もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

油揚げの消費期限はどのくらい?傷んだ時の見た目や味、保存方法

油揚げは煮物や味噌汁など、いろいろな料理に便利な食材ですよね。

でも、うっかり油断をして、「気が付いたら消費期限を過ぎていた」「まだ食べても大丈夫なのか不安…」っていう事はありませんか?

この記事を読むことで、油揚げの消費期限が過ぎても食べて大丈夫かどうか、期限切れた時の味や見た目、余ってしまった油揚げの活用方法、効果的な保存方法を知ることが出来ます。

記事を読み終わる頃には、冷蔵庫のなかで消費期限を切らしてしまいがちな油揚げを、最後まで無駄なく使うことができるようになります!

油揚げは何日くらいなら消費期限を過ぎても大丈夫?

油揚げの消費期限は、製造日から5日目というものが多いです。消費期限が製造日から1週間とか10日目という商品も中にはあります。

ここで言う消費期限とは、未開封の食品を「安全に食べることのできる期間」を示します。つまり、劣化や腐敗による食中毒など衛生上の危険がない期限です。

製造日、もしくは加工日から5日ほどで劣化する恐れがある食品に表示されています。一方、賞味期限は未開封の食品を「美味しく食べることのできる期間」となります。

油揚げの場合には、大半の場合、消費期限が表示されています。では、消費期限または賞味期限を過ぎてしまった油揚げは、口にしても問題ないのでしょうか?

実は、冷蔵庫に入れた状態で未開封であれば、期限を過ぎていても1日から2日ならまだ大丈夫です。

ただし、すでに開封した後の商品は、期限に関係なく劣化がすぐに進んでしまうものが多いので、なるべく早めに使い切るのがよいでしょう。

消費期限が過ぎている場合は、自己責任で使用するかどうかを判断しなければなりません。状態をしっかりと見極めましょう。

賞費期限が切れた油揚げの味や見た目

賞費期限を過ぎた油揚げは、とうぜん味が落ちてしまいます。そのままにしておくと、味だけではなく品質も徐々に劣化してしまい危険です。

油揚げは大豆製品です。タンパク質を主成分とする豆類は、腐ってくると酸っぱい匂いがします。また劣化した油揚げは、腐敗菌が原因で表面がぬめぬめした状態になります。

さらに、黒いカビが付き始めることもあります。また、未開封の状態で冷蔵庫に保存してある場合、劣化が進むと油揚げの袋がパンパンに膨張することがあります。

これは、袋の中で、菌によるガスが発生するために起こります。こうした場合、油揚げの使用はやめておきましょう。劣化した油揚げをうっかり食べてしまうと危険です。気をつけたいですね。

余ってしまった油揚げの活用法

油揚げは、いなり寿司やきつねうどんなど主役としても、ひじきの煮物など脇役としても使える万能食材です。

また、少しだけ余ってしまった油揚げも、いろいろな料理に活用することができます。

ここでは、冷蔵庫の中にある他の食材と一緒に調理することで、簡単に作れるおすすめメニューの一例をご紹介します。

・小松菜と油揚げの炒め物

・しめじと油揚げの炒め物

・豆苗と油揚げの炒め物

・コンニャクと油揚げの炒め物

作り方はどれもとても簡単です。まず短冊切りにした油揚げとそれぞれの食材を、しんなりするまで油で炒めます。

そこに、塩、コショウ、醤油、中華だしの素、柚子胡椒などお好みの調味料で味付けするだけです。

油揚げを長持ちさせる保存方法

油揚げは、たとえ未開封の状態で冷蔵庫に保存していても、劣化が早い食品です。なので、保存の方法を知っておくことはとても大切です。

油揚げは、常温では保存することはできません。必ず冷蔵庫内で10℃以下の状態で保存しましょう。

消費期限から2日以内に使い切れない場合は、あらかじめ冷凍保存しておくことがおすすめです。

油揚げの冷凍保存

未開封の状態であれば、油揚げは袋のままで冷凍庫に入れて保存しておきましょう。しかし冷凍する前に油抜きをしておくと、さらに長持ちさせることができます。

おすすめの方法は油抜きをした後、油揚げを調理しやすい大きさにカットして、そのあと冷凍保存することです。

油抜きをせずに冷凍保存した場合→2週間ほどは大丈夫

油抜きをしてから冷凍保存した場合→1か月間ほどは大丈夫

どちらにしても、冷凍保存する場合は購入してから、出来るだけ新鮮なうちに冷凍することで、美味しさが少しでも長く保てます。

凍保存した油揚げの調理方法

油抜きをしていない場合→冷凍した油揚げに熱湯をかけます。そうすることで、油抜きも同時にできます。

油抜きをしてある場合→そのまま調理に使えます。

たとえ冷凍保存した場合でも、風味を損なわないためにはなるべく早く食べ切るようにしましょう。

まとめ

・油揚げの消費期限は、製造日から5日目くらい。開封であれば消費期限を過ぎた場合でも、通常1日か2日までならまだ大丈夫。

・油揚げは消費期限を過ぎて品質が劣化すると、酸っぱいような匂いがする。また、表面がヌメヌメした状態になり、黒いカビが付き始めることもある。

・余ってしまった油揚げは、いろいろな料理に活用できる。

・油揚げは、冷凍保存することで長持ちさせることができる。

油揚げは和風の料理には欠かせませんが、消費期限が短い食品でもあります。そのため少し余ったまま使い忘れて無駄にする、ということもありがちです。

余ってしまった油揚げは、簡単に作れる料理で早めに使い切ってしまいましょう。

スーパーで安売りになっていたので少し多めに買っておいたのに、気が付けば冷蔵庫の中で消費期限が過ぎていたなんていうのも、もったいないですよね。

せっかく買った油揚げを上手に保存して、美味しい状態で長持ちさせましょう。