口紅の使用期限あるの?ないの?長く使い続けるための3つの方法

口紅は女性にとって、欠かすことができないコスメのひとつ。皆さんは口紅を何本持っていますか?

おでかけのシチュエーションや、その日の服装に合わせてリップを変えたりするので、複数本は持っているのではないでしょうか?

多くの人はも使いかけの口紅やグロスなどが何本もあるもの。

では一本を使いきるのに大体どれくらいの期間を要しますか?実は口紅には『使用期限』というものが存在します。

もし古いものを使用した場合、唇がトラブルを引き起こす可能性がありますので、いま一度、口紅の正しい使用期限と保管方法を知っておきましょう!

口紅の使用期限を数字で表すととっても短い

口紅だけではなく全ての化粧品に使用期限があるのですが、その中でも口紅はとても短いんです。

未使用の場合

未開封の状態ですと使用期限は3年と言われていますが、完全に密封されているわけではないので、口紅は次第に酸化してします。

温度や湿度が適度に保たれた環境で正しく保管されている場合に限り、長くても製造日から3年と考えておいた方が良いでしょう。

開封後の場合

開封後の口紅の使用期限は、およそ3〜6ヶ月と言われています。これは、唇の粘膜に直接付着させて使うため、雑菌が繁殖しやすいと考えられているからです。

見た目はきれいに見えても、表面には空気中の雑菌や、指先などから混入した微生物が繁殖しています。

これらの細菌が唇につくと、かゆみや腫れなどの症状を引き起こすことがあります。また、口紅は空気に触れることで酸化します。

酸化すると臭いを発したり、表面が固まってしまうなどの可能性がありますので、購入してから1シーズンで使い切ってしまうのが良いでしょう。

しかし実は、ひとくくりに口紅と言ってもそれぞれのメーカーで入っている成分が少しずつ違うので使用期限も大きく異なります。早いものでしたら『開封後は3ヶ月』というメーカーも数多くあります。

3ヶ月で使いきるのはなかなか至難の業ですね‥外資系のコスメブランドでしたらほとんどに使用期限が記載されているのでチェックしてみてください。

残念ながら国内のメーカーには、記載されていないものがほとんどです。基本的に、口紅を含む化粧品そのものには、使用期限の表示はありません。

口紅には使用期限が明記されていません。これは、日本の医薬品医療機器等法(旧題名:薬事法)で、

製造後3年以内で変質する化粧品を除き、使用期限を表示する必要はない

とされているからです。

口紅には使用期限がある理由は??

 

口紅を一度開封すると、空気に触れることにより酸化がはじまります。そして酸化することによりどんどん細菌が繁殖してくるのです。さらに使用することにより、どれだけ気をつけていても、食べカスや唾液が付着してしまいます。

それがさらに細菌を増殖させてしまいます。では、このように古くなりどんどん細菌が繁殖している口紅を使うと何がいけないのか。一番に挙げられるのが『唇が荒れる、かぶれる』ことです。

そもそも顔はお肌の中でも特に敏感なパーツなのですが、その中でも皮膚が薄くさらに敏感なのが唇なんです。このような状態になっている古い口紅を使うことにより

・唇が痒くなる

・炎症を起こす

・カサカサになる

・皮がめくれる

・色素沈着する

などのトラブルが発生する可能性があります。せっかくより美しく見せるためのリップも、口紅のせいで唇が荒れてしまったら元も子もないですよね。万が一、唇にトラブルが発生してしまったらただちに使用を中止してくださいね。

口紅の使用期限内であっても、使用可能かきちんと見極めよう

『使用期限』というのは、あくまでも目安と思っておいてください。まだ開封して数ヶ月しか経ってなくても、保管状況によってはダメになってるケースもあります。

・ボロボロになってきている

・固まりすぎている

・色が変色している(褪せたような色)

・においがおかしい(油臭い)

・塗ったときの伸びが悪い

・使用感の変化(ざらざらしている等)

