もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

未開封・開封後の石鹸の使用期限| 長持ちさせる方法と活用法まとめ

お歳暮でもらうことが多い石鹸。使いきれないまま溜まっていってしまった…ということはありませんか?

また、シンク下を掃除していたら何年前のものか不明のカピカピの石鹸が出てきた、といったことも…。

かくいう私も、変色した石鹸に遭遇し破棄してしまったこと、何度かあります。石鹸はいつまで使えるのか気になっている方は少なくないと思います。

そこでこの記事では、開封前と開封後の石鹸の使用期限、使用期限を過ぎた石鹸の有効活用法、石鹸を長持ちさせるための保存方法を紹介します。

これを読めば、家庭に眠っている石鹸を無駄にしてしまうことも防げますよ。

石鹸の使用期限は存在する?

結論を言えばイエスです。そもそも石鹸といえば、手や身体を洗ったりするために使用する固形のものを想像するかと思いますが、「石鹸」といわれるものにはいろいろな種類があります。

まず形状としては、イメージしゃすい「固形石鹸」だけでなく「液体石鹸」「粉石鹸」「紙石鹸」などがあり、用途で大まかに分けると以下の3つがあります。

・身体や顔の洗顔用で汚れを落とすのが主な目的の「化粧石鹸」

・身体の一部(手など)や食器などに使用され消毒殺菌の役割をもつ医薬部外品の「薬用石鹸」

・手作りの石鹸やペット用など法令対象外の石鹸を指す「雑貨石鹸」

これら全ての「石鹸」と分類されるものには使用期限が存在します。

開封前の石鹸の使用期限

石鹸は商品に使用期限が記載されていないものがほとんどです。これは有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)の下記のような規制を受けているためです。

使用期限の表示については、適切な保存条件の下で製造後3年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品において法的な表示義務はない

例えば、主に洗顔・身体用で肌に優しい石鹸が特徴の牛乳石鹸共進株式会社と台所用や洗濯用の石鹸を製造しているまるは油脂化学株式会社。

両社ともに「容器・包装に使用期限が記載されていない化粧品・医薬部外品は、保存状況がよく未開封であれば、製造から3年間は、品質が保たれるよう設計されています。」としています。

よって、使用用途や形状は関係なく未開封の石鹸の使用期限は3年となります。

しかし、化粧石鹸については未開封で3年経過していないとしても、保存状態や劣化具合によっては身体、特に顔に使用した際に肌荒れや炎症など異常が出る場合もあるので、注意しましょう。

また、雑貨石鹸に分類される手作りの石鹸については、市販の石鹸よりもさらに使用期限は短いといわれています。一般的には1年、早いもので半年程度で劣化してしまうものもあります。

開封後の石鹸の使用期限

 開封後の石鹸の使用期限は、保存状態にもよりますが1年となっています。劣化の進行速度については、香料、着色料、防腐剤などの添加物を含んでいるかによって変わってきます。

添加物に防腐剤が入っているものは劣化が比較的ゆるやかである一方、完全無添加となると劣化は早くなります。

また、液体石鹸は水が含まれているぶん雑菌の影響を受けやすく、開封後の劣化が固形石鹸より早いとされています。明らかな異臭、カビ発生、変色が劣化の主なサインです。

石鹸の使用期限を過ぎると使えない?

では、使用期限を過ぎてしまった石鹸は捨てるしかないのか・・・?いえいえ、使用期限を過ぎてしまった石鹸でも大丈夫!

身体や洗顔、肌に使用することはおすすめしませんが、たとえ本来の用途で使用出来なくなってしまったとしても活用はできます!

また、カビや変色、油浮き等の劣化はあっても洗浄力は残っています。抵抗があるようでしたら劣化した部分は取り除いても良いかもしれません。

今からいくつか活用法を紹介していきますので、どう活用するか参考にしてみてくださいね。自分に合った活用法が見つかるはず!

石鹸の使用期限を過ぎた場合の効果的な活用法

洗濯に使用

皮脂汚れや泥汚れに強いアルカリ成分を含む石鹸は、頑固な汚れがついた時の下洗い、靴や上履き洗いに利用できます。

また、石鹸を下ろし金やピーラーで粉状にし粉末洗剤として使用するのもひとつ。その際、汚れ落ちが悪い場合には炭酸ソーダを少し入れることで洗浄力が上がります。

掃除に使用

固形のまま雑巾につけて使用したり、粉状にしたものをスポンジにつけて使用するのも良いでしょう。

キッチン周りや洗面台、お風呂の掃除にも役立ちます。また、石鹸を粉状にしたものを容器に入れ、石鹸の3〜5倍量の熱湯を注ぎ一晩おくとジェル状のになるので台所石鹸として使用できます。

芳香剤として使用

不要になった靴下や巾着に入れて縛り、タンスやクローゼットに入れると芳香剤として活用できますよ。またネットに入れてトイレに置くのも良いです。

ソープカービングに使用

石鹸を材料に彫刻したもののことをソープカービングといいます。いろんなデザインを彫ったり、ビーズなどの飾りをつければ華やかになります。インテリアとして飾るのも素敵ですね。

石鹸の使用期限を延ばすための保管方法

未開封の場合は高温・多湿をさけ直射日光の当たらない場所で保管しましょう。

冷暗所がおすすめです。押し入れや洗面台の下の棚で保存する方、多いと思いますが多湿なので注意してください。その場合は除湿剤を一緒に置くことをおすすめします。

開封済みの石鹸であれば以下を守ることで劣化を遅らせることができます。

・使用後は必ず石鹸を綺麗に洗い流す。

→雑菌等が付着したままになる上に繁殖してしまう為。

 

・使用後には水分を切る。

→洗い流してそのままではなく、タオルやキッチンペーパーで水分を拭き取る。

 

・濡れない場所での保管。

→石鹸容器やネットに入れる。シャワーが当たらないよう高い場所で保管する。

まとめ

・石鹸の使用期限は未開封だと3年。手作りの場合半年から1年。

・石鹸の使用期限は開封済みだと1年。完全無添加や液体だと劣化が早い。

・使用期限が過ぎたものは肌用にはせず、洗濯や掃除用に。

・未開封は冷暗所で保存。開封後は水分や雑菌が敵。使用後は洗い流す、拭く、濡れない場所で保管を徹底。

石鹸には使用期限があること、また使用期限後でもいろいろな活用法があることが分かりました。

これでもう余った石鹸に困ったり、泣く泣く捨てることも無くなりますね。楽しい石鹸ライフを送りましょう!