もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

手作りのブラウニーの日持ちはどのくらい?長持ちさせる保存方法

誰もが一度は口にしたことのあるブラウニー。最近ではコンビニでも手軽に買うことができ、一方では専門店が出来るほど人気がありますよね。

噛んだ時のナッツ類の食感とチョコレート生地のコンビネーションに虜になっている人も多いかと思います。

ブラウニーは手軽に作ることもできるので、自宅で焼くという方も多いことでしょう。そんな手作りのブラウニーはどのくらい日持ちするものなのかご存じですか?

この記事では、手作りのブラウニーの日持ちがどれくらいなのか、長持ちさせる保存方法、そして、保存するときの注意点をご紹介します。

手作りのブラウニーの日持ちはどれくらいか

ブラウニーはアメリカ発祥の伝統的なお菓子です。貴族のみが食べていた時代もありますが、今では誰もが手にできる洋菓子となりました。

ブラウニーの作り方はそれほど難しくありません。チョコレートと小麦粉、牛乳、ココアなど、家庭に常備してあるような材料で出来ます。

それに主にクルミを細かくしていれ、型に入れて160度程度に温めたオーブンで約30分焼くだけ。クリスマスやバレンタインデーにプレゼントとして作る人も多いお菓子の一つです。

ブラウニーといっても種類はさまざま。ふんだんにナッツ類が入れたれたものもあれば高級チョコで作られたもの、ドライフルーツが入ったものなど、作る人によって違うもの。

中には手軽に作ることのできるキットを売っているお店もあります。手軽に作れるのであれば、大好きな人にプレゼントしたいし、たくさん作りたいですね。

しかし、ブラウニーは焼き菓子なので長持ちしそうですが、実際どのくらい日持ちがするものなのでしょうか。

ブラウニーの日持ちは保存方法によって違ってきます。常温で2〜3日、冷蔵で3〜5日、冷凍だと1ヶ月というのが一般的です。

しかし夏はどんなものでも悪くなるのが早いので、常温保存は避けた方が良さそうです。冷蔵か、または長く食べることが出来るように冷凍保存を選んだ方が良いでしょう。

手作りのブラウニーを長持ちさせる保存方法

手軽に作れるブラウニー。いつでも手軽に食べたいからたくさん作るという人もいるでしょう。

でもたくさん作ったブラウニーをすぐに食べるのは難しい、長持ちさせて少しずつ食べたいという場合、どんな方法で保存するのがいいのでしょうか。

ブラウニーは焼いてから1〜2日ほどおいた方が美味しくなると言われています。お店でも焼いたその日に販売することはほぼないようです。

焼いた後置いておく時間が生地をよりしっとりさせ、格段においしくなるために大切な方法なのです。

しかしそのまま放置しておくともったいないことになります。そのまま置いておくと生地から水分がどんどん放出してしまい、しっとりとした触感が失われてしまいます。

ブラウニーを長持ちさせることには、以下の方法がお勧めです。それをすることによって、長く美味しく食べ続けることが出来ます。

まず、自宅で作った場合には乾燥を防ぐためにラップで完全に包んで保存するのがいいでしょう。フリーザーパックにいれておけば更に間違いはないでしょう。

しかし焼きたてのブラウニーをすぐ冷やしてしまうのは間違いです。ブラウニー独特のしっとり感が失われてパサパサの生地になってしまいがちです。

そのため1日程度は日の当たらない場所に置き、常温で保存するのがオススメです。そして、粗熱が取れたら、乾燥を防ぐためにラップでしっかり包んでおくようにしましょう。

手作りのブラウニーを保存するときに気をつけること

手作りのブラウニーはお店で売っているものとは違い、保存料は入っていません。ですので、1〜2日ほど置いた後は早めに食べ切ってしまった方が良いでしょう。

もししばらく保存する場合は、冷蔵か冷凍保存をしましょう。しかし、冷蔵・冷凍保存をすると風味が損なわれてしまう可能性があります。

冷蔵の場合にはレンジで温めてから食べると良いでしょう。もしパサパサしていたら表面に軽く水分を与えてから温めるとしっとり感が復活します。

冷凍の場合は必ず自然解凍をしましょう。レンジで解凍すると一気に水分がなくなり硬くて食べられないという可能性に繋がります。

また、解凍したブラウニーは1〜2日しか日持ちがしません。冷凍する場合には事前に小分けにして冷凍するか、または食べ切ってしまう事が肝心です。

まとめ

・ブラウニーの日持ちは、常温で2〜3日、冷蔵で3〜5日、冷凍だと1ヶ月。

・ブラウニーは、焼いてから1日程度は日の当たらない場所に置き粗熱を取った後に、乾燥を防ぐためにラップでしっかり包むのがオススメ。

・冷蔵したブラウニーを食べる場合は電子レンジであたためる。冷凍した場合は、必ず自然解凍をする。

ブラウニーは保存方法によっては長く美味しく食べることが出来ることが分かりましたね。

老若男女、誰にでも愛されるブラウニーを正しい方法で保存することで、いつでも手軽に食べることができます。

たくさん作ってプレゼントにも喜ばれるブラウニー。皆さんも手作りして渡してあげるときに、保存方法を教えてあげると更に喜ばれることでしょう。