もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

しめじに生えた白いのはカビ?見分け方や食中毒を防ぐ食べ方を解説

「しめじに白いふわっとしたのが生えている!これって、カビ!?」「でも、きのこってカビ生えるの?」このような疑問をお持ちではないですか?

実は、この白いふわっとしたものは、カビではありません。しめじはカビが生えると変色します。では、白いモフモフは一体何なのでしょうか?

その答えに、しめじはカビの仲間である菌類に属していることが関係しています。しめじにカビが生えているかどうかは、色で見分けることができます。

この記事では、しめじにカビが生えたときの状態や原因、見分け方、食べられるかどうか、対処方法、保存方法を紹介していきます。

この記事を読み終わる頃には、しめじの正しい情報を知ることができ、しめじを美味しく健康的に食べられるようになります。

しめじにカビが生えるとどんな状態になる?

初めにしめじにカビが生えるとどのような状態になるのか説明していきます。実は、きのこ類はカビの仲間なんです!

よって、一般的にカビだと思われがちなあの白いモフモフしたものはカビではありません。

実は、白いふわっとしたものは「気中菌糸(きちゅうきんし)」というものです。

「気中菌糸って何!?」って思われる方が多いと思うので、最初にしめじがどのようにしてできるのか、どうしてきのこ類はカビの仲間なのかを簡単に説明したいと思います。

まず、落ち葉や木の下で、とても細い糸状の細胞の菌糸と呼ばれるものが子孫を残すために胞子をつくることから始まっていきます。

胞子ができて菌糸が成長をやめると、胞子を飛ばす為のカサを作り地上に生えてきます。こうして、きのこができます。

この菌糸を成長させ、胞子を作って飛ばすという繁殖の仕方がカビと同じで、菌類として仲間づけられています。

そして、多くの方がカビだと勘違いしている白いモフモフは、きのこが成形された後に胞子を作ろうとせずに菌糸に戻ろうとしてできるものなんです。これが「気中菌糸」です。

では、しめじにカビが生えるとどのようになるのでしょうか?しめじにカビが生えると、緑色や黒色に変色した状態になります。食べる前に、しっかり見て確認しましょう。

しめじにカビが生える原因

家で保存しているときにカビが生えるのには、主な原因として2つあります。

  • 水分の多い所での保存
  • 暖かい所での保存

また、白いモフモフはカビではなく食べても問題ありませんが、白いモフモフが生えていると風味が落ちていることがあり、見た目もあまりよくないので、極力防ぎたいですよね。

白いモフモフが発生する原因は2つあります。

  • パッケージが開封されており空気に触れすぎてしまった
  • 温度差が激しい場所を行き来した

しめじのカビの見分け方

しめじにカビが生えているとき、または腐っているなど食べないほうが良い場合はどのような状態なのでしょうか?ここでは、そんなしめじの見分け方を紹介していきます。

・黒くなったり、緑色になったりする

・すっぱい匂いがする

・かさの部分がヌルヌルしている

・水っぽくなり触るとベチャベチャしている

・ふっくらせず、しなびたようなかんじになっている

上記の状態になったしめじは、カビが生えていたり腐っていたりしてます。カビが生えているかどうかは、白いモフモフの発生に限らず、しめじ全体の質感で見分けることが大事です。

しめじのカビは取り除けば食べても問題ないのか

”しめじのカビの見分け方”でご紹介したような状態になった、変色していたり質感がおかしかったりするしめじは、食べずに捨てましょう。食中毒を起こすこともあります。

また、白いモフモフはカビではありませんが、風味が落ちている状態ですので気になる方は食べるのを避けたほうが良いでしょう。この場合、健康へ害はありません。

食べて苦かった場合は、カビではありません。しめじに含まれる「テルペン」という成分で、病原菌が植物に入り込むのを阻止してくれる「イソプレン」という物質と結合したものです。

しめじのカビの対処法

万が一、しめじにカビが生えてしまったときに、どのように対処すれば良いのか、対処方法について紹介します。

広範囲に生えている場合

カビの部分のみを切り取るのも難しく一見色が変わっていないところもカビが広がってしまっている可能性があるので、丸ごと捨ててしまいましょう。

生えてる範囲が狭い場合

その一部を切り取ればたいてい問題ありませんが、変色が見えなくても広範囲にまでカビが進行している場合もあるので、出来るだけ捨てるのが良いでしょう。

しめじのカビを防ぐ保存方法

最後に、カビを防ぐ保存方法について紹介します。

① 買ってきたら、すぐに石づきの部分を切り落とします。

② しめじに付着しているゴミや汚れを落とします。

この時、水で洗い落してしまうと、旨味成分が落ちてしまうので、湿らせたキッチンペーパーなどで拭き取って汚れを落とすようにしましょう。

冷蔵で保存する場合は、水滴が発生しても吸い取られるように、キッチンペーパーをしくなどの対策をしましょう。冷蔵だと2~3週間は保存できます。

冷凍の場合、空気をなるべく出して、小分けにしてから冷凍します。この場合3~4週間日持ちします。

また、もっと長期で保存したいときには2~3日間、日干しすると良いです。日干しする事によって、旨味も凝縮されます。日干しした後は食品保存袋に入れて保存しましょう。

まとめ

・しめじにカビが生えると、緑色や黒色に変色する

・カビが生える原因は、水分が多いところや暖かいところでの保存

・しめじのカビは白いモフモフが生えているかどうかではなく、色や匂いなどのしめじ全体の質感で見分ける

・カビが生えたしめじは食べずに捨てたほうが良い

・しめじにカビが生えないようにするには、水気を防ぎ、出来るだけ空気が触れないようにして、清潔な状態にしてから保存する

しめじは湿っぽいところや暖かいところで保存したり、古くなっていたりするとカビが生えることもあります。正しく保存してしめじを美味しく楽しみましょう!