もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

はちみつにカビが生えないは嘘。腐敗を防ぐ大切なポイント

はちみつはヨーグルトに混ぜたり、砂糖の変わりに加えたりと何かと便利な食材ですが、一度にたくさん消費できるわけではありません。

中には数年前に購入したはちみつがキッチンに眠っているなんてこともありませんか?

久しぶりにはちみつを食べようとしたら、カビみたいなものが生えていて食べられるのか悩むこともありますよね。

この記事でははちみつのカビについて、またカビてしまったはちみつの対処方法や保存方法をご紹介します。

はちみつにカビは生えにくい食材だけど加工品には注意

まずはちみつは水分量が非常に少なく、カビの生存には厳しい環境です。それゆえにカビが生えにくい食材とも言えます。

またはちみつは殺菌力が強いためカビが生えにくい食べ物でもあります。しかし絶対的にカビが生えないというわけではありません。

はちみつにも純度があり、100%のものはカビが生えにくいですが、水飴や水分など薄められているはちみつは残念ながらカビや腐ってしまいます。

いくらカビが生えにくい純度が100%のはちみつでも、白い沈殿物や膜のようなものがあれば気になりますよね。

まず白、薄茶、褐色などのはちみつに近い色をしているものはカビではなく結晶の可能性があります。

そのためカビなのか結晶なのか、見分けがすぐにはつきません。具体的な見分け方は後ほど説明しますね。

しかし黒、緑、青、などはちみつとは関係ない色や見た目が気持ち悪いと思うようならばカビの可能性が高いです。

またはちみつの香りではなくカビの匂いがするようでしたら食べるのはやめましょう。

はちみつの白い沈殿物の正体

冒頭で疑問になっていたはちみつの白い沈殿物の正体のほとんどはブドウ糖の結晶です。

はちみつの主成分はブドウ糖と果糖です。はちみつの中にある花粉や気泡の周辺にブドウ糖が集まることによって結晶ができるのです。

粒状や雲状など形状が様々で白いカビに見えることがあります。つまりこの場合ブドウ糖が固まっただけなので健康被害の心配はなく食べても全く問題ありません。

ただ、この結晶化している状態と白カビの状態肉眼で選別するのがとても難しいと思います。

そもそもどうして結晶化するのか結晶化させないために少しこの結晶化について説明したいと思います。

ブドウ糖の結晶化について

ブドウ糖の結晶化しやすい環境とははちみつは20℃以下で結晶しやすくなり、13〜14℃で最も結晶化が起きやすくなる。

中に気泡があるはちみつに振動を与えてしまった時などです。

この状態で保管していると、半年から約1年の間に容器の底から結晶化が広がっていきます。

はちみつを冷蔵庫の野菜室での保管はこれに当てはまってしまうので冷蔵庫の保存ではなく、常温保存が適切です。

はちみつにカビが生える原因

 

はちみつにカビが生える原因として3つの要因が挙げられます。

瓶にカビ菌が付着してしまった

瓶詰めタイプのはちみつですと、瓶や蓋にカビがついてしまったり、蓋をちゃんと閉めていないことによりカビが生えてしまうことがあります。

カビからはちみつを守るためにはカビ菌が入らないように注意しましょう。

使用したスプーンを使ってしまった

一度口をつけたスプーンなどをはちみつの瓶にいれてしまうと、そこからカビ菌が入り込んでしまいます。

はちみつを瓶から出す時は清潔なスプーンや、スプーンを都度洗うようにしましょう。

保存環境

はちみつは水分が少ない食材とは言え、保存環境が悪いとカビが生えてしまうこともあります。

極端に湿度の高いところに保存するのは控えましょう。はちみつをカビから守るためにはできるだけ乾燥した環境で保存するようにしましょう。

はちみつにカビが生えるのは黒カビ、白カビ

黒いカビ

瓶の淵や蓋に黒いものが付着している場合、それはカビの可能性が高いです。

白カビ

白いカビの場合、まれに緑色のコケのようなものと合体している場合もありかなりグロテスクな場合もあります。

一般的な場合白い斑点のようなものが瓶の中に現れ、広がっている状態が見えます。そして厄介なのがこの白カビと結晶の見分け方!!!

