もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

鯖缶の骨が食べられる?骨まで柔らかい理由、食べるメリットデメリット

食費を抑えたい一人暮らしやダイエット・美肌に良いと話題の鯖缶。味噌煮缶は缶を開けるだけでご飯何杯でも食べられちゃう程、旨味が凝縮していて美味しいですよね!

ところで、鯖缶の中には身だけじゃなくてポロポロになった骨まで入っていますが、この骨って食べちゃって大丈夫なのでしょうか?実は、鯖缶の骨って食べられるんです!

この記事では鯖缶の骨が柔らかい理由や鯖缶を食べるメリット・デメリットを紹介します。

この記事を最後まで読むと、鯖缶の骨が柔らかい理由や鯖缶の中に入っている成分を残らず食べる方法を知ることが出来ます。

鯖缶の骨って食べられるの?

鯖缶の骨は食べられます!なぜならあのポロポロとした骨の正体はカルシウムだからです。

骨と言えばカルシウムで出来ていると思われがちですが、実はカルシウムの他にもいくつかの成分で出来ています。では、骨の組成について見てみましょう。

骨の大まかな成分

・リン酸カルシウム:70%

・コラーゲン:20%

・水:10%

この3つ。スポンジのようなカルシウムの隙間にコラーゲンがたっぷり詰まっているような構造。硬い骨=カルシウムと思われがちですが、カルシウム単品だと実はもろいんです。

カルシウムのスポンジ構造の間にコラーゲンがたっぷり詰まっているからこそ、硬くて折れにくい骨になっているわけです。

では、なんで鯖缶の骨はあんなにポロポロとして柔らかいのかについて解説します。

鯖缶の骨が柔らかい理由

鯖缶は、生の鯖を缶詰にしてから高温で長時間調理されて出来ています。鯖缶を作っているマルハニチロによると、120度で1時間加熱殺菌しているそう。

煮魚を作った次の日、冷蔵庫で保存していた煮魚の煮汁がゼリーのように固まったのを見たことはありますか?

あのゼリーのようなものを煮こごりと言うのですが、煮こごりは魚の骨から出てきたコラーゲンが固まって出来ています。

家庭で作る煮魚の骨からも流れ出てくるコラーゲン。1時間も高温調理された鯖缶からはほとんどのコラーゲンが流れ出ています。

そこで残ったのがカルシウムのスポンジ構造。たっぷり詰まっていたコラーゲンがなくなって、ポロポロと柔らかくもろいカルシウムだけが鯖缶の骨には残っています。

だから鯖缶の骨は柔らかいんです!缶詰の中に、普段なら簡単に食べることが出来ないカルシウムやコラーゲンがたっぷり!

いいこと尽くしに見えますが、鯖缶を食べるデメリットってあるのでしょうか?

鯖缶を食べるデメリット

鯖缶にはデメリットもあります。ちょっと気をつければ良いことや、缶詰自体控えようかな…と思ってしまうほど怖いことまで、3つお伝えしますね。

BPAに注意!

鯖缶だけでなく缶詰の内側はBPA(ビスフェノーA)というホルモンに影響すると言われる物質が入っています。

BPAは不妊や乳がん、前立腺がんなどホルモン系のがんにつながる可能性が示唆されていて、アメリカではBPA freeという表示まであるほど気にしている人が多いです。

セレンに注意!

セレンは癌予防や動脈硬化予防によいと言われているミネラルですが、鯖缶1缶には1日に必要なセレンの約6倍入っています。

セレンは摂りすぎると胃腸障害や疲労、脱毛などの副作用もあるので鯖缶を1日に何缶も食べるのはやめたほうが良さそう。

塩分に注意!

塩分はヒトが生きていく上で必要ですが、摂り過ぎには注意したいですね。成人男性の食塩の摂取基準は8g(女性7g)ですが、鯖缶には2g前後の塩分が入っています。

鯖缶の中の汁まで飲み尽くしたら一日摂取量の1/4から1/3の塩分を摂ることになってしまいます。

鯖缶を食べるメリット

鯖缶にはデメリットよりも沢山のメリットがあります。まず、骨まで食べられることで普段の生活で摂りにくいカルシウムが大量に摂取できること。

私は牛乳が苦手なので子供の頃から飲んだことがほぼありません。なので、きっとカルシウムが不足していると思うのです。

幸い鯖缶は水煮も味噌煮も大好きなので、朝牛乳を飲む習慣のない私にとってカルシウムを補う良い方法です。

次に、血液サラサラ成分であるEPAとDHAが豊富なこと。一般にEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は青魚に豊富と言われていますが、中でも鯖はトップクラス!

動脈硬化予防の他、記憶力や集中力の維持、アレルギーの予防や改善、中性脂肪の低下など嬉しい効果が沢山あるEPAとDHA。

これらは体内で合成することが出来ない必須脂肪酸なので、食品から摂取するかサプリメントで摂るしかありません。

私自身、ひどいアトピー持ちで本当に困っていてEPAとDHAはサプリメントで摂っているのですが、本当は食品から摂りたい気持ちがあります。

普段鯖缶を食べるときには汁を残すことが多いのですが、EPAとDHAは煮汁の方に逃げてしまうので、これらを積極的に摂りたいと考えている方は汁まで頂くことをオススメします!

まとめ

骨まで食べられる鯖缶。カルシウムや必須脂肪酸も効率的に摂ることができる優れものですが、デメリットもありましたね。

では最後にもう一度、メリット・デメリットについて確認してみましょう。

メリット

・カルシウムを手軽に摂ることができる。

・必須脂肪酸であるEPA・DHAを大量に摂取できる。(汁まで活用しよう!)

・EPAとDHAで血液サラサラ、記憶力集中力アップ、アレルギーの予防改善、中性脂肪の低下

 

デメリット

・BPAが怖い

・セレンの摂り過ぎに注意!

・塩分過多に注意!

鯖缶のメリット・デメリットを知った上で上手く活用すれば、とっても手軽で簡単に必要な成分を摂ることができるようになります。