コンビニで買える胃にやさしい食べ物7選 | 注意点や胃に悪い食べ物も解説

今や外に出るとどこにでもあるコンビニ。私たちの暮らしに欠かせないものの一つですね。

新年度が始まり、進学・進級・就職・異動など新しい環境で過ごす方も多いのではないでしょうか?

無理をしないでほしいですが新しい環境によっては身体や気持ちがまだ慣れず、胃を痛めたりストレスが溜まることもあります。

筆者自身も過去に新年度の環境で胃を痛めることが多く、胃薬を飲んだり消化に良い食べ物をいろんなところで探していました。

そこで胃にやさしい食べ物が身近にあるコンビニで買えたら便利ですよね?

今回の記事では大手コンビニで買える胃にやさしい食べ物7選を紹介していきます。また反対に胃を痛めているときに買うべきでない食べ物も併せて紹介します。

コンビニで買える胃にやさしい食べ物とはどんなものがある?

胃にやさしい食べ物といえば、暖かいものや消化に良いもので、これらはコンビニでもよく目にする商品です。

コンビニで買える胃にやさしい食べ物はこの7選!とまたその理由

  • うどん(揚げ物や食物繊維を含むわかめなどが入っていないもの)…消化に良い
  • レトルトのおかゆ…消化に良い
  • おにぎり(鮭、たらこなど)…油分が少なく消化に良い
  • 味噌汁(食物繊維を含む根菜が入っていないもの)、スープ…消化に良い
  • ゼリーやプリン…のど越しが良い
  • フルーツ(りんごやバナナ、柑橘系は避ける)…消化に良い

以上7つのものはどのコンビニでも置いてあり、値段も手ごろで手に取りやすいものですね!

特に大手コンビニのセブンイレブンでは胃にやさしい食べ物が多く売っているように感じました。

筆者も近くや通勤圏内にセブンイレブンがありよく利用していて、胃の調子が悪いときには下の商品をよく購入していました。

セブンイレブンではプライベートブランドの商品で胃にやさしい食べ物がたくさんあるように感じました。

味噌汁、飲むヨーグルト、フルーツゼリー、ゼロカロリーの寒天ゼリー、カットフルーツ、餃子入りのショウガスープなど(すべてセブンアンドアイの商品)

もちろん、ファミリーマート・ローソン・ミニストップでもプライベートブランドがあります。その中にも胃にやさしい食べ物があるので探してみてください。

では、反対にコンビニで買うべきではない胃に悪い食べ物はどのようなものがあるか紹介します。

コンビニで買うべきではない胃に悪い食べ物はこれ!

  • 揚げ物
  • アイスなど冷たい食べ物
  • インスタントラーメン
  • お弁当(揚げ物が入っているもの、丼物など)
  • スナック菓子
  • ケーキ、シュークリームなどクリームが入ったスイーツ
  • 菓子パン(カレーパンなどの揚げ物のパン、クロワッサンなどバターを多く使っているもの)
  • ジュースや炭酸飲料
  • 香辛料などが入った刺激が強いもの

上にあげた食べ物は消化が悪く胃に負担がかかりやすく、おすすめしません。

しかし、この食べ物全部がダメというわけではなく何を選ぶかがポイントになります。そこで、下の文を見てみましょう。

コンビニで胃にやさしい食べ物を選ぶ時のポイント

例えば、コンビニの揚げ物のコーナーにある肉まんやおでん(大根、卵、はんぺんなど)やお菓子はカステラや和菓子は胃に優しいもので、種類を見て選べば大丈夫です。

では上にあげた胃に悪い食べ物の中で反対に胃にやさしい食べ物を挙げていきたいと思います。

  • 揚げ物⇔肉まん、おでんなど
  • インスタントラーメン⇔うどん、そうめんなど
  • お弁当⇔揚げ物が入っていないスープやパスタサラダなど
  • スナック菓子⇔和菓子、カステラ
  • ケーキなどクリームが入ったスイーツ⇔プリン、ゼリー
  • 菓子パン(カレーパンなどの揚げ物のパン、クロワッサンなどバターを多く使っているもの)⇔サンドイッチ(卵やハムなどシンプルな具材のもの、カツサンドなどは×)、蒸しパン、食パン(パン粥は胃にやさしくおすすめです)
  • ジュースや炭酸飲料⇔牛乳や飲むヨーグルトなどの乳飲料

上に挙げた以外の食材以外にも、自分が食べやすいと思うものなら何でもよいのですがコンビニで食材を選ぶ際に気を付けてほしいこともあります。下の2つは守ってほしいことです。

よく嚙んでたべる

せっかく良い食材を選んでもよく噛まずに食べても胃に負担がかかってしまいます。異に負担をかけないためにもよく噛んで食べて下さい。

水分補給を必ず行う

食欲がないときは無理に食事をとる必要はありません。かえって胃に負担がかかり体調不良にもつながります。しかし、水分補給だけはしっかりと取りましょう。

水分補給を行う際はミネラルウォーターや飲むヨーグルトなど胃に負担がかからない飲み物がおすすめです。

胃にやさしい食べ物をコンビニで選ぶ時の注意点2つ

最後に胃にやさしい食べ物をコンビニで選ぶ時の注意点についてお話します。

自分の体調や気分で食べたいものを食べるのが一番ではありますが、胃にやさしい食べ物を選ぶポイントは以下の通りです。

食品そのものが消化に良いものか

食物繊維が少ない野菜や果物、脂肪分が少ない魚や肉を使っているものは消化に良く胃にやさしい食べ物です。

ただし肉はカルビ弁当など脂肪分が多いものだとかえって胃に負担をかけてしまうので、脂肪分が少ないサラダチキンがおすすめです。

消化に良い調理がされているものか

加熱されているもので尚且つ食材が小さく切られていること、柔らかくなっているもの、使う油が少ないこと、薄味であることが胃に負担をかけない調理方法です。

まとめ

コンビニは昔ジャンクフードが多く置いてあるイメージがありましたが、今のコンビニは時代が健康志向に切り替わっているものが増え無添加や糖質制限、ロカボなどこだわっている商品をよく目にします。

そしてコンビニに売っている製品は調理済みのものが多く、疲れた時や体調がよくない時にとても便利です。

もちろん体調不良が続くときは医療機関の受診も検討してみてください。

ちなみに近所や通学、通勤圏内にコンビニがある人ばかりではないですよね。

「近くにコンビニがない・・」という方は最近はデリバリーサービスを行うコンビニもあるので、近所にコンビニがない方はぜひ利用してみてください!

胃の調子が悪いときや疲れた時はコンビニを大いに活用しましょう!