ノンアルコール飲料で酔うことはある?飲酒運転の可能性についても解説

皆さんはノンアルコール飲料についてどこまでご存知でしょうか?

ここ数年で、梅酒やワインなどの種類も豊富になり、スーパーにずらりと並んだ光景が見られるようになりましたよね。

味も香りも本物と変わらないくらいクオリティが高くなってきているので、美味しく飲めるようになってきました。

ノンアルコール飲料って言われているけど、「運転前に飲んでも本当に大丈夫なのかな…」「未成年でも飲んでも良いの?」など、よく分からないことが多いのではないかと思います。

この記事ではノンアルコール飲料について、酔うことはあるのか、飲む時の注意点についても解説していきます。

そもそもノンアルコール飲料とは

お酒が飲めない人も楽しんで飲める、帰りに運転する方も飲酒気分を味わえることを目的として作られたものです。

最近は、コロナ禍で宅飲みが増えたことや太ってしまったことで健康に気を使ってあえてノンアルコールを選ぶ人が増えてきているので、さらに需要が高まってきています。

まだ飲んだことが無い人もこれから飲む人もノンアルコール飲料について知っていきましょう。

ノンアルコール飲料でも酔うことはある?

ノンアルコール飲料:含有アルコール1%未満であること

と規定されています。言い換えれば、1%未満の飲み物であったら、ノンアルコール飲料として扱って良いという事になります。

ということは、アルコールが全く入っていないという訳ではないので、大量に飲んだり、お酒が弱い方が飲んだりすれば酔うことがあります。

では、全く入っていないものはどうやって探せばいいのか?日本メーカーで全く入っていないものは0.00%と表示されています。

ノンアルコール飲料を買う際はここの表示を意識して見るようにするといいですね。

0.00%って書いてあるから安心!と思いますが、驚くべきことにノンアルコールでも酔った時と同じような症状が出ることがあると報告されています。

アルコールを飲んでないのに一体どういうことなのか、更に詳しく見ていきましょう。

ノンアルコール飲料でも酔うと具体的にどんな症状がでる?

アルコール飲料を飲んでいないにもかかわらず、酔ったような現象がでることを「空酔い」といいます。

まず、多くの人が起こる主な現象として、「なんだか楽しいな〜」という気分の高揚感があげられます。

他には、

  • 頬が赤くなる。
  • 体温が上がりぽかぽかと温かくなる。

と本当に酔っているような現象が起こる人もいたりします。

ノンアルコール飲料でも酔う原因

では、なぜそのような現象が起こるのか?

それは、「脳が本物のアルコールを飲んだと思い込んでいる」ことが原因です。

過去の酔った体験を脳が思い出して、実際に酔ったような現象を起こしていると言われています。これをプラシーボ効果と言います。

空酔いが起こる原因として、

  1. ノンアルコールの味わいや香りを脳が誤認識して酔ったような状態となる
  2. アルコールだと期待して飲むことで、ノンアルコールでも酔ったような状態となる

などが挙げられます。飲みたいのに、飲めない…!

そんな人たちが飲むような飲料ですから、アルコールと期待して飲んで、脳が錯覚を起こすと言うのも分かるような気がします。

脳が思い込むだけで、そんな現象が起こるなんて人の体って本当に不思議ですね。

最近のノンアルコール飲料はまるで本物のアルコール飲料に近い味わいなため、余計に脳が騙されやすく空酔いする人も続出しそうですね。

ノンアルコール飲料で運転しても大丈夫?

最初の方でも、アルコール含有1%未満であればノンアルコール飲料として扱って良いという規定があるという話をしました。

1%未満であってもアルコールを体内に入れる事になるわけで、大量に飲んだり、お酒に弱い人が飲んだりすれば飲酒運転となってしまいますので注意が必要になります

飲酒運転と呼ばれる行為は、呼気検査をした際にアルコール濃度が0.15mg以上あった場合を指しています。

たとえば、0.5%含まれたノンアルコールビールを飲んだとしたら、一般的にビールは5%なので、ノンアルビールを10本飲めばビール1本分と同等になります。

この数字だけ見れば、10本なんておなかいっぱいになるじゃないか~とあまり現実的ではない量と思うかもしれません。

しかしお酒に弱い人が飲めば、これより少ない量でも呼気にアルコールが検出される可能性もあるので、飲酒運転と見なされてしまいます。

0.00%表示の方には全くアルコールが入っていないので、実際にアルコールを摂ったわけではありません。

酔ったような現象が起きていても、運転中の呼吸検査ではアルコール反応はありませんので安心して飲めますね。

ですが、空酔いしやすいと分かっている人は、運転を変わってもらうようにした方がいいでしょう。

ノンアルコール飲料なら未成年でも飲んで大丈夫?

お酒じゃないなら飲ませて〜と子供から言われてしまったら、どうしたらいいか悩んでしまいそうですよね。

ノンアルコール飲料は清涼飲料という分類に含まれているので、法律的に言えば未成年が飲んでも体に害はないし、問題ないとされています。

ですが、未成年に勧めてもいいかと言われればそれは違います。

大手ビール会社によると、

ノンアルコール飲料は「20歳以上の人に向けて開発した商品」

と位置づけられています。

ノンアルコール飲料を飲むことで飲酒への興味が沸き、飲酒への助長をしてしまう可能性もあるので、未成年が飲むことを勧めていません。

店舗で買う際も年齢確認を行っているので、未成年は購入することができないです。アルコール飲料もノンアルコール飲料も20歳になってからにしましょう。

まとめ

  • ノンアルコール飲料でも微力にアルコールが含まれているものがあるので、大量に飲めば酔うことがある。飲酒運転にならないように飲み過ぎには注意。
  • 全く入っていないものは0.00%表示のものを探すと良い。
  • 全くアルコールを飲まなくても、脳の思い込みで空酔いという現象が起こることがある。実際にはアルコールを飲んでいないから、本当に酔っている訳ではないが自覚がある人は注意。
  • アルコール飲料もノンアルコール飲料も20歳になってからにしましょう。

最近は様々なノンアルコール飲料が出てきています。体に気を使いながらも楽しく飲めるのは良いですね。正しく飲んで運転などは安全に気を付けるようにしましょう。