大概の場合結晶だから大丈夫と言われていますが、口に入れるものですし不安ですよね。

結晶なのかカビなのか見分けるにはどうしたらいいの???と思われた方のためにいくつかのポイントをご紹介します

はちみつのカビの見分けかた

カビが生えた状態のところで色の見分けの説明をしましたが、はちみつの中にある白や褐色、薄茶色の泡や膜、沈殿物のようなものはほとんどの場合は結晶であることが多いです。

それでもカビか結晶か、わからないと気持ち悪い時もあるでしょう。

簡単にできるのは、固まりをはちみつからすくい出し、スプーンで砕いてみましょう。

結晶だと硬いためじゃりじゃりしますが、カビであればふにゃふにゃと柔らかいです。

もしくははちみつを湯煎してみましょう。白い固まりなどが溶けてなくなればはちみつの結晶であると言えます。

鍋で約50〜60℃ではちみつの蓋を緩めて湯煎をします。

この時、直火や電子レンジはNG

なぜなら直火や電子レンジだと上記の温度より高い温度で加熱される恐れもあり、はちみつの栄養分が損なわれてしまい味や香りが落ちてしまいます。

このことに注意して湯煎し消えれば結晶。消えなければカビということになります。

はちみつの瓶全体に斑点が広がっている場合は30〜40分くらい長く湯煎してみてください。

はちみつに生えたカビをとっても食べてはいけない

まず黒いカビなどは食べないで廃棄しましょう。しかし白いカビですと黒いカビに比べて毒性が低いため、少量であれば健康に被害を与える可能性は低いと考えられます。

ですが、食中毒にならないためにも食べないようにしてくださいね。

はちみつのカビの対処法

はちみつをカビさせない対処法について説明します。

食べる前

1. はちみつが開封済みの場合、はちみつの匂いや色を確認しカビが生えていないことを確認しましょう。

また保存していた環境が多湿である場合は、蓋周りにカビが生えていないか確認しておきましょう。

もし蓋だけに生えているようでしたら蓋を綺麗に洗っておきましょう。

2. はちみつを瓶から出す際には、はちみつ用のスプーンを用意しましょう。

はちみつにカビの原因となるものを入れないようにするため、専用のスプーンを使う癖をつけておくとカビ菌が入りにくくなります。

食べた後

1 はちみつの蓋を閉める前に、蓋に食べ物のカスが付着していないか確認し、しっかり閉めましょう。

せっかくはちみつ専用のスプーンを使ったのに、蓋にカビ菌を増殖させる素があると努力も台無しになってしまいます。

瓶の蓋を綺麗に拭き取るなどして清潔に保っておきましょう。

2 はちみつを保存する場所は暗く、乾燥した涼しい場所を選びましょう。

いくら純度100%のはちみつとは言え、開封済みの瓶を湿った場所で保存してしまうと蓋の裏などにカビが生えてしまうこともあります。

はちみつ以外にも言えることですが、食材は高音多湿な場所を避けて保存するようにしましょう。

はちみつのカビを防ぐ保存方法

はちみつにカビが生えないように保存する場所が低温乾燥した場所が良いならば冷蔵庫や冷凍庫を想像する方もいるかもしれません。

しかしはちみつは結晶化しやすいため冷蔵庫や冷凍庫に入れず、常温での保存で問題ありません。

はちみつはカビにくい食材ですが、使い方によってはカビが生えてしまうこともあります。

カビが生えないように注意をすれば、全くカビない状態で保存できますから、是非参考にしてください。

まとめ

♦ はちみつ自体はカビが生えにくいが使用方法などによりカビが生える場合がある

♦ カビと結晶の見分ける方法は湯煎で溶かす

♦ 湯煎して消えなければカビの可能性が高い

♦ はちみつは冷蔵保蔵ではなく常温保存で湿気の少ない涼しい

お家にあるはちみつが不安な場合はとりあえず湯煎して確かめてみてくださいね!!

はちみつには殺菌作用があり風邪予防や対策にも効果があります。正しい保管方法で美味しくはちみつを摂取しましょう。