もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

ゼラチンの代用品6選 | 家にある調味料で簡単に再現!

お菓子などを作る際、ゼラチンが手元になかった、賞味期限が切れていたという経験はありませんか。実は、ゼラチンは身近なもので代用することができます。

なぜなら、ゼラチンの代わりとして使うことのできる材料は私たちが思っている以上にたくさんあるからです。

この記事では、ゼラチンの代用品として使える材料を6つ、ゼラチンでは固まらないもの、板ゼラチンと粉ゼラチンの違いをご紹介します。

この記事を読み終えると、ゼラチンの代用品として使える材料が分かり、ゼラチンの扱いに詳しくなれると思います。

ゼラチンの代用品6選

寒天

ゼラチンの代用品まず1つ目は、寒天です。寒天は、ゼラチンに比べて少しかための食感になります。

寒天の原料は海藻のテングサやオゴノリです。パウダー状の粉寒天のほかに、棒状の防寒天、糸状の糸寒天などがあるのも特徴です。

色寒天はふやかせば、そのままサラダやスープに入れて食べることができます。寒天は固まる温度が高く、冷たい液体と混ぜると分離してしまうので、注意しましょう。

寒天は力強く、歯切れのよい食感なので、ようかん、ところてん、杏仁豆腐などのお菓子を作る際におすすめです。

また、寒天は水溶性、不溶性の食物繊維が74%以上含まれるので、便秘に悩む方へおすすめです。さらに、カロリー0なので、ダイエット効果も期待できます。

溶ける温度固まる温度
90度以上65度以下

アガー

海藻から抽出した食物繊維や植物の種子から抽出した多糖類が原料です。手早く作業する必要があるので、レシピを確認してから作業するようにしてください。

ダマになりやすいので、溶かす前に砂糖と混ぜておくといいでしょう。アガーは無色無臭のため、素材の味を邪魔しません。つるりとした透明感があり、ゼリーを作る際におすすめです。

溶ける温度固まる温度
90度以上35~60度

マシュマロ

ジュースにマシュマロを溶かてかためるだけで簡単にゼリーを作ることができます。マシュマロは多くのコラーゲンを含んでおり、美容効果が期待できます。

片栗粉

片栗粉のもともとの原料はカタクリという植物ですが、現在ではジャガイモが原料の主体となっています。加熱することで固まる性質なので、加熱してとろみをつけたものを冷やします。

ゼリーには不向きですが、和菓子系やミルクプリンに適しています。また、片栗粉は天ぷらの代用品として使うことができます。

ペクチン

ペクチンとはりんごなどの柑橘類に含まれる複合多糖類です。ジャムがドロッとしているのも、ペクチンの働きによるものです。

ペクチンには2種類あるので、酸度や糖度に応じてより適したペクチンを選びましょう。なお、ペクチンは加熱しすぎると壊れるので気をつけてください。

HMLM
酸度の高いジャム、柑橘系のマーマレードをゲル化。滑らかなムース、ゼリー、デコレーション、上掛けにも使える。

 

溶ける温度固まる温度
90~100HMペクチン 60~80度
 LMペクチン 50~100度以上

ペクチンは、お店に買いに行かなくてもりんごから作ることができます。手順は、まず水洗いしたりんごを皮付きのままカットします。

次に、りんごの重さ1割程度のレモン汁と2倍の重さの水を加えます。それから弱火で1時間加熱して、熱いうちにろ過したものがペクチンです。

ペクチンを含まない果物でジャムを作る際、このペクチンによりとろみのあるジャムを作ることができます。

葛粉

葛粉とは、葛(クズ)という多年草の植物の根っこをでんぷん精製したものです。

葛餅や葛切りなどに使われるこの材料は、癖がなく、ゼラチンの代用品として使う際に様々な用途に使えて、応用も利きます。

葛粉の分量を増やすともちっとした食感に、減らすとつるりととした食感になります。

ゼラチンでは固まらないものも

ゼラチンでは固めることのできないものもあります。そんな折に、寒天やアガーなどの代用品が役に立ちます。

寒天は酸に弱いため、オレンジジュースはあらかじめ加熱するなどし、フルーツは缶詰のフルーツを使う必要があります。生のパイナップルは、自分でカットする必要があります。

板ゼラチンと粉ゼラチンって何が違うの?

板ゼラチンと粉ゼラチンは、名前こそ異なりますが、板ゼラチンは粉ゼラチンで代用できますし、逆も可能です。

どちらも成分は同じなので、同じ量を置き換えれば大丈夫です。ただ、厳密に同じ分量を用意するのは難しいです。

そのうえ、板ゼラチンの方が口当たりはなめらかなので、仕上りに影響します。それでも、代用品としては使いやすい材料なので代用できます。

まとめ

・ゼラチンの代用品は、次の6つがおすすめ

【寒天、アガー、マシュマロ、片栗粉、ペクチン、葛粉】

・ゼラチンで固めることのできないパイナップルやキウイなどを固める時は、代用品が役立つ

・板ゼラチンと粉ゼラチンは互いに代用可能

この記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございます。この記事で伝えたいことは、上記の3点です。

皆さんも、ゼラチンが家にない時は、この記事で紹介した代用品を使ってみてはいかがでしょうか。