もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

夜中にアイスを食べるのが良くない理由|体に起こる変化と注意するべきポイント

夜、仕事終わりのお風呂、体がポカポカに暖まった後に食べるアイスって、悪魔的な美味さではありませんか?

でも心配なのは、太ってしまったり、寝つきが悪くなったり。。。。この行為、皆さんの予想通り自分の身体に良くない事だらけなんです。

この記事では、アイスの主成分、夜中にアイスを食べることで起こる変化、アイスを食べないで済むようにする方法をご紹介します。

なぜ良くないのかをしっかり理解して、今後に生かしてみてください。また、どうしても食べたい方向けに、食べ方の工夫もご紹介しておりますので、是非ご覧になってください。

アイスの主成分・カロリーを理解しよう

アイスの主成分を深く考えた事ありますか?下記の2つが大きな割合を占めています。

・糖質

・脂肪分

アイスの中でも代表的なアイスクリームを調べてみると、一つで約300kcalほどあります。

女性の一日平均のカロリー消費量が、2,000kcalですから、1日の消費量の15%をアイス1つで摂取してしまう計算になります。

夜中にアイスを食べる事で、身体に起こる変化

身体を冷やしてしまう

身体を冷やす事は身体にとって良い事ではありません。アイスは特に内臓の温度を下げてしまいます。

内臓の温度が下がると、内臓の機能が低下します。すると、体がむくみやすくなり、むくみが脂肪になって太ってくる訳です。

また、血行が悪くなっていく事で、セルライトなどもできやすくなってしまいます。

消化機能の低下

食物全般に言える事ですが、夜中、寝る前に食べると胃腸が動いてしまし、睡眠が浅くなってしまいます。

浅い眠りになると、脂肪を燃焼させるためのホルモンが減少し、“太る”という負のサイクルが。。。。

おまけに眠りも浅くなってしまえば、次の日の自分にも影響が出てしまいます。

置き換えダイエットもかなり危ない!

巷で食事の代わりにアイスを摂る事で、ダイエットをする方がたまにいらっしゃいます。

しかし、上記の2つの理由から考えると、身体を冷やすことで消化機能も低下してきまいますので、結果、おすすめはできないです。

夜中にアイスを食べるはお勧めしない。

結果、夜中にアイスを摂取するのは、おすすめしません。解決策は、“夜中にアイスを食べないで良いようにすること” です。

夕飯のメニューを見直す

夕食時にお腹に溜まりやすいもの、長時間かけて消化されるものを食べると、夜中にお腹が空くことを防ぐことができます。

主食は、パンやパスタ、うどんなどの小麦粉が主成分になっているものではなく、米や玄米、ソバなどを選ぶと良いです。

また、食物繊維などを多く含む食品と一緒に摂取すると、緩やかな消化になりますので、夜にお腹が空くことも少なくなってきます。

夕食を2回にわけて食べる

この方法を用いれば、摂取カロリーを最小限に抑えることができる上、夜中に夜食を食べられないと言うストレスや不安を感じることもありません。

ただ、こちらをする場合には遅くに食べるものとして、野菜や汁物などのヘルシーで温かいものにしておき、ご飯などの主食・油分を多く含んだ料理は先に食べると言った工夫が必要かと思います。

趣味などで時間を潰す

夜中に何かが食べたくなるのは、暇な時間があるからではありませんか?自分が熱中できる趣味など持っていらっしゃいますか?

何もないと、ついつい夜食に手を伸ばしてしまうことが多くなってしまいますので、趣味、もしくは資格の勉強や好きなことに没頭する時間にしてしまえば良いと思います。

歯磨きをしてみる

実は、口の中をすっきりさせると、食欲が減退することを知っていますか?

キシリトール歯磨きは特におすすめで、キシリトールの成分により、口内はすっきりするとともに、舌が麻痺して食じを受け付けない状態になります。

歯磨きを先にしてしまえば、後で食べたくなる気持ちも抑えられます。

夜中にアイスをどうしても食べたいときの注意するポイント

もちろん、その気持ちわかります!あまりおすすめはできないですが、解決法をご紹介したいと思います。それは食べるアイスを工夫してみることです。

前述でもご紹介したのですが、アイスがあまり良くないのは、糖分と、カロリーの取りすぎです。単純ですが、低糖質、低カロリーのアイスを選ぶと良いです。

小分けのカップアイス

6個入りなどのお得用アイスは、少量で小分けされていますので、たくさん食べすぎることもなく、摂取するカロリーも少なくてすみます。

低カロリーアイス

大豆を使ったアイスなど、低カロリーのアイスが続々登場しておりますので、そういったものを試してみると良いと思います。

中でもおすすめなのが、アイスのパッケージに「氷菓」と書いてある商品。(ガリガリくん、かき氷など)氷が中に多く含まれているもので、シャーベットなどもこの部類に含まれます。

まとめ

・アイスを夜中に食べる事はおすすめしない
・夜中に食べないで済む方法を考える
・もし食べたくなったら、食べるアイスを気にしてみる

身体に悪いことが分かったからと言って、いきなり始めるのは難しいですよね。少しずつでも上記の方法を試してみて、自分にあった方法を見つけてください。