もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

バウムクーヘンの賞味期限 | 未開封・開封での日持ちと保存方法4選

手土産や差し入れ、お菓子を贈りたい時に悩むのが日持ちの長さ。誰しも、美味しく召し上がって欲しいと思います。

でも、いつ食べてもらえるのかは贈る側には分かりませんよね。頂いた側でも色々な都合があることでしょう。

そんな時、贈っても頂いても重宝するのは日持ちの良い、つまり賞味期限の長いもの。一般的に日持ちすると認識されるのは30日、つまり1ヶ月ほどの賞味期限があるものと言われています。

さて、皆さんはバウムクーヘンが焼き菓子ってご存知でしたか?洋菓子であればクッキーやマドレーヌ、和菓子ならお煎餅などが思い浮かびますね。

焼き菓子であるバウムクーヘンも、日持ちのするお菓子の印象が強く、それだけに、ついつい、まだ大丈夫と思い込み、気が付いた時には、賞味期限が気になる事態に。

そこでこの記事では、バウムクーヘンの賞味期限や開封後いつまで食べられるのか、見た目や味の変化、長持ちさせる保存方法を徹底調査。

この記事を読めば、美味しく食べられるだけでなく、安心して長期保存ができるようになりますよ。

賞味期限の正しい意味知っていますか?

バウムクーヘンの未開封の賞味期限

日持ちのするお菓子として出番の多いバウムクーヘンですが、実は各メーカーによって賞味期限の設定に大きな違いがあります。

その差はなんと4日から60日。(メーカー12社公式HP参照)。筆者などは思い込みで、1か月ほどを目安にしていました。包装用紙などに明記されていますので、確認が必要ですね。

さて、賞味期限と消費期限の違いは最近広く知られるようになりましたが、賞味期限とは未開封で正しい保存方法を守った時の美味しく食べられる期限」のこと

保存方法を正しく守れば、期限を過ぎてもすぐに腐るわけではありません。ここで、正しい保存方法とはどんな方法かは、気になるところですね。

基本的にはそれぞれの商品に書かれていますが、詳しくは後ほど解説していきます。

バウムクーヘン開封後の賞味期限

そもそも賞味期限の定義が未開封の状態を想定しています。「開封後は賞味期限に関わらずお早めにお召りください。」とも書かれています。

バウムクーヘンに限らず、開封後の食品は様々な自然環境の影響を受けて、あっという間に劣化が進みます。害虫被害も起こり得ますので、注意が必要です。

つまり、開封後の保存はお任せします、期限内でも注意が必要です、と認識して下さい。けれど、気になるのは開封後いつまで安全に美味しく食べられるのかな、ということですね。

賞味期限が切れた時あるいは開封後何を目安にしたら良いのかを解説していきましょう。

賞味期限切れのバウムクーヘンいつまで食べられる?

賞味期限が未開封で想定されていることは、先にもお話ししましたね。ただし、この期限、厳密にいえば、1.2~1.5倍倍長持ちするのかもというお話です。

賞味期限を設定する検査を請け負う日本食品分析センターのHPでは次のように書かれています。

商品に関する試験期間を実際に商品に表示する1.2~1.5倍に設定している。

つまり、賞味期限は余裕を持って表示されていることが分かります。これはバウムクーヘンに限らず食品全般に言えることですが、一つの目安とできる数値です。

では、開封後の目安はあるのでしょうか。最初に美味しく頂いても、食べきれず、あるいは忘れてしまっていた時など、判断に迷ってしまいませんか?

残念ながら明確な日数は調査してみても出てきませんでした。消費者庁のHPにも次のように明記されています。

見た目や臭い等により、五感で個別に判断してください。賞味期限が過ぎても、食品の品質が十分保持されているこがとがある。

とも記載されています。後は個人の判断にお任せ、という結果になってしまいました。

バウムクーヘンが傷んだ時の見た目

私たちには年齢に応じた食経験がありますから、普段と違った状態であれば、腐っている、と判断して口にしませんよね。でも、基準は人それぞれ。

2年間前のバウムクーヘン(未開封)を食べてみた、なんて強者のブログを見かけたこともあります。(健康に問題はなかったとのこと)

数々の口コミを調べてみた結果、開封後でも賞味期限の1週間後位であれば、問題なく食べている。という方も結構多くいらっしゃいました。

やはり、見た目や食感(パサ付き)、臭い重視といったところです。クリ-ムや果物が入っているかによるという人もいます。

賞味期限切れ3ヶ月後で美味しく食べられた(開封前後は不明)という話しもありました。一方では、比較的に年齢の若い方には、賞味期限を気にされる傾向も見られます。

私は、バウムクーヘンは日持ちするのだ、という思い込みで某有名メーカーのバウムクーヘンを開封後も2週間位かけて、食べ切りました。賞味期限の2倍以上経っていたと記憶しています。

最後の方は乾燥のため、食感が悪くなっていたのですが、結構お高い代物だったので、捨てるのが勿体なかったのです。(この辺り、共感して頂ける方もいらっしゃいますよね。)

さて、心理的な要素もありそうですが、腐敗した状態(健康被害の恐れが有りそう)を判断できれば、後は食経験にお任せです。口コミなども参考にしてください。

バウムクーヘンが腐った時の見た目や味の変化

腐ってしまったと分かる状態であれば、さすがに怖くて手が出せません。腐った状態とは下記のような状態が一般的です。

・ツンとした刺激臭やアルコ-ル臭

・見た目に見えるかび

・酸っぱい味

・ネットリとした触感

ここまでではなくとも、お菓子としてのバウムクーヘンですから、美味しく食べたいですね。

チョコレートなどのデコレ-ションやフォンダン(砂糖衣)の変化、乾燥した見た目などは避ける人も多いでしょう。

パサついたり、固くなった生地は味にも密接に関係しますから、美味しいとは感じられなくなります。またクッキーなどでも同じですが、油の酸化したような味がしたという報告もされています。

バウムクーヘンを長持ちさせる保存方法

正しい保存方法が長持ちさせる第一歩です。メーカーによって保存方法が指定されていますので、守ってください。

・常温保存(15℃~25℃)

・冷暗所保存1℃~15℃)

・冷蔵保存(1℃~10℃)

3つの違いはざっくり言えば温度の違いですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

常温保存

上記の温度は日本工業規格(LIS)の定義ですが、厚生労働省の取り決めでは、夏の室内では25℃から30℃まで、冬の室内委では15℃から20℃まで。

外気温より温度が上がらない温度としていますが、食品に関して15℃~25℃が一般的といえます。

でも、この管理、結構難しそうだとは思いませんか?細かく言えば湿度まで取り決められているのです。

季節や地域による温度の違い、建物内での場所による違い。最適な管理は難しそうですね。ただし、一時的な温度の上昇によって直ちに腐敗するものではないようですが。

最近では色々な食品保存袋や、ご自宅で真空にできる手軽な機器も販売されていますので使用し、空気を抜いて未開封の状態に近づけてください。

冷暗所保存

冷暗所とは室内で直射日光があたらず温度が一定で低めに保たれた場所のことです。実際には一軒家なら軒下や床下です。

マンションなどの場合なら、玄関や流し台の下にあたります。湿気が貯まりやすい場所には除湿剤を置いたり風通しを良くする工夫が必要となります。

ここで自宅で簡易冷暗所を作る方法をご紹介しましょう。ク-ラ-ボックスに保冷剤を入れ1~10℃に調整します。

調整はクーラーボックスの中に温度計を入れて行います。ホ-ムセンタ-などで、安く売っていますので、1つ持っておくと重宝します。

冷蔵保存

冷蔵保存とは食品や飲み物を凍らない程度の低温で管理することとあります。

冷蔵庫は冷蔵室が2~6℃。野菜室が3~8℃というのが一般的なようです(各メーカーにより多少のばらつきはあります)。また、野菜室の方が湿度も高いようです。

私などは面倒になると、冷暗所保存であっても、冷蔵庫の野菜室に入れてしまいますが、温度だけを捉えるなら、間違っているとも言えません。

但し、冷蔵庫は開閉が多く、温度が一定とは言えないようなので、冷蔵庫のどの場所に置くのかも注意が必要です。

また冷暗所とは湿度の違いもあるようです。冷蔵で保存する場合はラップで包むなど乾燥対策も大事ですね。

冷蔵保存を指定しているメーカーもあるようですが、特殊包装や、個などで包装、乾燥から守られています。

冷凍保存

最近の冷凍ブ-ムは、生鮮食品はもちろん、スイ-ツなどにも及んでいます。冷凍スイ-ツの販売は業務用向けが多いようですが、ネット販売ではご家庭向けの物も多く出回るようになっています。

ということは、常温や、冷蔵保存指定のバウムクーヘンも、冷凍できるのではないかと思いつきます。実際、調べてみると、バウムクーヘンを冷凍している方のお話しもたくさん出ています。

焼き菓子を冷凍することは珍しくなく、味も変わらないとのこと。冷凍保存する場合の注意点は他の食品の冷凍と同じです。

業者により、賞味期限を冷凍6ヶ月や1年としているものがありますが、特殊技術や特殊な包装材を使用していますので、ご家庭で冷凍した場合は、1ヶ月を目安に食べ切ると良いでしょう。

また、賞味期限内に冷凍してください。冷凍したバウムクーヘンの美味しい食べ方は次の通りです。

・冷凍庫から出してそのまま(固く凍ることはないようです)

・常温に戻して(冷蔵室で解凍してから常温)

・レンジで戻して、または温めて

ずぼらな私は、冷凍したことを忘れてしまうので、1か月以上経ったものでも食べますが、経験上、冷凍の仕方と解凍の仕方が大事です。凍ったまま食べられる(それも美味しく)のは嬉しい限りです。

こうして賞味期限と正しい保存方法を知っておくと、ご家庭で召し上がる時はもちろん、ご贈答品としてのバウムクーヘンの可能性ももっと広がります。

まとめ

・賞味期限は正しい保存方法が前提

・いつまで食べられるのかを見た目や味で判断

・目安にできる見た目や味の変化を知る

・常温保存、冷暗所保存、冷蔵保存、冷凍保存それぞれ長持ちさせる方法がある

最近のバウムクーヘンはこだわりのある高級な商品もたくさん出てきています。デコレ-ションも豊富ですので、是非楽しんでみてください。