もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

発泡スチロール容器は電子レンジで加熱できる?危険性について解説

お惣菜やお弁当を購入すると発泡スチロール製の容器に入れられていることがあります。

お皿に移し替えるのが手間になり、そのまま電子レンジで加熱してしまったという経験はないでしょうか?

この記事を読むことで、発泡スチロールを電子レンジで加熱しても人体に問題がないのか?また電子レンジで加熱してはいけない容器の種類について知ることができます。

発泡スチロールを電子レンジで加熱しても問題ないのか?

まずは発泡スチロールについて知っていきましょう。発泡スチロールは基本的に電子レンジで加熱することはできない素材です。発泡スチロールはプラスチックの一種の素材でできています。

そのプラスチックの一種である、ポリスチレンを発泡剤で数倍から数十倍に膨らませたものを、シート状に加工して食品トレイやカップ麺の容器など、普段私たちが目にする容器の形に成形しています。

発泡スチロールの素材であるポリスチレンの耐熱温度は80〜90度のため、電子レンジで加熱すると耐熱温度を超えて溶けてしまいます。

そのため発泡スチロールの容器を加熱することによって、容器自体が縮んでしまったり穴が開いてしまう可能性があります。

ですが意外なことに、発泡スチロールの容器のみを加熱してもほぼ容器が変形したり溶けることはないとされています。

ではなぜ容器のみを加熱した場合、変形しないのでしょうか?それはスチロールの容器は98%が空気で構成されているためです。

電子レンジの水分子を振動させ加熱させることで内部から温めるという仕組みのため、水分がほとんどない発泡スチロール容器の場合変形したりする心配がないのです。

しかし、食品が容器に入っている場合は別問題です。食品自体の温度が80〜90度以上になったときに、その部分から徐々に容器が溶け出す可能性が考えられるので注意が必要です。

これらのことから耐熱温度が低い発泡スチロールの容器に食品が入っている場合は特に、電子レンジで温めないようにしましょう。

発泡スチロールを電子レンジで加熱した食べ物は人体に問題があるのか?

食品が入っている発泡スチロール容器を加熱した場合、上記のように食品の温度が発泡スチロールの耐熱温度を超えると溶け出す可能性があると述べました。

その溶け出した発泡スチロールが食品にどのように影響するのかを考えていきましょう。

電子レンジの加熱により容器が変形したり、穴が開いたりした場合は、容器が収縮しているため実際になにか液体や素材が流れ出ているということではないとされています。

そのため変形した容器に入っていた食品を食べても人体に問題はないです。

特段人体に影響はないとされていますが、容器が変形していると食べない方がいいのではないかと不安になると思います。

そのように心配になるのであれば、発泡スチロールの容器に入った食材を電子レンジで温めたい場合には素直に容器を移し替えて温めるようにしましょう。

電子レンジで加熱してはいけない容器とは?

電子レンジ加熱不可の容器は、例えば、以下のような素材でできているものです。

・アルミホイル

・金属容器(缶詰など)

・ホーロー

・ふた・金属容器

・紙袋

・ビニール袋

・フィルム容器

・プラスチック容器

・発泡スチロール

・耐熱性のないガラス容器

上記にもありますが。たいていのプラスチック製品は燃えてしまいます。またプラスチックが原料の発泡スチロール容器も可燃物のため加熱することは危険です。

しかし、電子レンジで加熱しても問題ない安全性の高い発泡スチロールの容器もあります。逆に何も表記のない容器は加熱することはできません。

一方で、電子レンジで加熱しても問題ない容器には、陶器や耐熱容器、シリコン容器などがあります。

電子レンジは内側から熱くなるという仕組みですので、中が熱を帯びてはいけないものを温めてはいけません。

発泡スチロールの容器は、ポリスチレン樹脂を膨らませたり過熱することによって作られているため、ほとんどのものが柔らかく熱さに弱いです。

これらのことから、容器の耐熱表記をよく確認した上で電子レンジで加熱できるできないを判断し、電子レンジで加熱するようにしましょう。

まとめ

・発泡スチロールの容器だけを加熱してもほぼ容器が変形したり溶けることはない。

・食品が入った発泡スチロールの場合は、レンジで加熱してはいけない。

・発泡スチロール容器がレンジの加熱により変形してしまっても、その容器に入った食品を食べても人体に問題ない。

・電子レンジで加熱する容器の耐熱表記を確認した上で加熱する。

原則として、発泡スチロール容器に入った食品をそのまま電子レンジで加熱することは望ましくないです。

少し手間になってしまいますが、買ってきたお惣菜やお弁当はそのままの容器で加熱するのではなく耐熱容器に移し替えて加熱するようにしましょう。

電子レンジで加熱した食品を安心して食べられるように、この一手間を心がけるようにしてみましょう。