卵が腐ると見た目どうなる?腐った卵の見分け方や大量に消費する方法

冷蔵庫の常備品として、お菓子作りにおかず作りに人気の卵。

常備しているけれど買い足していたら賞味期限がわからなくなってしまった!何てこと、ありませんか?

常に美味しく安全に卵を食べられるように、腐った卵の見分け方と腐った卵を誤って食べてしまうとどうなるか、正しい保存方法から卵を大量に消費する方法までお伝えしていきます。

そもそも卵の賞味期限はどれくらい?

卵に記されているのは「品質が変わらず美味しく食べられることが保証されている期間」つまり”賞味期限”です。

産卵されてから1週間以内にパック詰めされ、パック詰めされてからおよそ2週間と通年で決められています。

ただし、あくまで「品質が変わることなく美味しく食べられることが保証されている期間」であることから、実際に食べられる期間は異なります。

生卵にとって大敵なのは「サルモネラ菌」このサルモネラ菌が繁殖しやすい時期によって卵が食べられる期間は大幅に変わります。

サルモネラ菌が繁殖しやすい7~9月は産卵後16日。比較的過ごしやすい気候の春秋にあたる4~10月、10~11月は25日以内。冬季の12~3月は57日と最大約2ヵ月保存し食べることが可能です。

ただし、サルモネラ菌は20~40度で増殖しやすいので後述で保存の仕方は詳細に記載しますが、冷蔵庫保存することをおすすめします。

また、生食は2週間が安全と言えます。サルモネラ菌は75度以上で滅菌できるので2週間を過ぎて食する場合は加熱調理して食べることをおすすめします。

腐った卵を見分ける方法と卵は腐るとどうなるの?

卵は一見しただけでは腐っているかどうかは見分けがつきません。仮に賞味期限が切れていなくても、ひび割れなどで実は腐ってしまっていることもあります。

まず一見してわからない卵を割らずに腐っているか見分け方を説明します。

いたって簡単。卵を水の中に入れてみます。腐っていない卵は底に横になるように沈み込みます。逆に腐っている卵は浮かんできます。浮かんできた卵は即座に捨てましょう。

卵は古くなると殻に空いている小さな穴から卵の中の水分や二酸化炭素が減り、空気が増えるので中身が軽くなり水中で浮かびます。

微妙なところなのが、水に沈み込みはしたものの立ち姿で沈んでいる卵です。

絶対に安全に食べたい場合は捨ててしまっても良いのですが、スリリングなお食事をお求めの方、なるべく食べ物を捨てたくない方は次の段階の確認作業へ。

卵を割ってみましょう。腐った卵は、割るとアンモニア臭や硫化水素のような臭いがします。

匂いを嗅いだ時に温泉のような臭いがした場合、その卵は腐っているので即座に捨てましょう。

また、黄身が崩れていたり、白身の部分にはみ出している場合、シャビシャビしている場合は、腐っていますので即座に捨てましょう。

黄身崩れも見極めになるので手で黄身を割ってしまわないように注意して割ってください。

そのほかにも、黄身にしわが寄っている場合は腐りかけの状態なので食べることはおすすめできません。安全に食べるためにも避けてください。

逆に新鮮な卵は黄身がぷっくりとしているほか、白身は白濁している部分もぷっくりしています。

買ってきたばかりだからといって安全とは限りません。うっすらひび割れていたり、誤って割ってしまった場合はその日のうちに食べないと腐ってしまうのでお気をつけください。

腐った卵を食べるとどうなるの?

万が一誤って腐った卵を食べてしまった場合、身体にはどのような影響があるのでしょうか?

腐った卵が及ぼす影響はサルモネラ菌の影響によるものですが、引き起こされる食中毒のおもな症状は、腹痛・嘔吐・下痢・発熱です。

潜伏期間はおよそ8時間~最大で4日。症状が重篤化する前に病院へ行きましょう。

また、新鮮な卵でも生食として食べる場合、卵かけごはんなどが代表ですが、卵を割ってから長時間放置してしまうと空気に触れることによってサルモネラ菌が増殖し、同様の症状に見舞われるのでご注意ください。

腐った卵を見分ける方法の最後に書きましたが、卵は割ったらすぐに食べましょう。

卵の正しい保存方法とは?

必ず冷蔵庫で保存。それもサルモネラ菌の増殖を確実に防ぐためにも10度以下で保存しましょう。

では、冷蔵庫ではどこに置けばいいのか。冷蔵庫を開け閉めしても温度が一定に保たれる冷蔵庫の奥で卵の丸い方を上に向けて保存してください。

せっかくの卵ポケットは使いません。最近の卵を置くスペースは冷蔵室のように冷蔵庫内部にあるものも多いですが、扉に卵ポケットがある場合は使用はおすすめできません。

誤って落としたり割ってしまう可能性も高いですし、開閉時に温度変化が多いからです。

実は卵はパック詰めされている状態で、丸い部分が上向きで置かれています。卵ポケットが扉にある場合には移すのではなく、パック詰めのまま奥にそっとしまってください。

パックごと仕舞えば筆者のように古い卵と新しい卵が混ざってごちゃごちゃになってしまうということも避けられます。

高い卵は一つづつに賞味期限シール貼ってあったりもしますが、庶民ですのでね。

卵をできるだけ早く消費する方法

ついつい安売りなどで卵を買いこんでしまったら、そんな時は卵料理を存分に作りましょう。

4個以上使用で大量消費

1、煮卵

甘じょっぱいたれに漬け込みそのまま食べても、煮物に入れても付け合わせにも重宝する煮卵は大量に作って冷蔵保存すれば長持ちします。

2、卵焼き

定番中の定番ですが、卵をメインにネギやお雑魚を混ぜても美味しいですし、何より大量に作って冷凍保存が可能なためお弁当の作り置きなどにピッタリです。

3、炒り卵

卵がぽろぽろになるまで菜箸で混ぜながら炒るだけという簡単さ。こちらも卵焼き同様冷凍保存が可能で、1回分ずつ小分けにして保存しておけばこちらもお弁当の味方になります。

・2~3個

1、オムライス

ご飯はケチャップライスでもガーリックライスでも、ド定番ですがご飯を包むだけの卵は結構な量が必要。

家族で食べる分作ったら10個入りの1パックもあっという間に使い切ります。

2、オムレツ

意外とオムレツって卵を使うんです。特に野菜やハムなどを巻き込む具だくさんのオムレツにすれば卵の消費も増えますし、栄養も偏らない。

冷凍保存も可能でいつものおかずに、お弁当にと常備しておくと便利なこと間違いなし。

卵のまとめ

・卵の賞味期限は生食2週間、通年通して冷蔵庫保存であれば最大およそ2ヵ月。

・腐った卵は水に浮かぶ。

・腐った卵はアンモニア臭や、硫黄の臭いがする。

・卵は腐ると黄身に異常が出る。

・腐った卵を食べてかかる食中毒は辛い。

・卵の保管は10度以下の冷蔵庫の奥にパックごと。

・卵の消費は焼く・炒める系で大量消費&冷凍で長期保存が可能。

卵は腐らなくても割ってしまえば早く消費しなければならなったり、些細なことで割れてしまったりと実に繊細な食べ物。

冷蔵庫に常備していることが多いからこそ美味しく安全に食べたいですよね。

加熱調理前提ですが最大2ヵ月もつとなると消費がおろそかになりそうですが、できる限り2週間という期間を守って安全に美味しく食べるのが一番です。

常備しているからこそ誤って食べないためにも参考にしてください。