もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

プリンの賞味期限・消費期限 | 手作りや市販のプリンの日持ちの違いを解説

一口にプリンと言っても、固めのしっかりした食感のプリン、口に流れ込んでくるようなとろんとしたプリンなど、たくさんの種類がありますよね。

自分へのご褒美として、手土産として、小さなお子様からご年配みんなに愛されるプリン。

この記事では、そんな魅力的なスイーツであるプリンの賞味期限、日持ちや保存方法についてお話しします。

お店で買う食品には、基本的には賞味期限と消費期限がその期間や保存方法が袋や容器に書いてあります。

プリンの賞味期限と消費期限

プリンには、賞味期限と消費期限どちらが表示されているのでしょうか。いたみやすいから消費期限が表示されているのでしょうか。

基本的に、プリンは冷蔵庫で保管し、数日以内に食べるような賞味期限が記載されているはずです。

種類によっては、賞味期限が比較的に長めのものがあったり、常温で保存できるものもあります。賞味期限が長いプリンは贈り物としても人気がありますよね。

プリンは何から作られているのでしょうか。まず、プリンは何から作られているか確認してみましょう。

そうです。プリンの材料は、牛乳と卵と砂糖です。最近は、スーパーやコンビニにも、素材や作り方にこだわりのあるプリンがたくさんありますよね。

しかし、プリンは牛乳と卵と砂糖だけで作られているのでしょうか。

プリンを購入するとき、食品表示を見て購入したことはありますか。カロリーは気になるから見ているけど、材料までは見ていない方が大半だと思います。

食品表示に牛乳や卵以外のものが書かれているのを見たことはありませんか。

プリンの原材料と食品添加物

原材料

主に、プリンは牛乳、卵、砂糖から作られています。シンプルな素材で作られていますよね。

卵も牛乳もいたみやすく菌も繁殖しやすいため、プリンも冷蔵庫での保存が基本です。

食品添加物

食品添加物は、プリンをはじめとした加工食品全般に使われています。美味しさや品質を保つために欠かせないものです。

食品添加物を使うことで、あのプリン独特の食感をつくることができるんです。それだけでなく、腐敗を防いだり、保存期間を延ばす役割もあります。

市販のプリンと手作りのプリンの賞味期限の違い

次に、市販と手作りのプリンの賞味期限の違いについてお話します。ここで、プリンの作り方を確認しましょう。

プリンの作り方は大きく2つです。冷やして固める方法と熱を加えて固める方法があります。

冷やして固めるプリン

ゼラチンや寒天などを使用し、冷やすことで固まる特性によるプリンを作ります。

熱を加えて固めるプリン

焼いたり蒸したりすることで卵が固まる特性によるプリンを作ります。プリンの材料の牛乳も卵もいたみやすいので、加熱されていると安心ですよね。

市販のプリンには、流通の関係で消費者に届くまで時間がかかるため、腐敗などを防ぎ、保存性を高めるための食品添加物が入っているものがあります。実は、プリンがいたみやすい原因は他にもあります。

それは、水分の多さです。水分の多い食品は早くいたんでしまうのです。素材や作り方が賞味期限に影響していることがわかりますね。

プリンの賞味期限が切れても食べられる?

保存方法も重要なポイントです。プリンを買ったら、すぐに冷蔵庫に入れる方がほとんどですよね。

でも、冷蔵庫に入れ忘れてしまったり、すぐに食べようと思っていたのに、食べるのを忘れてしまい数日間冷蔵庫に入ったままのときもありますよね。

そんなとき、まだ食べてもいいかな?腐っていないかな?など、心配になったことはありませんか。

賞味期限が切れてもすぐに腐るわけではないですが、食品ロスを削減するためにも期限内に食べるようにしたいですね。

プリンを長持ちさせる保存方法

お店で買う食品には、安全においしく食べられる期間があり、袋や容器に表示されていることはお伝えしましたね。

それだけでなく、お店では食品、容器包装、設備など、衛生管理も徹底されています。

お家でプリンを作る場合、手や道具は消毒できても、菌が繁殖しないような空間で作ることや」、菌の繁殖を防ぐような容器を使用することは難しいですよね。

工場で作られるプリンは、雑菌が入り込まない工夫や殺菌がされています。そのため、種類によっては、食品添加物不使用でも日持ちがするプリンもあります。

プリンの賞味期限 ・日持ち

プリンの賞味期限 ・日持ち (開封前)

手作りプリンやケーキ屋さんで買うプリンは、開封前であっても日持ちはしません。当日か翌日には食べましょう。

生クリームやフルーツなど、水分が多く含まれているものがトッピングされているプリンは要注意です。

プリンをおみやげにするときは、長時間の持ち運びや保存ができるものを選びましょう。

プリンの賞味期限 ・日持ち (開封後)

保存性を高める工夫がされている市販のプリンでも、開封後はすぐに食べきるようにしましょう。

食品の日持ちは、材料、作り方、衛生環境、保存方法など、様々な要因が関係しています。

プリンが傷んでいるかどうかの見分け方

袋や容器に書かれている保存方法はきちんと守られていましたか。

賞味期限内だからといって、適切に保存されていない場合、プリンは劣化していることが考えられます。

賞味期限は、保存方法が守られていることが前提です。一度開封すると、賞味期限は無効になります。賞味期限が切れたプリンを食べる前には、必ず色やにおい、味を確認してください。

まとめ

・プリンを買うときは、食品表示を見て、賞味期限と保存方法を確認。
・賞味期限は、未開封の状態で適切に保存されていることが前提。
・手作りプリンや開封後のプリンは、一番新鮮な状態でおいしく食べる。

食品表示について正しい知識を身につけ、本来食べられるのに破棄される食品も減らしていきたいですね!