上記のような状態になっていたら、残念ながらアウトです。

また、古い口紅は使わないこと。酸化や劣化で古くなった口紅は、唇や肌に刺激を与える可能性があります。

もったいないと思っても、変色していたり異臭がする場合は捨てましょう。

唇が腫れたり、痒みがある場合は、すぐに使用をやめ、皮膚科を受診しましょう。

口紅の劣化を防いで少しでも長持ちさせるための3つの方法

1.常温での保管

口紅を長持ちさせる為に、一番大切なのは保管時の状況です。実は口紅自体、とってもデリケートなんです。

まず口紅が一番苦手なのは『温度変化』。基本的には高温と直射日光に弱いので、常温での保管が必須です。

直射日光の当たる高温の場所や湿度が高いところに長時間置いておくと、溶けたり折れてしまうことがあります。

口紅が溶ける温度は45〜50度と言われていますので、夏場など車の中に放置しないように気をつけましょう。

高温・直射日光・湿気に弱いからと言って、冷蔵庫などの冷暗所に保管するのもNG。逆に冷やしすぎてしまうと表面に水滴がつくことがあります。

さらに口紅は湿気が苦手。カビが生えるもとにもなりますので、浴室の近くの洗面所などに保管するのもやめましょう。しかし!!

品質の劣化や細菌の繁殖に繋がりますので、常温で保管することが何よりも大切になっていきます。

使い終えたらきちんとキャップを閉めて、なるべく空気に触れないような常温の場所に閉まっておきましょう。

2.雑菌の繁殖を防ぐ

化粧品は唇や肌に直接乗せるものなので、空気中の雑菌や温度変化などで劣化することがあります。

雑菌が増殖してしまうと、唇や肌に刺激を与えることがあります。

また、個人差はあるにせよ、唾液などと一緒に体内に入ってしまいますので、健康面でも汚れや雑菌の混入防止は必須です。

口紅を塗る前は、ティッシュなどで唇を押さえて汚れや皮脂などの油分を取り除く・塗った後は、毎回口紅の表面を軽く拭うことを心がけましょう。

リップグロスの場合も、リップブラシやチップを清潔に保つよう注意が必要です。

汚れたまま容器に戻さないように、必ず表面をきれいに拭き取りましょう。

3.直接唇に塗布しない

口紅を直接塗ることによって、より殺菌が繁殖してしまいます。ですので口紅を塗るときは、筆を使うとよいでしょう。

雑菌が繁殖すると、臭いや肌荒れの原因にもなりかねません。そして、口紅は唇に塗るため、口から体内に入っていってしまうものでもあります。

衛生面でも、健康面でも、なるべく菌の繁殖を抑え清潔な口紅を使用したいものですね。

雑菌をクリーニングするために、アルコールを含ませたティッシュで表面をふくのも有効です。

口紅を直接唇に塗るときは、唇をふいて雑菌をふきとる心掛けも大切です。

そしてさらにブラシ・チップ類はこまめに洗い、しっかり乾燥させ清潔を保つことを徹底しましょう。

こうすることにより、細菌の繁殖を抑え、少しでも長く口紅をよい状態に保つ事ができます。

口紅以外の化粧品の使用期限

ほとんどの化粧品には防腐剤が含まれていますので、簡単に劣化しないように作られています。とは言え、顔や唇といった繊細な部位に直接触れるものです。

口紅に限らず、使用期限が表示されていないものは未開封の状態で製造から最長3年、開封後はやはり、3〜6ヶ月で使い切ることが推奨されているものが大半です。

そして、以下に<開封後>の一般的な化粧品の使用期限をアイテムごとにまとめました。

リップ系(口紅 リップグロス ティントリップ)…6か月~1年

ファンデーション(パウダー)…約2年

チーク(固形)…約1年半

アイシャドウ…約1年半~2年

アイライナー(リキッド)…約3か月

一見きれいに見えるものや未使用品でも、この目安を大きく上回る年数が経ったものは、使わない方が良いでしょう。

なお、化粧品に含まれる防腐剤は毒性が極めて低く、皮膚の刺激が弱いものが配合されています。

菌の増殖を防ぐために必要な成分ですので、防腐剤自体は健康に害はありません。

どうしても気になる方は、防腐剤が無添加なオーガニック系などの化粧品を使うことをおすすめします。

まとめ

口紅の使用期限は意外と短く、とてもデリケートなアイテムなので

・見た目の変化

・いつもと違うにおい

・使用時の違和感

がある場合はアウトです。思いきって『断捨離』してください。そして少しでも良い状態を長持ちさせるためにも

・正しい保管場所に置いておく

・キャップをきっちり閉める

・リップブラシやチップを使用し清潔を保つ

を実践してみてください。口紅やグロスって、それひとつで顔の印象をガラッと変えることができて、華やかな感じにもガーリーな雰囲気にも自分を演出してくれる、とっても有能で必要不可欠なアイテムですよね。

そんなアイテムを泣く泣く棄てるなんて悲しすぎます。せっかくのコスメが無駄にならないよう、大切に使っていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください