干し芋の白い部分の正体はカビ?見分け方や注意点・カビを防ぐ方法

「干し芋の白い部分、これって何だろう…もしかしてカビ??」といった不安や疑問を感じたことがある方もいるかと思います。

実は、そんな白い部分の謎が、この記事を読めば明らかになります。実際に、干し芋の白い部分の謎さえわかれば、カビてるのでは…?と言った不安が取り除かれます!

この記事では、干し芋の白い部分は何なのか、カビとの見分け方、カビを不覚にも食べてしまったときの対処法や正しい保存方法まで紹介しています。

記事を読み終えると、干し芋を不安をもつことなく、美味しく食べることができるでしょう。そんなみんな大好きな干し芋。白い粉は何なのか?その実態を紹介します。

干し芋の白い部分はカビ?

干し芋の周りについている白い粉。これは麦芽糖が結晶化したものと言われています。簡単に言えば、干し芋の糖分ですね。さつまいものデンプンが糖化して白く浮いてくるのです。

麦芽糖の結晶が多いほど甘いと言う情報もありますが、さつまいもの種類や作り方によっては白い粉がないものもあるため、一概には言えなさそうです。

しかし、その干し芋は恐ろしいことにカビが生えることがあります。水分が多く含まれる作り方だとカビが生えやすいのだとか。

水分が含まれている方がモチモチしていて美味しいのに…。

干し芋の白い部分の正体

白い部分の正体。ズバリそれは、麦芽糖の結晶とカビ、どちらの可能性もあります!

「結局どちらか分からないの? 」と心配になった皆さん。安心してください。見分け方もこれから書いていきます!

麦芽糖の結晶の見た目は、白い粉を薄くまぶしたようなものや、おしろいを塗ったように粉がビッシリついているものがあります。

一方、カビは丸くブツブツしたような形が表面にみられます。

干し芋にカビが生えるとどうなる?見た目や匂いは?

カビは白のみならず、緑色や茶色のものもあります。どうせカビが生えるなら、緑や茶色の方がわかりやすくて良いですよね。

緑や茶色くなっていれば、迷わず食べるのをやめましょう。さて、問題はカビが白い場合ですね。色以外の判断基準としては、匂いや盛り上がりの有無が基準になります。

カビは匂いを嗅いでみると、酸っぱい感じ、アンモニア臭、鼻にツンとくる匂いが特徴です。ですから、怪しい時には匂いも嗅いでみると良さそうです。

さらに、見た目としては、ポコポコと丸く盛り上がって見えます。糖分は表面だけに粉がかかっているのに対して、カビは中まで白く濁る、といった特徴もあります。

そのため、少し削ってみたりするのも見分けるのに良さそうですね。カビが発生しやすい環境があります。そのポイントとなる3つの条件が湿度、温度、栄養です。

カビが増殖する湿度は70%以上と言われています。また、干し芋はサツマイモの栄養がたっぷりですから、まさにカビが好みそうです。

そのため、保存方法も非常に大切です。オススメの保存方法については、のちほど説明しますね。

干し芋にカビが生えたら洗って食べられる?

それでは、「カビが生えている」とわかったとき、そのカビの部分を洗ったり、取ったりしてしまえば食べることができるのでしょうか?

結論としては、食べない方が良いです。なぜなら、カビと言っても様々な種類があります。

食べてもそれほど害にならないものもありますが、中には毒あるものもあります。素人にそれらを見分けるのは難しいからです。

また、カビが見えない部分にも、カビの根は入りこんでいる可能性があり、焼いたりして加熱しても死滅しないことがあります。

カビた干し芋を食べてしまったときの対処法

カビを食べてしまったからと言って、必ずしも身体に影響が出るわけではないので、落ち着きましょう。先ほども書いたように、カビには種類があるため、身体に害がないものもあります。

また、一度に大量に摂取した、長期的に摂取した、場合でなければ、大丈夫なことも十分にあります。そのため、まずは過度に心配せずに、様子をみましょう。

もし、腹痛やアレルギー症状が現れたときには、速やかに病院を受診しましょう。

干し芋のカビを防ぐ保存方法

基本的に、保存場所に適しているポイントは、

  • 直射日光に当たらない場所
  • 常に気温が10℃以下の場所

が良いとされています。その絶好の場所が、冷蔵庫や冷凍庫になります。

未開封で冷蔵庫に保存する場合

そのまま入れる。期限は一週間程度。

開封後に冷蔵庫で保存する場合

ジップロックなど、密封できるものに入れ、しっかり空気を抜いて保存。

冷凍庫に保存する場合

未開封、開封後、ともに一度に食べる分ごとにラップでくるみ、ジップロックなどに入れて、しっかり空気を抜いて保存。

常温保存だと、カビが生えやすいので、冷蔵庫や冷凍庫で保存するのが良さそうですね!保存期間は、常温だと長くて2日程度、冷蔵庫の保存で1週間程度、冷凍保存で1ヶ月ほどもちます。

「冷凍保存であればもっと日もちする」といった情報もありますから、安全ですね。たくさんいただいたときは、冷凍した方が良いですね。

いずれにしても、開封後は徐々に風味が落ちてきますから、早めに食べることをオススメします。

まとめ

・干し芋の白い粉は糖分とカビ、どちらの可能性もある。

・カビは白以外に様々な色があり、匂いや見た目に特徴がある。

・干し芋にカビが生えていたら、その干し芋ごと食べない方が良い

・カビているものを食べてしまった場合は、焦らずに様子をみる。症状があれば病院へ。

・正しい保存方法でカビないよう予防しましょう!

干し芋がカビてしまった場合も、そうでない場合も、正しい対処法と保存方法で、美味しく干し芋を食べましょう。