もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

宿題で得られる本当のメリット・デメリット|やりたくないときの対処法

「なんで宿題をしないといけないの?」みなさんはお子さんからこう問われたらすぐに答えることができますか?

筆者ならきっと「そんなこと言ったってやるしかないのよ」などと何の為にもならない答え方をすると思います..(汗)

そこでこの記事では、宿題をするメリットとデメリット、宿題の必要性、どうしても宿題をしたくない時の裏技を筆者なりにまとめましたので、是非参考にして頂ければと思います。

宿題をするメリットは知識の定着・学習意欲・コミュニケーションにある

反復練習による知識の定着化

まず一つのメリットとして知識の定着化です。基本的に脳は忘れるようにできているので授業で習ったこともそのままだと忘れてしまいます。

その一つに忘却曲線というものがあります。心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれた定理です。

この定理によると、人間の記憶は1 日後には 74%も忘却します。これでは、授業で習っただけでは知識として定着していないことが分かります。

自分に興味がないことは忘れてしまう、皆さんにも経験があるのではないでしょうか?宿題は授業で習ったことの反復練習になるのでより理解を深めることが出来ます。

学習意欲につながる

宿題は学校で教わったことを定着させ、それを積み重ねることで少しずつ学力が身についていきます。

特に計算問題などは繰り返し行うことでスピードアップしていくので成果が目に見えて分かります。

一つ一つの問題を自力で解いていくことが成功体験となり更なる学習意欲へと繋がっていきます。

コミュニケーションが図れる

家庭で学習することで家族とのコミュニケーションが増加するというメリットがあります。

筆者が子どもの頃は宿題の丸付けは先生が行っていました。しかし2011年以降は「脱ゆとり教育」により、保護者が丸付けを行うようになったようです。

理由も告げられず、「ご家庭で丸つけをおねがいします」と言われても「共働きで忙しくて時間ないんだけど」や「脱ゆとりで先生の負担が増えたから?」と思う方もいると思います。

学校側としては子どもの宿題を親がチェックすることで、現在の子どもの学力を知ってもらい遊び以外での親子のコミュニケーションを図ってもらいたいという考えがあるようです。

結果的に、宿題が新たなコミュニケーションツールとなっているのです。

宿題をするデメリット・悪影響は不平等さと自主性を奪っているところ

メリットがあればデメリットもあります。宿題にどのようなデメリットや悪影響があるか考えていきましょう。

クラス単位で同じ内容・量の宿題

宿題は個々で違うわけではなく、クラス単位で同じ内容、量が出されます。

当然勉強が得意な子もいれば苦手な子もいます。そんな子ども達に同じ宿題を出すとどうなるでしょう?

自分のレベルに合わせたものではないので勉強が得意な子には物足りず、苦手な子はますます勉強を嫌うようになってしまいます。

そして与えられ続けることにより作業化してしまい、終わらすことだけが目的になってしまう可能性があります。

「これが苦手だからもう少しやっておこう!」「これはバッチリだからもう大丈夫!」などのように、自主的に学ぶ姿勢(自主性)が育ちにくくなってしまいます。

興味があることに費やす時間が減る

小学生が1週間のうち宿題をするためにかける時間は約3時間というデータがあります。もし宿題がなくこの時間を好きに使えたら...

友達と公園で遊んだり、自分の興味のあることを自主的にするでしょう。宿題は子どもが自主的に学ぶための時間を奪っているという側面もあります。

このように宿題にもデメリットがあります。宿題を難しく感じるようなら基本問題に戻り基礎からもう一度学ぶなど自主的に学ぶ姿勢が大事です。

そして毎日ただドリルの問題を解いていくのではなく、興味を持って取り組むことのできる宿題を出すことも先生方に求められているのではないでしょうか。

宿題によって得られる本当のメリット

宿題をすることで得られるものは学力だけではありません。ここからは学力以外の得られるものについて取り上げていきたいと思います。

自立心を育てる

宿題をするように声をかけることは出来ますが取り組むのは子どもです。極端にいえば一日のなかで、どのタイミングでしても良いのです。

自分から取り掛かる習慣を身に着けていくことで自立心へと繋がっていきます。

継続力を身につける

宿題をしたくない日もあるでしょう。でも大事なのはそこで投げ出さず取り組むことです。この継続する力は学生時代だけでは無く社会に出てからも役立ちます。

どうしても宿題をしたくない時は…宿題代行サービス

宿題代行サービスというものがあります。その名の通り、宿題を代わりに行ってくれるサービスです。

今では種類も増え毎日の国語や算数のドリル、夏休みの宿題に始まり高校や大学の課題まで幅広く対応しているようです。

塾に通っている子どもは塾を優先することができ、受験勉強の時間を確保できるメリットがあります。

また、宿題は学校の内申点の評価にも繋がりますので代行サービスを利用することで、宿題を全て提出することができ内申点の評価を落とさないというメリットもあります。

しかし一方でデメリットもあります。宿題代行サービスを利用した場合、あたりまえですが自分でしていないので自分の力にはなりません。

塾に通っていない子どもがこのサービスを利用すると学力の低下に繋がる可能性があります。

また、宿題代行サービスを利用することで、子どもうちに「お金を払い、宿題を第三者にやってもらっても先生にバレなければ大丈夫」という経験をすることになります。

それがきっかけとなり、「お金で問題を解決できる」という歪んだ考えをもつ可能性があることを理解し、利用する前にしっかりと検討する必要があります。

まとめ

・宿題のメリットは、知識の定着・学習意欲の向上・コミュニケーションの促進。

・宿題のデメリットは、自主性が育たないこと。

・宿題は、自立心や継続力を伸ばすためのトレーニングにもなる。

・どうしても宿題をしたくないときの裏技として宿題代行サービスがある。ただし、デメリットについて、事前によく検討する必要がある。

宿題をするメリットとデメリット。そして、どうしても宿題をしたくないときの裏技を解説してみました。

宿題はただするのでは無く、どう扱うかによってより有益なものにしていけるので是非子どもと向き合う時間をつくり宿題をする意味を伝えていければ良いですね。