シュークリームは太る?カロリーや糖質、太るのを防ぐ食べ方まとめ

サクサク、フワフワ、トロトロ、あま~い魅力のシュークリーム。好きなスイーツでも上位に入ることが多い身近なスイーツですね。

しかしその反面、太りやすい食べ物としてもイメージが強いのではないでしょうか。この記事では、シュークリームが太る食べ物と考えられる理由と、食べる際に注意するポイントを考えていきましょう。

シュークリームが太る食べ物と言われる理由

甘いクリームがたっぷり入っているというイメージだけでも、十分太りやすい気がしてきます。そしてやはり一番の理由は、手軽さゆえの食べる頻度ではないでしょうか。

街のケーキ屋さんやシュークリーム専門店もたくさんありますが、コンビニやスーパーでも手軽に買えてしまいます。特にコンビニやスーパーのシュークリームは、袋に入っていて片手で食べられます。

もちろん他のケーキやプリンなどのスイーツもコンビニやスーパーで簡単に買うことができますが、これらはスプーンやフォークが必要です。

シュークリームはもっとも簡単に食べられるスイーツではないでしょうか。また、料金も1個100円程度でお財布にも優しいです。そのため、疲れた時や小腹がすいたとき、ついつい手に取ってしまうことが多いスイーツです。

このことが、太る食べ物と思われている大きな理由ではないでしょうか。

シュークリームのカロリーや糖質

私たちの身近にある、代表的なシュークリーム商品のカロリーと糖質は下記のとおりです。

カロリー糖質
ヤマザキ 大きなツインシュー325kcal23.3g
ビアードパパ パイシュークリーム271kcal24g
ビアードパパ クッキーシュー289kcal25.9g
セブンイレブン ダブルクリームのカスタード&ホイップシュー342kcal25g
ローソン 大きなツインシュー361kcal24.2g
ファミリーマート たっぷりクリームのダブルシュー296kcal23.8g
コージーコーナー ジャンボシュークリーム225kcal27g

だいたい平均すると、カロリーは約300kcal、糖質は約25gほどのことが多いですね。

ちなみに、他の代表的なスイーツは下記となります。

カロリー糖質
ショートケーキ366kcal28.6g
ドーナツ244kcal31.3g
ロールケーキ251kcal18.2g

ショートケーキはカロリーも糖質もかなり高いことがわかります。ドーナツはカロリー控えめですが、糖質が高いですね。ロールケーキはクリームが多いですが、意外とカロリーも糖質も控えめです。

こう比べてみると、クリームたっぷりのシュークリームもスイーツの中ではそこまで太りやすい要素が高いとは言えませんね。

シュークリームでやってはいけない食べ方

シュークリームを食べるときにやってはいけない食べ方はなんでしょうか?

もちろん、食べ過ぎ注意!

カロリーも糖質も、他のスイーツと比べるとそこまで高くない!とわかりましたが、かといって食べ過ぎはもちろんNGです。

夜に食べる

シュークリームは糖分のかたまりですので、摂取すると体内で消化活動が起こります。

仕事終わりの疲れた体に、コンビニのシュークリームはたまりません!が、消化には2時間ほどかかるため寝つきが悪くなってしまいます。夜に食べるのはおすすめはありません。

空腹時に食べる

ご飯の後や、小腹がすいたときのおやつなどではなく、完全に空腹のときに食べてしまうと、糖分をそのまま吸収してしまいます。

いくらケーキよりもカロリーが低いとはいえ、そのまますべてを吸収してしまうと太りやすくなってしまいます。デザートとして食べる方が糖分の吸収を抑えることができ、食べ過ぎも防げますので一石二鳥ですね。

シュークリームで太るのを防ぐ食べ方

それでは、太るのを防ぐためにはどうすればよいでしょうか?

ドリンクはホットにする

アイスドリンクと一緒に食べるよりも、ホットのドリンクを飲むことにより、体内の代謝が良くなります。その分、エネルギーを消費しやすくなります。シュークリームで摂取したカロリーを消費しやすくなりますのでお勧めです。

カスタードクリームを選ぶ

シュークリームは、主にカスタードクリーム、生クリーム、ホイップクリームのものがメインかと思います。この中で最もカロリーが低いのは、カスタードクリームです。

低糖質シュークリームを選ぶ

最近は、ダイエットを意識した低糖質な商品もたくさん出ていますね。これらが選択肢に入れば、こちらを選ぶと良いでしょう。

デコレーションではなく、なるべくノーマルタイプを選ぶ

②と③に通じることですが、チョコがけなどのコーティング、イチゴ・抹茶などのフレーバー商品などたくさんあります。

これらデコレーションが追加になるほどカロリーも高くなります。デコレーションはとてもおいしいですが、太ることを少しでも防ぐのであれば、ノーマルタイプを選ぶことをお勧めします。

シュークリームを食べるときの注意点

気軽に食べられるシュークリームですが、クリームが飛び出したりこぼれたりして、少々食べづらいこともありますよね。いくつか注意して食べると、食べやすくなりますよ。

そのままかぶりつく場合

左右にゆすってから食べる

中身のクリームは、一部にかたよってしまっていることもありますよね。これにより、固まっている部分のクリームが飛び出てしまうことがあります。

それを防ぐために、食べる前に左右にゆすってから食べるとクリームが均等になるため、中身が飛び出しにくくなります。

上下さかさまにして食べる

シュークリームの中は、ドーム状の空洞になっています。そのため、下にクリームがたまってしまっています。

上下さかさまにして食べると、空洞になっている部分にクリームがいきわたります。細部までおいしく食べられ、クリームの飛び出しも防げて一石二鳥です。

半分に割ってから食べる

一気にまるごとかぶりつくのではなく、半分に割ってから食べると、より飛び出すのを防ぐことができます。

お皿にのせて食べる場合

シュークリームにもテーブルマナーがあります。

皮がスライスされて蓋のように置かれている場合

この場合、蓋の部分から食べるのがマナーです。

その後、クリームの入った下の部分は、フォークとナイフで切って食べましょう。

スライスされず、そのまま置かれている場合

ナイフとフォークを使い、左側からカットして食べましょう。

まとめ

シュークリームが必ず太るというわけではなく、むしろうまく食べて太りにくいスイーツにすることもできますね。食べ過ぎには注意して、おいしく楽しくいただきましょう!