もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

手作りチョコの賞味期限(種類別) | 傷んでいるかの見分け方や保存方法

バレンタインの季節が近づくと、ついつい手作りしたくなるチョコレート。

手作りして、かわいくラッピングをして、プレゼントするところまでは考えるけど、プレゼントしたものを美味しく食べてもらえる期限を気にかけたことはありまか??

この記事を読むことで、チョコをもらった相手に美味しく食べてもらえる保存方法や賞味期限を知ることができます。

手作りチョコの賞味期限(種類別)

手作りチョコの賞味期限って、知っていますか??人にプレゼントする場合、賞味期限は気になるところですよね??その答えは・・・↓

手作りチョコは材料や作り方によって、それぞれ日持ちする日数が異なります。プレゼントする場合は、日持ちする日数を計算して渡す日が賞味期限を超えないタイミングで作ります。

ですが、基本は渡したら、すぐ食べてもらうのがベター。相手に渡す場合には、「手作りだから早めに食べてね‼」と一言伝えることをおすすめします。

手作りチョコの賞味期限一覧表

賞味期限手作りチョコの種類
常温で4~5日チョコブラウニー、チョコパウンドケーキ
常温で3~4日チョコクッキー、チョコマフィン、チョコカップケーキ
冷蔵庫で4~5日型抜きチョコレート、ガトーショコラ
冷蔵庫で4日程チョコシフォンケーキ、生チョコ
冷蔵庫で3~4日チョコタルト、トリュフ

 

補足説明

油分が多めのガトーショコラやブラウニー

作りたてよりも時間が経ったほうが生地が馴染むため、1~2日置くとより美味しく食べられます。

砂糖やバターをたっぷり使って作るパウンドケーキ

出来たてはふわふわ、2,3日寝かせるとしっとりコク深い味へと変化して二度美味しい焼菓子です。

シンプルな型抜きチョコ

レシピが簡単で日持ちもしやすいので、子供とのスイーツ作りや渡すまでに日が空く場合などにおすすめ

少ない材料でも手作りできるトリュフ

板チョコ、生クリーム、ココアパウダーと3つの材料のみでも作れるトリュフ。渡すまでに日がない場合には強い味方になってくれます!!

※注意※

一覧表は、あくまで手作りチョコ単体の賞味期限です。デコレーションに、生クリームやフルーツ(ドライフルーツは除く)を使用する場合は賞味期限が1~2日と短くなります。

どうしても使いたい場合は、プレゼントする直前にしましょう。

手作りチョコが傷んでいるかどうかの見分け方

驚きかもしれませんが、チョコ自体は保存方法が良ければ腐らないものです‼ですが、風味は時間が経つと確実に落ちていきますので、早めに食べましょう‼

チョコが痛む原因は、開封時に空気に触れ、細菌や微菌が入り、繁殖することです。

ですが、見た目で判断することはなかなか難しいので「匂い」を十分に確認して、その上で「ちょっと食べる」ことで味に変化がないことを確認して問題なければ食べても問題なし。

少し食べてみて、違和感や美味しくないと感じた場合は処分してください。

チョコ豆知識

しばらく手を付けずに、放っておいたチョコレートを食べようとして開けてみるとチョコの表面が白っぽくなり、「カビなんじゃ?!」と驚いてしまったということはないでしょうか。

これは実はカビではなく「シュガーブルーム」というものです。

シュガーブルーム…温度変化などによってチョコ表面に水滴がつくことでチョコレートに含まれていた砂糖が溶け、水分が蒸発した後に砂糖がチョコレートの表面で結晶化したもの

手作りチョコの保存方法

チョコレートは温度で状態が大きく変化します。極端に温度が変わる場所や直射日光は避け、涼しい場所で保管しましょう。

誤った方法で保存すると劣化を早めたり、見た目が崩れる原因になります。

また、衛生面にも注意が必要です。作る際には、手洗いをしっかりとして、髪の毛などが混じることがないよに注意してください。調理器具の煮沸消毒などもおすすめです。

近年、「手作りはちょっと・・・」という人も増えているようにも思います。気持ちも時間もかける手作りチョコです‼衛生面での不安をなくした上で取り組みましょう‼

美味しく食べてもうらためにも、それぞれのお菓子に合った保存方法を把握しておきましょう。保存方法は大きく2つに分類されます。

1.常温保存

2.冷蔵保存

手作りチョコ保存方法一覧表

保存方法手作りチョコの種類
常温保存チョコブラウニー、チョコパウンドケーキ、チョコクッキー

チョコマフィン、チョコカップケーキ

冷凍保存型抜きチョコレート、ガトーショコラ、チョコシフォンケーキ

生チョコ、チョコタルト、トリュフ

 

常温保存

常温保存が適しているお菓子は、クッキー・マフィン・パウンドケーキなどの焼き菓子。クッキーは水分が残っていると日持ちが悪くなります。よく焼いて、粗熱をしっかりと取りましょう!

ラッピングの際には1枚づつ個包装にしてみたり、乾燥剤を利用することで美味しさをキープできます。

逆にマフィンやパウンドケーキは乾燥してしまうとボソボソした食感に変わってしまうため、きちをんとラップに包んで水分を飛ばさないように気をつけましょう。

冷凍保存

冷蔵保存が滴しているお菓子は、生チョコ・トリュフ・ガトーショコラ等の生クリームを使うものや型抜きチョコ、シフォンケーキなどです。

冷蔵庫の野菜室での保存がオススメです。型抜きチョコは常温だと気温や部屋の温度の変化で溶ける可能性があるためです。

ただし、冷蔵庫内の温度やチョコレートの状態によっては、脂肪分や糖分、結露によって表面が白く変わる「シュガーブルーム」が起きてしまう可能性もあります。

シフォンケーキはラップでしっかりと包み、乾燥させないようにしましょう。

まとめ

バレンタインデーにはもちろん、ちょっとした贈り物にもピッタリな手作りチョコは簡単に作れて美味しい魅力的なスイーツです。

適切な保存方法を心がければ、賞味期限まで美味しさを保つことができます。ただし、今回紹介した内容に関しては目安であることに注意してください。

使用する材料・気温と室温で日持ちする日数は違うことに注意をし、それぞれのお菓子の合った保存方法をとり、できるだけ早めに食べきるのが最良です。