ひらたけのカビの見分け方は?対処法や長持ちさせる方法

ひらたけにカビが生えてしまった!?肉厚で味も旨味もたっぷりあるひらたけ。

ある日、お料理をしようと思ったらカビが生えていていなんてことはありませんか?でも、ちょっと待ってください。

実は、そのカビにみえるもの、食べられる場合があるんです。

この記事を読むことででは、ヒラタケのカビの状態や見分け方、原因と対策を知ることができます。

ひらたけにカビが生えると白い線毛状の綿ができる

ひらたけの傘の部分に白い線毛状の綿のようなものがくっついているときがあります。

一見、「うわっカビが生えてる!」と思ってしまいますが、それはカビではなく「気中菌糸」という菌で、きのこの一部です。

キノコはもともと菌糸体という菌で、胞子を飛ばすことにより子孫を増やしています。キノコになると目的をたっした菌糸体は成長を止めます。

しかし、なんらかの要因が重なると、再びキノコを栄養分にして菌糸体が成長を始めることがあります。この菌糸体が白い綿のようなもので「気中菌糸」といいます。

ということで、キノコの一部なので食べることができるのです。カビは線毛よりももっと短い状態で、色も黒か緑色をしています。

ひらたけにカビが生える原因

フワフワした白いカビのようなもの「気中菌糸」は空気に触れることと、温度変化でできやすくなります。

例えば、ひらたけをパックからだして料理をしたけど、半分しか使わなかったので余った分をまたパックに入れて冷蔵庫に戻す。

こんな時キノコは「あれ?キノコに成長したけど、まだ胞子を飛ばすの早すぎたかな?」と勘違いをしてキノコを栄養分にして菌糸体を成長させ始めます。

カビは適度な温度と有機物があること、湿気があること、酸素があることでできます。

パックからあけてそのまんま、湿度と温度がある常温の部屋にずっと放置しているとできてしまいます。

冷蔵庫のなかでも、パックしないでずっとほうちしていると、残念なことにカビが生えているときがあります。

ひらたけのカビの見分け方は綿毛に着目

実はキノコはカビの仲間で、植物でも動物でもない同じ菌類に属しています。

ひらたけにできる「気中菌糸」は、白くて綿のよな線毛です。かさの部分についていたり軸の部分についていたりします。

これに対して、カビは短くてツンツンしたものです。「気中菌糸」のようにフワフワにはなりません。色も黒や緑色が混じっています。

もっと劣化が進むと、酸っぱい臭いがします。全体的に液状化し、表面がぬるぬるしてしまったらそれは腐っているので食べない方が良いでしょう。

ひらたけのカビは取り除いても食べないほうがいい

カビに見える、白いフワッとした線毛状の「気中菌糸」でしたら、これはキノコの一部なので食べることができます。体に害はありません。

そのままお料理をしても問題ないのですが、見た目が気になる場合は、ささっと水で流してしまいます。または、湿らせたキッチンペーパーで拭き取りましょう。

黒や緑が混じったカビであれば、食べないほうがよいでしょう。お腹をこわしてしまう危険があるので、処分してしいましょう。

次に、ひらたけのカビができないように対処方をみていきましょう。

ひらたけのカビの対処法は保存の仕方に着目

ひらたけは他のキノコよりも水分が多く、カビや気中菌糸ができやすい傾向があります。

また、ひらたけの保存期間は2日から3日間と期間も短いです。

一番は、買ってきたその日に全部食べてしまうことですが、たくさん買ってしまったときなどそうもいかないですよね。

そんなときは、すこしでも長くもたせるために、買ってきたら水洗いはせずに、石づきをとってビニールに小分けして冷蔵庫に保存しましょう。

もし、料理をして残ってしまったら、水分をとるためキッチンペーパーで包んで袋にいれて冷蔵庫保存しましょう。保存方法は、他にもいくつかありますので次にご紹介します。

ひらたけのカビを防ぐ保存方法

冷蔵庫保存…保存期間約1週間 上記のとおり袋に小分けします。

その際、ひらたけのヒダを上にむけて保存すると、ヒダから胞子が落ちるのを防ぎ、劣化を遅らせることができます。

そして水気があればキッチンペーパーでふきとり、野菜庫よりも温度の低い冷蔵庫へいれましょう。

夏は外と温度差があるので、最初からキッチンペーパーで包んで袋に保存します。

冷凍保存…保存期間3週間から1週間 お料理で使う形に切って、重ならないようにバッドなどに広げて凍らします。

使う時は凍らしたままお料理すると風味が落ちません。

塩漬け…保存期間約一年 ひらたけの重量に対して30%の塩を用意します。熱湯でひらたけを2〜3分茹でで保存瓶にいれ、沸かした塩水を注ぎます。

乾燥させる…重ならないようにならべて、水気がなくなるまで天日干します。

保存期間や使う頻度によって、保存方法を工夫すれば、美味しく最後までひらたけを楽しむことができますね。