もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

揚げ物をするときに鍋やフライパンは使える?代用できるものと注意点

家で自炊をする際、揚げ物専用の鍋が家になくて困ってしまう時、ありませんか?実は、家にあるフライパンや鍋を揚げ物用に代用することが可能なんです!

なぜなら、私も実際に揚げ物を作るときに、鍋やフライパンで代用して美味しい揚げ物料理を作ることが出来たからです!

この記事を読むことで、フライパンや鍋を代用できるかどうか、揚げ物を作る際の注意点、おすすめの代用品やおすすめ出来ない代用品、上手に揚げ物をするコツを知ることが出来ます。

記事を読み終わる頃には、代用のフライパンや鍋で揚げ物してみたくなりますよ!

揚げ物を作るときにフライパンや鍋で代用できる?

揚げ物を作るときに専用鍋以外のフライパンや鍋で代用できます。しかし、鍋やフライパンなら何でも良いというわけではありません。

なぜなら、揚げ物で大事なのは油の「温度」だからです。そのため、代用する鍋やフライパンは、深めのもので底が平らなものが理想的です。

浅いフライパンだと油が飛んでしまい、大変危険です。実際に私も、深めのフライパンで揚げ物を試したことがあり、専用鍋を使わなくても美味しい唐揚げを作ることができました。

鍋やフライパンを使って揚げ物をするときの注意点

鍋やフライパンは底が深く、平らなものを使う

フライパンが浅いと油はねしてしまい、火傷になったり、コンロ周りが汚れたりしまう恐れがあります。出来るだけ底が平らで深いものを使いましょう。

底が平らなもの使ったほうがいい理由は、熱が均等に伝わるからです。底が丸みを帯びていたりすると、熱が油に均等に伝わらず衣をカラッとさせることが難しくなります。

また1度にあげる量が多い場合は、できるだけ面積の大きい鍋やフライパンを使いましょう。

できるだけ厚みのある鍋を使う

鍋の厚みが薄すぎると、温度がすぐに高温になってしまい、温度調整がしにくくなります。また厚みがあれば保温力も高くなるので、油を一定の温度に保つためにも適しています。

代用品の鍋やフライパンはできるだけ厚みのあるものを選びましょう。

温度調整に気を配る

代用する鍋やフライパンは揚げ物専用鍋とは違い、それぞれ熱の伝わり方が違います。温度が低くならないように、常に適切な温度を保ちましょう

揚げ物をするときにお勧めの代用品

銅製の鍋

専用鍋がなくても、本格的に揚げ物をしたい方は銅製の鍋を使うといいでしょう。

銅を素材にした鍋は熱伝導率が高く、素早く適性の温度にすることができ、食材をいれた際に生じる温度変化にも対応することができます。

お店などの揚げ物の鍋は銅製のものが多いです。欠点としては、価格が他のものと比べると少し高いところです。本格的な揚げ物料理が作りたい!という方の代用品にお勧めです。

鉄製の鍋

鉄製の鍋は銅製の鍋ほど熱伝導率は高くありませんが、価格は銅製の物よりも安く、一般に使うのであれば、鉄製でも十分揚げ物を美味しく作ることは可能です。

鉄製だと錆が気になりますが、最近のものは樹脂加工が施されていますので、錆もそこまで気にすることはありません。

鉄製のものであれば、家庭ですでにあるという方も多いので、そういった方の代用品にお勧めです。

ステンレス製の鍋

おそらく、ステンレス製の鍋が一番多くの方が持っている鍋ではないでしょうか。ステンレス製の鍋は、鉄製の鍋に比べて錆びにくいという特徴があります。

欠点としては、熱伝導率が銅製の鍋や、鉄製の鍋に比べると低いということです。調理する際は、温度管理に注意が必要です。
温度管理ができれば十分代用品として使うことができます。

筆者もステンレス製の鍋を使って揚げ物をしましたが、初心者の筆者でも美味しい唐揚げを作ることができました!

小鍋

小鍋は一人暮らしの方などが、少量の揚げ物をする際に適しています。

フライパンに比べて、底が深く、厚みがあるものも多いので温度調整に手間がかかりません。一人暮らしの方におすすめの代用品です。

揚げ物をするときにお勧めできない代用品

底が浅いフライパン

フライパンはそこが浅いものが多く、油はねの危険性があります。油の量もそこまで入らないので、温度調整も難しく揚げ物にはあまり適していません。

上手に揚げ物をするためのコツや注意点

油の量は多めで

油を多く使うことで、油に食材が全部入るので熱が全体に入り、焼き色がしっかりとつきます。

油の温度をしっかりと管理する

油の温度調整をしっかりと行うことで、カラッと揚げることが可能になります。食材によって揚げる温度も違うので、調理前に把握しておくといいでしょう。

菜箸を使う

油の温度管理をする上で、菜箸はとても重要になります。長さのある菜箸を使えば、油の温度を把握することが可能になります。

目安としては、下記の通りです。

低温(150〜160度):箸先から静かに細かい泡が出る
中温(170〜180度):箸全体から細かい泡が出る

高温(180〜190度):箸全体から勢いよく泡が出る

※出典:日清オイリオ’sキッチン|揚げる油の温度

食材の水気をしっかりと拭き取る

食材に水気が含まれたまま、油に入れてしまうと油が跳ねてやけどしてしまう恐れがあります。キッチンペーパーなどでしっかりと食材の水気をとりましょう。

水気の多い食材を揚げる場合は徹底して水気をとりましょう。

揚げ始めたらすぐに触らない

油に入れてまもなく箸で触ってしまうと、まだ固まっていない衣が剥がれてしまいます。衣に少し色がついてきたのを確認できたら触っても問題ないでしょう。

一度にたくさん揚げない

一度にたくさんの食材を油に入れてしまうと油の温度が下がってしまい、熱が中に入りにくくなってしまいます。

そうなるとカラッと揚げることが難しくなりますので、ちょっとずつ食材を揚げることを意識しましょう。

まとめ

・代用品は底が深くて平らなものを使う
・温度を徹底的に管理する
・菜箸を積極的に使う

以上の3つを守れば、代用品でも揚げ物を美味しく作ることが可能です!底が深いものを選ぶことにより、その後の温度調節や、油の量も上手に管理することが可能になります。

自宅で代用品を探すときは、「底が深くて平らなもの」を意識しましょう。そうすれば、確実に美味しい揚げ物料理を作ることができます!