いびきがうるさい!殺意がわきそうないびきの原因と6つの対策

今回はいびきについてご紹介します。

 

男女問わず、いびきに悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。

家族から「いびきうるさいよ」なんて言われたらショックですよね。

 

あまりにもうるさすぎて、殺意がわくなんてこともありますよね。。

悩めるいびきについて理解を深め、しっかりと対策を行っていきましょう。

いびきのしくみ

いびきのしくみを簡単に説明すると、睡眠中に気道が狭くなり、

そこを呼吸による空気が通ることで、喉が振動して音が発生するのです。

 

起きている間は、下顎と舌が重力によって引っ張られているため、気道は自然と広がっています。

 

では、いびきをかく人原因とはいったい何なのでしょうか。

いびきの原因

  • 口呼吸

口呼吸を行うことで舌の筋肉が緩むことで上気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。いびきをかく人の大半が口呼吸をしていると言われるほど、いびきの大きな原因の一つとなっています。

  • 疲れやストレス

肉体的・精神的に疲れているとき、人はより多くの酸素を必要とします。そうすると、口呼吸になりやすくなり、いびきの原因となります。

  • 鼻の炎症

鼻の炎症には、アレルギー性鼻炎、花粉症、慢性副鼻腔炎などがありますが、

それらもまたいびきの原因となります。

鼻が炎症を起こしていると、鼻から息が吸いにくく、口呼吸になってしまい、いびきの原因となります。

  • アルコール

リラックス効果のあるお酒を飲むことで、全身の筋肉が緩み、舌が喉の奥に入りやすくなり、

上気道が狭まることでいびきをかきやすくなります。

  • 室内の湿度

室内の湿度が低いと空気が乾燥し、鼻腔が詰まりやすくなるので口呼吸をしてしまい、それがいびきの原因となります。

  • 肥満

肥満になることで、首周りや上気道の内側にも脂肪がついてしまいます。

すると、上気道が狭まり、いびきをかきやすくなります。

  • 仰向けで寝ている

仰向けで寝てしまうと、舌が喉の奥に入りやすくなり、上気道が必然的に狭くなり、いびきの原因となります。

 

 危険ないびき

普段からいびきをかいているとしても、しっかりと熟睡し、

日中の活動に支障が出ていないのであれば問題はありません。しかし、

 

  •  これまではいびきをかくことはなかったが、最近大きないびきをかくようになった
  •  いびきが突然止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかく
  •  息を吸っている際にもいびきをかく

これらの項目に当てはまる方は注意が必要です。

以下の場合が考えられます。

殺意がわくようないびきは病気かも

いびきをかきながら眠っている間に10秒以上も呼吸が止まり、

その後またいびきが再開するという方は、睡眠時無呼吸症候群なのかもしれません。

 

これは眠っている間に起こるので本人は気づきにくいですが、

その他の自覚症状としては、睡眠時間をしっかりととっているにもかかわらず、

日ごろの眠気・疲労感、集中できない等が挙げられます。

 

症状が当てはまる場合は早めに医療機関を受診しましょう。

 

脳卒中による意識障害かも?!

こちらはいびきが原因で脳卒中を引き起こすのではなく、

脳卒中がいびきの原因となるパターンです。

いつも以上に大きないびきをかいていたり、刺激を与えても

目を覚まさない場合は、救急車を呼ぶ等の早急な措置が必要となってきます。

 

いびきの対策6つ

では、普段からいびきで悩んでいる方々に、今夜から簡単に

実践できるいびきの対策・改善法をお伝えします。

  • 疲れ、ストレスの解消

睡眠前にしっかりと入浴したり、ストレッチを行ったりして

自身の身体の疲労を取り除き、良質な睡眠をとるように心がけましょう。

また、休日は趣味に没頭するなどして

普段の生活からいったん離れ、リラックスして過ごしましょう。

  • 過度な飲酒は控える

適度なお酒は健康にも良いと言われていますが、やっぱり飲みすぎには注意が必要。

  • 室内の湿度を高く保つ

自宅に加湿器がある場合はぜひ活用してみてください。

加湿器をお持ちでない場合は濡らしたタオルを軽く絞り、

ハンガーに架けておくだけでもかなり効果があります。

  • ダイエットに挑戦してみる

肥満の方はダイエットも有効です。

脂肪を落とすことで気道を広げることができます。

いびき対策以外にも、生活習慣病の予防にもなります。

  • 横向きで眠る

横向きで寝ることで、喉の奥に舌が落ち込むのを防ぎ上気道を広く保つことができます。

ベッドに入ってさぁ寝ようとなったときは横を向いて目を閉じてみてください。

  • いびき対策グッズを活用する

友達・恋人との旅行などでどうしてもいびきをかきたくない!という方は、

市販で売られているいびき対策グッズを使ってみるのもおすすめです。

まとめ

今回は「いびき」をテーマにご紹介させていただきました。

最後にもう一度6つのいびき対策を確認しましょう。

 

       1. 疲れ、ストレスの解消

       2. 過度な飲酒は控える

       3. 室内の湿度を高く保つ

       4. ダイエットに挑戦してみる

       5. 横向きで眠る

       6. いびき対策グッズを活用する

 

いびきには様々な原因がありました。

自身の思い当たる原因をしっかりと理解し、改善につなげていきましょう。

 

また、睡眠時無呼吸症候群や脳卒中による意識障害についても

ご紹介させていただきました。

 

ただのいびきだから…と見逃しておくと取り返しのつかないことになるかもしれません。

少しでも普段と違うな、と違和感を感じたら危険ないびきを疑ってください。

 

いびきで悩む方々に少しでも当記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください