もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

豆腐ダイエットで太る本当の理由 | 効果の出る方法と失敗しないコツ

豆腐ダイエットを始めてみたものの、豆腐ばかりを食べていたらむしろ太ってしまった、お腹の調子が悪くなった、豆腐の淡泊な味に飽きてしまい続かない、という人は多いもの。

実は、食べる豆腐の『量』と食べる『タイミング』と必要な『栄養のバランス』さえ気を付ければ豆腐ダイエットで太ることなく、無理なく健康的に痩せることが出来るんです!

この記事では、豆腐ダイエットで失敗して太らないコツ、豆腐ダイエットのメリットや無理なく健康的に痩せることが出来る方法をご紹介します。

この記事を読むことで、豆腐ダイエットのコツを知ることが出来、太ることなく健康的にダイエットを成功させることが出来ます。

豆腐ダイエットは太ると言われているが実際の効果は?

豆腐ダイエットは食べる豆腐の『量』と食べる『タイミング』、必要な『栄養バランス』を間違ってしまうと、痩せるどころか太ってしまいます。

豆腐は低カロリーで味も淡泊であることから、『いくら食べても太らない』というイメージがありますよね。

その安心感からやみくもに朝食・昼食・夕食の主食を全て豆腐に変えたり、おかずを食べない代わりにお腹いっぱい豆腐を食べたりしていまいます。

そのように豆腐の量や食事の栄養バランスを無視した極端なダイエットをして、栄養不足を招き、一種の飢餓状態を作り出し、リバウンドの原因にもなるのです。

実際に、木綿豆腐のカロリーは72kcal/100gとなっておりとてもヘルシーですが、その安心感から1回の食事で豆腐を1パック(300g)食べてしまうと216kcalにもなります。

これは お茶碗1杯分のご飯のカロリー(約250kcal)とほぼ一緒です。

『豆腐はヘルシーだからいくら食べても太らない』という間違ったイメージから、豆腐ばかりを食べることによって太ってしまうということも十分にあり得るのです。

豆腐ダイエットをするメリット


豆腐ダイエットは正しい方法で実践すれば、痩せるだけでなく他にも沢山のメリットがあります。

なぜなら豆腐は豊富なたんぱく質をはじめとした沢山の栄養素を含んでおり、ダイエットだけではなく、健康や美容においても大きな効果が期待出来るからです。

豆腐ダイエットで得られる効果は以下の通りです。

脳の活性化・ボケ予防

豆腐に含まれるレシチンは、脳の活性化を促します。脳のボケや記憶に効果があります。

腸内環境を整える

豆腐に含まれるオリゴ糖はビフィズス菌の栄養源です。

ビフィズス菌は、腸の動きを活発にしたり、悪玉菌の増殖を抑えるほか免疫力を向上させるなどの働きをしてくれます。

ストレスを抑える

豆腐に含まれるカルシウムですが、不足してしまうとイライラの原因となり精神が不安定になってしまいます。

豆腐に含まれるたんぱく質は、カルシウムの吸収を促進する効果があります。

このように、豆腐ダイエットを正しい方法で実践することで、痩せるだけではなく美容効果や健康においても多くのメリットを得ることが出来ます。

効果的な豆腐ダイエットの方法は?

効果的な豆腐ダイエット方法は、3食全てで豆腐を食べるのではなく、3食のうち1食だけご飯の代わりに豆腐を食べるやり方がおすすめです。

3食全てを豆腐に変えてしまうと、すぐに飽きがきてしまったり、栄養が偏ってしまい体調不良の原因にもなってしまいます。

3食のうち1食であれば、無理なく豆腐ダイエットを続けることが出来ます。

また、栄養バランスにも気を付けることが大事です。豆腐は機能性食品と言われ、とても栄養バランスのとれた食材ですが、1品だけではパーフェクトとは言えません。

必ず豆腐だけではなくおかずも食べるよう心掛けましょう。

豆腐ダイエットをするときのコツ

豆腐ダイエットを効果が出るまで続けるためには、毎日豆腐を食べるのではなく、まずは週に2~3日から始めてみましょう。

なぜなら、豆腐は味が淡泊なので、すぐに飽きがきてしまい効果が出る前に挫折してしまう恐れがあるからです。

また、薬味やたれを毎回変えてみるなど飽きない工夫をしてみましょう。定番のかつお節やおろししょうがの他に、ゆず胡椒やおろしにんにくもおすすめです。

たれも定番のしょうゆやポン酢以外にも、一工夫して楽しんでみてはどうでしょうか。

おすすめのたれのレシピをご紹介します。

エスニック風ソース

・ナンプラー 大さじ2
・おろしにんにく 小さじ1/2
・レモン汁 小さじ1/2

ナンプラー独特の塩気とにんにくの香りが食欲をそそります。エスニック好きの方におすすめです。

ピーナッツバター醤油

・ピーナッツバター 大さじ2
・しょうゆ 小さじ2

ごまみそのような味わいのたれです。甘みがあって食欲をそそります。豆腐と一緒に食べると、ごま豆腐の様な味わいに。

豆腐ダイエットで太らないために気を付けること

豆腐ダイエットで太らないためには、食べる『量』と食べる『タイミング』を気を付けることです。

1日に食べる豆腐の量は、1丁は多いので半丁(約200g)程度が望ましいです。豆腐は意外と脂質を多く含んでいて食べ過ぎると太る原因となってしまいます。

例えば、3食の内1食の炭水化物を豆腐に置き換えるとすると、

●豆腐半丁(約200g)のカロリー・・・約144kcal

●お茶碗1杯分のご飯のカロリー・・・約250kcal

1食で約106kcal減らすことが出来、無理なく着実に痩せることが出来ます。

また、豆腐を食べるタイミングを気を付けることも大切です。3食の内1食だけを豆腐を食べるとすると食べるタイミングはずばり夕食時がおすすめです。

なぜなら、夕食を食べた後の活動量は少なく、寝るだけですよね。豆腐は夕食前のタイミングで食べることによってカロリーの消費が期待できます。

まとめ

●豆腐ダイエットはやり方を間違えると太ってしまうこともある。

●豆腐ダイエットは痩せるだけでなく、美容や健康にも効果がある。

●効果的な豆腐ダイエットの方法は、3食の内1食の炭水化物を豆腐に変えるだけ。

●豆腐の1日の摂取量は1日半丁まで。

豆腐ダイエットは、食べる『量』と食べる『タイミング』、必要な『栄養のバランス』さえ間違えなければ、

太らずに健康的に痩せることが出来ます。また、痩せるだけではなく美容効果もあることから豆腐ダイエットは女性には特におすすめです。

これらのコツを抑えて是非豆腐ダイエットに挑戦してみましょう!