵

・数の子は醤油漬け以外にも食べ方は色々ある

呼び方ひとつとっても、歴史があって面白いですね。数の子に関わる豆知識をいくつかご紹介しました。家族や友達との会話の話題にしてみてください。