眠い、、秋の眠気を大撃退するには?成功した3つの方法!

「秋の夜長」という言葉が存在する通り、秋の日没時間が長くなるとともにあなたが眠気を感じる時間も同様に長くなります。眠気を理由に用事がなかなかはかどらなかったり、優柔不断になったりというご経験がおありではないでしょうか?

暇さえあれば仮眠をして、遊びも食事も抑えていた人も多いのではないでしょうか。筆者も今年は生活リズムの変化を機に、自分の行いを改めた結果、今秋の眠気を見事に撃退しました。

え、ヤバい! これ、皆にシェアしないと!その気持ち一つで友人知人に拡散している現在です。いや、自分、無理だから! そう思っていらっしゃいませんか?大丈夫です。これからご紹介する3点はあなたもきっとできます。決して難しいことではありませんよ。

秋の眠気には、、30分歩いてみる

ジムで汗をかくのがベストですが、通われる時間を作れない場合は、通勤時でも良いので、一日の合計30分歩いてみてください。日中に運動をすることで筋肉の疲労を感じ、夜にしっかり眠ることができます。

ちなみに私は歩いた日、午後7時に眠くなります。え? 早すぎる? 眠くなる時間帯は個人差なので、絶対というわけではありませんので安心してください。歩く頻度は毎日できたら良いのですが、お仕事疲れもあるでしょうから、

休日やることがない日に歩く時間を作ってみてください。

秋の眠気には…思い切って昼寝をする

眠いときに無理して起きる必要はありません。我慢していると逆に集中力が切れて、時間を無駄に過ごすことになります。うわー! 今日も何もしてないや。ヤバい!って1日の終わりに思うこと、一度や二度ではないはずです。私もそうでした。

ですが、ある日友人から聞きました。人生において成功している人は皆、昼寝を小刻みに取り入れている、と。友人がそれを知っている理由など色々と理由を知りたかったのですが、根拠探しよりまず自分が実行してみようと試みました。

理屈よりも自分で試すことに説得力があるというのが私の定義でしたから。具体的には、三十分の昼寝を休日に2~3回取り入れました。すると、昼寝はもちろんのこと、家事や執筆に今まで以上に集中できていることを肌で感じました。

また、起きる時間を減らすことで、時間が有限であることも痛感するので、起きているときの行動にも変化が現れました。日記を書いてみると、行動にムラや無駄が1日1個ずつ減っていました。ただし、ここで1つ注意です。

30分のつもりが2時間も3時間も寝ちゃった! なんてことがないようにご注意ください。手に届かないところにアラーム設定したスマホを準備しておきましょう。

ちなみに私が記すこの30分という感覚リズムは私に合った間隔であるので、あなたに最適な昼寝の時間やタイミングはご自分で実験を重ねて見付けてください。

寝る間も惜しむほどの好きなことを見付ける

忙しさを理由に、ご自分の本心に目を逸らしているから。私もそうでした。とくに人手不足で責任の重い仕事をしていると、会社に身も心も捧げてしまいますよね。

勤勉な日本人特有友言えますが、そろそろ社畜を卒業しませんか?一生懸命頑張ったところで会社があなたの将来を明るいものにしてくれる保証はどこにもありません。あなたにしか実現できない人生を彩るためにも、前述の運動や昼寝は重要です。

一方で、昼寝すら惜しむほど好きなことも、それ以上に重要です。読書でもティータイムでも、盆栽でも何でも良いのです。あなたの「大好き!」はあなたの人生が楽しくなるばかりではなく、更年期以降の脳の衰えもある程度防いでくれます。

余談ですが、認知症の方の多くは若いころから趣味を持たず仕事だけをしていたというのは、そこにあると思います。それに、好きなことに精一杯頑張ったんだ、って胸を張ってお孫さんに言えるなんて、素敵だと思いませんか?

もうすぐ平成時代も終わります。そろそろ自分と家族の時間を第一に考えるという、国際視点に切り替えてみませんか?

まとめ

逃れられない忙しさを理由に、難しさを感じるかもしれません。まずは休日の1日だけ、この3点をやってみてください。

1 30分のウォーキング

2 日中眠くなったら30分の昼寝を2~3回やってみる

3 大好きな趣味に没頭してみる

以上が、私が眠気撃退したたった3つの方法です。おかげで、仕事もプライベートも充実していますよ。確かに仕事は忙しいし、今でも責任を任されて重圧が重いです。それだけ自分を重宝してくれるんだ!ってプラス思考にもなれました。

ちなみに、仕事はお勤めもしています。たしかに、今までのご自分を変えることはかなり勇気が要ります。よほどの覚悟がなければできない方もいらっしゃいます。ですが、大好きな人やご家族のために変わろうと思われるとどうでしょうか?

何がなんでも習慣を変えてしまうのが人というものです。その習性をご自分のために利用してみてはいかがでしょうか。明日のあなたはきっと元気はつらつでキラキラ輝いていますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください