同じ兄弟なのになぜ?兄弟差別の原因と大人になってからの影響

大阪府在住30代男性の経験談です。

あなたは他の兄弟や姉妹と平等に、親から愛されていますか?

はいっ!とすぐに答えられなかったあなた。大丈夫、あなたと同じ悩みを持っている人はたくさんいます。

性別が違うならともかく、同じ性別なのに平等ではない接し方。憤りを覚えることが何度もあると思います。

私は兄弟に妹しかおらず、性別の違いもあってかあまり差別を意識することはありませんでした。

ですが、幼馴染でもある私の友人はそうでなかったようです………。

学生のころ、彼に何度も相談されました。

私が見てきた親の態度、彼の悩み。そして大人になった今、どのような親子関係、兄弟関係になっているのかをお話しします。

私が見た兄弟差別

友人は芸術肌で、私は小学生のころから彼の絵や小説を見てきました。

対して彼の4つ年上の兄は、私から見ても非常に優秀で、勉強に関しては非の打ちどころがありませんでした。

私が当時持っていた印象は、「芸術家の弟」と「理系の兄」といった感じです。

しかし兄弟仲はさほど悪くもなく、私も彼ら兄弟もTVゲーム好きなこともあってか、

放課後には他の友人も交えて兄弟宅でゲームをして遊んでいました。

 

兄弟の母親は穏やかで優しく、いつもニコニコしてるイメージでした。

いつもお菓子とお茶を用意してくれていて、私の母もこんなに優しければ良いのにと思ったことさえあります。

こんな家庭に兄弟差別があるなどとは、思いもしませんでした。あの日までは。

 

ゲームに熱中しすぎてしまい、日が落ちたことに気付かなったある日、事件は起こりました。

彼の父親が帰ってきたのです。初めてであった彼の父親は、

私なんかに目もくれず友人に対し「こんな夜遅くまで友達を家に上げているんじゃないっ!!」と怒鳴りつけたのです。

………いや、ちょっと待ってください。彼の兄だって友達を連れてきています。

なのに何故、彼にだけ怒鳴るのでしょう?困惑したまま兄弟や母親を見ると黙ったまま。

私は困惑したまま兄弟宅を後にし、家に帰りました。

帰路の途中、一緒に遊んでいた友人の一人が「なんか、弟君だけに怒ってなかった?」と言っており、違和感を感じたのは私だけではないと確信しました。

 

友人の心は………

その後から、友人は私に悩みを話してくれました。

相談というよりも雑談や愚痴の延長線でしたが、おかしいと感じる点がいくつもあったのです。

彼の父親は真面目な人間で、仕事は公務員。

とても教育熱心で、彼ら兄弟が塾に通っていたことからも、その熱が伺えます。

兄弟には自分と同じように公務員になってほしいと考えているそうで、芸術肌の友人はその考え方が受け入れがたいとも言っていました。

真面目な性格と、子供に対して夢があるからか、学校や塾の成績が良い兄だけを贔屓し、友人に対しては叱ってばかり。

良い成績を残しても、それが普通だと言わんばかりの態度。

 

これは友人の話を聞いただけで、父親の本当に思っていることなどは見当が付きません。

ですが私は話を聞いて彼と同じように、もしくは彼以上に彼の父親に嫌悪感を抱きました。

そもそも、友人の学校の成績はむしろ良いほうで、クラスでも上位でした。

そのうえ遅刻も欠席もなく、周りからは優等生と認識されているはず。

 

なのに何故、学校の様子を何も知らない父親が、彼の優劣を判断しているのか………。

兄や母親の様子も聞きましたが、威圧的な父の態度に何も言えず黙ってばかり。

この兄弟差別は父親の理想の押しつけと、何も言えない周りの家族が原因だと感じました。

 

今の兄弟仲と親子仲

そんな彼が今、何をしているかというと………デザイナーになったのです!

父親の勧めで某有名大学に入ったのですが、二十歳を超えたころに中退。

高校からアルバイトでためたお金で、自ら専門学校へ入学。

 

すでに話をしていたのか、実家から離れ母方の叔父の家へ引っ越し、知らなかったのは父親だけ。

「俺は未成年ではないから、もうあなたは保護者ではない」という最高にロックな台詞を残し、家を出て行ったそうです。

父の理想を叶えるのではなく、自分の強みを自覚しそれを活かす良い選択だと思います。

 

そんな彼ら家族と先日会う機会がありました。優しかった母親が亡くなられたそうで、葬儀に参列したのです。

そのとき友人に家族との話を聞いたのですが、親子関係は友人も友人の兄も疎遠になっているそうです。

兄弟関係は悪くはないのですが、少なからず複雑な思いを抱いている様子でした。

そのとき私が一番驚いたのは、彼の兄も父親とは疎遠になっているという点でした。

 

全く叱らずにいても、叱ってばかりいても父親として感謝はされない。

良いことをしたら褒め、悪いことをしたら叱る。子供に自分と同じ道を歩かせたいのなら、

まず自分が子供に尊敬される人間になる。そういったことが友人の父親にとって足りていなかったのかなと、今は思います。

 

私が見た兄弟差別のまとめ

1.芸術肌の弟と理系の兄

2.真面目な父親が不出来だと感じている弟を差別

3.今は兄弟ともに父親と疎遠

 

今まさに兄弟差別を受けている方々。この世の尺度は両親だけではありません。

必ず両親が見ていないあなたの良いところがたくさんあり、そしてそれを知っている人たちがいるはずです。

また、兄弟差別をしてしまっている方々。あなたが思っている以上に子供は深く傷ついていると思います。

改めて子供との接し方を見直してください。同じ兄弟でも良いところは別にあるはずです。

それぞれ別の人間なのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください