もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

柚子湯で体が痛いときの対処法 | 痛くなる原因・痛みを防ぐ入り方を解説

一日の疲れを癒してくれる、お風呂。入浴剤を入れると、いい香りがして心も体もリフレッシュできますよね!

また、いい香りといえば、柚子湯。誰でも一度は、お風呂に柚子を入れたことがあると思います。

そんな柚子湯ですが、入浴していて肌がピリピリしたり、痛痒くなったりしたことはありませんか?

実際に、私も子供の頃、入浴中に足の裏がピリピリしてきたことがあります。思い当たる原因もなく、あまりに痛いので、何かの病気かなと思ってしまうほどでした…。

「柚子湯に入ると体がピリピリしたけれど、原因がよくわからない」「柚子湯を楽しみたいけれど、体が痛くなるので何とかならないだろうか」

そんなお悩みをお持ちではないですか?実は、柚子湯で体がピリピリと痛くなるのには原因があります。

その原因とは、柚子の皮に含まれている成分です!この記事を読むと、柚子湯で体が痛くなる原因とその対処法について知ることができます。

柚子湯で体が痛くならない正しい方法を知り、柚子湯を思いっきり楽しみましょう!

柚子湯で体が痛い原因について

それでは早速、柚子湯で体がピリピリと痛くなる原因について説明したいと思います。

実は、柚子の皮に含まれているある成分が原因で、肌が痛くなります。そのある成分とは、「リモネン」と言われている成分です。

「リモネン」は、柚子の香りのもととなっています。洗剤の成分に含まれているほど、洗浄能力が高い「リモネン」。

この成分が、皮膚についている油分を必要以上に取ってしまうため、皮膚の表面が削り取られて、体がピリピリと痛むのです。

※このような状態は、すべての方に当てはまるわけではありません。特に、お肌の弱い方や赤ちゃん、小さい子どもにはよく見られます。

柚子湯で体が痛い場合の対処方法

では実際に、柚子湯で体がピリピリと痛くなってしまった時には、どのように対処すればよいのでしょうか?

この記事では、柚子湯で肌が痛くなってしまった時の対処法について紹介します。

柚子湯で、「痛い!」「ヒリヒリor ピリピリする!」と感じたら、我慢しての入浴はやめて、まずはシャワーでしっかり洗い流しましょう。

あとで、体が痛くならない柚子湯の作り方を紹介するので、そちらをご覧いただければ、入浴の途中でも再度痛くない柚子湯をお楽しみいただける場合もあります。

お風呂から上がったら、痛んだところを保湿クリーム等で保湿するのを忘れないようにしましょう。

なぜなら、「リモネン」によって皮膚の表面が削れてしまっているため、肌が乾燥しやすくなっているからです。

また、痛みが引かなかったり、皮膚が赤くなっている状態が続いていたりする場合には、皮膚科を受診した方がよいでしょう。

柚子湯で体が痛くならない入り方

柚子湯を楽しみたいけれど、体がピリピリ痛くなるのでできない!とお悩みの方。そのお悩みを解決できる方法をここでは全部で7つ紹介します。

ここで少し豆知識ですが、柚子湯は冬至に入ると一年中風邪をひかないと言われています。また、柚子湯は邪気を払うとも言われています。

これは昔からの言い伝えで、柚子湯はなんと江戸時代から続いているそうです。長い歴史ですね…。

実際に、柚子の皮には、温熱効果を高め、身体を温めてくれる成分が含まれています。まさに先人の知恵ですね!

また、邪気を払うのは、柚子が強い香りを持っているからです。強い香りがするものは邪気を払うと昔の人は考えていたんですね。

さらに、柚子湯にはビタミンCが豊富に含まれていて、健康にもよいですね。柚子100gあたりのビタミンCは、果汁には400mg、皮には150mgも含まれています。

血行の流れもよくする効果があります。いいとこづくしの、柚子湯。そんな柚子湯で体が痛くならない方法を早速紹介していきます。

1.そもそも柚子をお風呂に入れない方法

一番痛くならない可能性が高いのは、柚子を浴槽内には入れずに柚子湯を楽しむ方法です。

洗面器にお湯を張りその中に柚子を入れてお風呂に浮かべたり、浴室に置いておいたりする。または、小皿にカットした柚子を入れて、浴槽の淵などに置いておくのもよいです。

こうすれば、肌が痛くならずに柚子湯の香りを楽しめて、柚子湯に入っているような気分になることができます。

2.柚子の皮を乾燥させたものを入れる

柚子の皮だけを取り、数日乾かしておいたものをお風呂のお湯に入れると、かなり肌への刺激は少なくなります。

3.柚子を丸ごと入れる

柚子を丸ごと入れることで、柚子の皮から出てくる精油が出にくくなり、柚子の果汁も出てこないので、痛くなる可能性が低くなります。

4.柚子をしっかり洗う

柚子に付いている農薬によって、肌が痒くなったり痛くなったりすることも考えられます。お風呂に入れる前にしっかり洗い流しましょう。

5.入れる柚子の数を減らす

家庭で柚子湯を作る場合、柚子の数は5~6個が目安です。

しかし、痛くなった経験がある方や乾燥肌や敏感肌の方がいる家庭では、入れる柚子の数を減らして、2~3個もしくは1個にするとよいでしょう。

6.柚子を絞らない

お風呂に柚子がプカプカと浮いていると、いつもと違って新鮮で、ついいじったり、つぶしたりしてしまいがちです。

しかし、柚子が絞られてしまうと、洗浄力の強い「リモネン」が柚子の中からたくさん出てきて、肌の油分を必要以上に取ってしまい、肌が傷つきやすくなってしまいます。

柚子にはなるべく触らないようにしましょう。

小さなお子さんがどうしても触りたがるという場合には、洗面器に柚子を入れて、その中で好きなようにさせてあげるとよいでしょう。

柚子を直接入れるのではなく、ガーゼに包んで入れたり、ネットに入れたりするのもよいです。

7.柚子を加熱する

こちらの方法は少し手間がかかりますが、その分効果的です。まず、柚子を輪切りにします。

その間にお湯を沸かしておきます。お湯が沸騰したらそこへ輪切りにした柚子を入れます。

まとめ

柚子で体が痛くなる理由は、柚子の皮に「リモネン」という成分が含まれているためです。体の痛みを避けるには、この「リモネン」を極力少なくすることが大切です。

・柚子をそもそも入れないで入る

・柚子の皮を乾燥させたり丸ごと入れたりすることによって痛みを防ぐ

・柚子を加熱させたり、柚子の量自体を減らしたりする。

上記の方法で、体の痛みを気にせずに、柚子湯を思いっきり楽しみましょう!