もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

コンセント差しっぱなしは電気代が高くなると勘違いしていませんか?

テレビやwebでよく見かける『コンセントはこまめに抜いた方が電気代は浮く』という話。

わたしもその話を信じてあちこちのコンセントを抜くように心がけていたのですが、本当のところはどうなんだろう?と気になっている人は多いはず。

この記事では、コンセントを差しっぱなしにする方が良いのか、悪いのか?、差しっぱなしの方が良いもの、抜いた方が良いもの、そして、オススメの節電方法まで徹底的に紹介します。

この記事を最後まで読むと、どの電化製品のコンセントを抜いた方が良いのか?そしていつ抜いたらいいのか?まで分かるようになり、コンセントと電気代について悩むことがなくなります。

コンセント差しっぱなしだとどのくらい電気代はかかる?

コンセントを差しっぱなしにするとわずかですが電力が消費され、電気代がかかります。

その電気代のことを待機消費電力(待機電力)といい、全体で使われた電力の約6%と言われています。

1ヶ月の電気代が1万円の方の場合、1万円のうちの600円が待機電力として消費されています。1年間にすると7200円。塵も積もれば山となる、ですね。

こまめにコンセントを抜いたら電気代は浮くの?

わたしは全てのコンセントで待機電力がかかると思っていたので、家中のコンセントを抜きまくっていたのですが、それは間違いでした。

コンセントを抜いた方が電気代が浮くもの(大きな待機電力がかかるもの)と、コンセントを抜かなくても電気代はほぼかからないもの(待機電力が微々たる額であるもの)があるのです。

待機電力のかかるものの例

 

・リモコン

・ガス給湯器

・エアコン

・テレビ

・ファンヒーター

待機電力がほぼかからないものの例

 

・ドライヤー

・トースター

・こたつ

家電のコンセントって抜いた方がいいの?

家電のコンセントは抜いた方がいいものと抜かなくてもいいものがあります。待機電力がかかるものは基本的には抜いた方が良いと思われがちですが、例外も多いです。

エアコンの場合

待機電力がかかると言われているエアコンですが、エアコンはコンセントに差しっぱなしの方が電気代がかかりません。なぜなら、エアコンはコンセントを挿したときに最も電力を使うからです。

エアコンはコンセントに挿してから数時間は、運転させずに室外機との連携を図る時間を取らなければなりません。

うっかりコンセントに差してすぐにエアコンを起動してしまうと、エアコンを痛める可能性もあります。

そして毎回そんなことをしていたら、待機電力よりたくさんの電力を消費するだけでなくエアコンを壊しかねません。

だから、エアコンは待機電力はかかるけれどもコンセントは抜かない方が良いのです。

皆さんも経験があると思うのですが、新しいエアコンに変えたときは電源を入れてから何時間かは待ち時間がありますよね。

このようにエアコンは起動時、室外機との連携準備をするので、とても沢山の電力を消費します。毎回毎回、何時間も待っていられませんしね!

もし、どうしても抜きたいときは、長期で家にいないときや季節の変わり目でエアコンが必要ないときに抜くと良いです。

春や秋はエアコンをつけなくても快適に過ごせる気候の日が多いですよね。そんな快適な季節だけはコンセントを抜いてしまっても大丈夫です。

テレビの場合

テレビは待機電力がかかる家電です。でも、テレビのコンセントは抜く必要がないんです。

なぜならテレビの待機電力は、この数十年で半分以下にまで抑えられるようになったからなんです。

テレビの待機電力は1日で2.4W。以下、目安を示しますのでチェックしてみてください。

1W

0.5W

0.1W

230円/年

115円/年

23円/年

テレビの待機電力は1日で2.4Wなので、年間にすると約552円となります。

毎回毎回コンセントを抜くというよりは、長期の旅行に出かけるときに火災予防として抜くくらいの気持ちで大丈夫な額ですね。では、必ず抜いた方が良い家電製品は何でしょう?

コンセントを抜いた方がいい家電製品

ではコンセントを抜いた方がいい家電製品は何なんでしょうか?ざっと調べた感じ、待機電力がかかるという理由で抜いた方がいい家電製品は見当たりません。

なぜなら待機電力が大きくかかる家電は、必ずつけておかなければならないような物が多いからです。

例えば、ガス給湯器は待機電力が多くかかる代表選手(年間1800円ほど)です。

しかし、真冬に使わないからといってコンセントを抜いてしまうと、ガス給湯器自体が凍結して使えなくなってしまう可能性があります。

他には、固定電話やwi-fiなども待機電力は多め(年間800円から1500円)ですが、いつどんな連絡が来るかわからない固定電話を切ってしまうのは不安です。

節電するためのオススメの方法

わたしはかなりケチな分類に入る方で、電気代やガス料金には目を光らせています。

この5年間、一人暮らしをして電気代は1ヶ月多いときで2000円、少ないときは1000円未満でした。

しかし、結婚をして生活スタイルが違う夫と過ごすようになって、少しだけ電気代が上がり試行錯誤を繰り返しました。

節電するためには使わないことが第一なのですが、寒い冬にエアコンもつけないで一日家にいるのは厳しいですよね。

そこでわたしは、冬にしては低い温度設定で24時間付けっ放しにしてみたのです。

エアコンをほぼつけない冬の電気代24時間付けっ放しの冬の電気代
・2019年12月 2920円

・2018年1月 3716円

・2018年2月 3572円

・2018年12月 5037円

・2019年1月  7068円

・2019年2月 5658円

上の表は記録が残っている分になるので2017年の12月分は出てこなかったので、2019年の12月分を示しました。

わたしの場合、昼間基本的に家にはおらず、夜も帰ったらシャワーを浴びてすぐに寝てしまうような生活をしているので、エアコンは付けっ放しにしないほうが断然安く済みました。

寒いと感じにくくする方法

気をつけていたのは、24時間付けっ放しにするときには設定温度を20度より下にすること。もちろん暖かいわけではないのですが、冬場に家の中で半袖を着て暮らす必要はありません。

ユニクロやGUで可愛くて高性能な部屋着が沢山売られているので、暖かい部屋着も活用して凍えない程度の温度設定をキープしました。

ガスコンロで鍋料理を!

ガスコンロを使って鍋料理を目の前で作ることで、気持ち的にも暖かく、熱々の鍋をいただくことで体も温まります。

もちろんカセットコンロ代は侮れない部分があるのですが、電気代の高いこたつやハロゲンヒーターを毎日使うよりは少なく済みます。

まとめ

コンセントを抜いた方がいいもの、抜かない方がいいものには待機電力が大きく関係していることがわかりましたね。それでは、もう一度確認してみましょう。

・コンセントを差しっぱなしにしたときの電力は、総電力の約6%

・待機電力は大きいものと小さいものがある。

・待機電力が大きいものは必ず必要なものが大半。

・コンセントを抜いた方がいい家電はほぼない。

・節電のためには使わないだけではなく、使わないことを不便と思わないうような工夫が必要。

節電のためにコンセントを抜く方が良いと言われていますが、実際はそうでもないことがわかったかと思います。

この記事に書かれていることを実践すれば、電気代のかかりやすい冬場でも簡単に電気代を浮かせることができます。