もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

ブロッコリーの虫を防ぐ方法は?虫を除去する2つの正しい洗い方

サラダはもちろん、炒め物や付け合わせなど、幅広く活用できるブロッコリー。しかし、洗いにくい形状のため、『虫を取り除くことが難しい』とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

実は、この記事で紹介する方法を実践すると、ブロッコリーについている虫をしっかり取り除くことができます。

なぜなら、私も実践して、『こんなにたくさん虫がいたのか』と驚くほど、綺麗に洗うことができたからです。

この記事では、ブロッコリーにいる虫の正体、虫を食べても大丈夫なのか?、虫を除去するための正しい洗い方と、洗い方のコツ、洗った後の保存方法についてもご紹介します。

記事を読み終えると、もうブロッコリーの虫を心配する必要はなくなりますよ!

ブロッコリーにいる虫の正体

そもそも、ブロッコリーにはどんな虫が潜んでいるのでしょうか?主な虫は以下の通りです。

アブラムシ

ブロッコリーの汁を吸うために、葉や茎、蕾の部分についています。小さいので陰に隠れやすく、見つけづらいです。

モンシロチョウの幼虫

緑色のイモムシで、葉や葉の裏にいます。小さいうえに葉と同化して見えるため、探すのは困難です。

コナガの幼虫

緑色のイモムシで、主に葉の部分にいます。大きさは5mm~10mmと小さく、目を凝らさないと見つけられません。水に弱いため、よく洗ったり、水に浸したりすると、落とすことができます。

ヨトウムシ

ヨトウガ、ハスモンヨトウ、シロイチモンジヨトウの幼虫をまとめて、ヨトウムシと呼びます。3~5cm程度の大きいイモムシで、ブロッコリーを含む多くの野菜の葉を食べる害虫です。

この他にも、コバエや、アブラムシを食べにくるテントウムシなど、様々な虫が潜んでいます。

洗いやすい野菜なら、手で磨くことも目視で確認することもできます。しかしブロッコリーは、花蕾部分の細かい場所にいる虫がほとんど見えません。

実際に私も、ブロッコリーに潜んでいる虫の存在を知らずに長年過ごしていました。それほどまでに、ブロッコリーから虫を取り除くのは至難の業。

気づかないまま料理をしていた、食べてしまっていた、ということもあるのではないでしょうか。もしも気づかず食べてしまった場合、人体に害はないのでしょうか?次で詳しく見ていきましょう。

ブロッコリーの虫を食べても大丈夫?

ブロッコリーの虫を食べても、人体への影響は全くありません。なぜなら、ブロッコリーに潜むアブラムシやイモムシなどの虫の多くは、植物の汁や葉を栄養にしているため、毒を持っていないからです。

アブラムシはウイルス性の病気を植物に媒介しますが、この病気も人間にはうつらないので、安心してください。虫の卵についても、人体への影響はありません。

まれに毒を持つ毛虫がついており、口や口の中を刺されて腫れる可能性もありますので注意してください。しかし、何かの病気にかかってしまう、というようなことはありません。

とはいえ、虫を食べるという事態は避けたいものです。次では、ブロッコリーから虫を取り除くための、正しい洗い方をご紹介します。

ブロッコリーに入り込んだ虫を取り除くための正しい洗い方

ブロッコリーに入り込んだ虫を取り除くためには、2通りの洗い方があります。

水道水のみで洗う方法

水道水のみで洗う場合は、以下のような手順で洗います。

1.水で満たしたボウルに、ブロッコリーの花蕾部分を下にして浸す。

2.20分程度、水に浸したままで置いておく。

3.その後、太い茎の部分を持って、水の中で振りながら洗う。

水に浸すことで蕾が開き、普段は洗いにくい小房の奥まで、水が行き渡るようになります。その状態で振ることで、中まで入り込んでいた虫やゴミが取れていくのです。

重曹水で洗う場合

『心配なので、もっと念入りに洗いたい!』という場合は、重曹を使うのがおすすめです。手順は以下の通りです。

1.水で満たしたボウルに、花蕾部分を下にして浸す。

2.20分程度、水に浸したままで置いておく。

3.再度、新しい水をボウルに満たし、小さじ1杯程度の重曹を加えてかき混ぜる。

4.ブロッコリーの太い茎の部分を持って、重曹水の中で振りながら洗う。

重曹水を使うと、農薬も一緒に洗い流すことができます。残留農薬が心配な方は、ぜひこの方法を試してみてください。

ブロッコリーの汚れまで落とす時のコツ

ブロッコリーの汚れまで落とす時には、先に小分けにしてから洗うのがコツです。

なぜなら、分離させることで、より水が行き渡りやすくなるからです。『水に触れる面積が増えた方が、綺麗になりやすい』というのは、洗濯などでも同じですよね。

さらに、目視で確認しやすくもなるので、隅々まで汚れを落とすことができますよ。

ブロッコリーを切る時は、まず茎と頭の境目の部分で切った後、花蕾の部分を小房に切るようにします。そうすることで、通常より長持ちさせることが可能です。

洗った後のブロッコリーの保存方法

洗った後のブロッコリーは、しっかり水気を取ってから保存しましょう。ブロッコリーの水切りは、以下のように行います。

1.キッチンペーパーを1~2枚敷く。

2.ブロッコリーを、花蕾部分が下になるようにして置く。

3.そのままの状態で、しばらく放置する。

たったこれだけで、しっかりと水を切ることができます。ただし、長時間やり過ぎるとパサパサになってしまうため、注意が必要です。

水切りをしたブロッコリーは、ビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存します。鮮度を保つため、なるべく野菜室に入れるようにしましょう。

保存できる期間は、冷蔵の場合、おおよそ5日~7日程度です。ブロッコリーを切っている場合は傷みやすいので、2日~3日程度になります。

もっと長持ちさせたい場合は、冷凍庫で保存します。凍らせる手順は以下の通りです。

1.ブロッコリーを洗い、しっかり水気を取る。切り分けていない場合は、小房に切り分けておく。

2.小房を、1つずつラップに包む。

3.まとめてジップ付き保存用袋に入れ、冷凍庫で凍らせる。

生のままではもちろん、茹でた後でも凍らせることが可能です。茹でた場合は、水気だけでなく、あら熱もしっかり取りましょう。以降の手順は、生の場合と一緒です。

保存できる期間は、冷凍の場合、おおよそ1か月程度になります。切っている場合でも同様に、1か月程度まで長持ちさせることができます。

とはいえ、時間が経つにつれて、鮮度や味は必ず落ちてしまうものです。なるべく早めに食べるようにしましょう。

まとめ

・ブロッコリーは切り分け、水に浸してから振って洗う。

・ブロッコリーを洗った後は、花蕾部分を下向きにして水切りをする。

・ブロッコリーは冷蔵保存。長持ちさせる場合は、冷凍保存。

・保存できる期間は、冷蔵の場合は5日~7日程度。切ったものは、2日~3日程度。冷凍の場合は、1か月程度。

ブロッコリーは汚れが取りにくいため、『料理に使うのは面倒だ』という方も多いかもしれません。しかし、ブロッコリーは栄養も豊富ですし、幅広い料理に使える食材でもあります。

ぜひ、ご紹介した方法で正しく洗い、ブロッコリーの料理を楽しんでみてくださいね!