もち米トリビア:洗い方から浸水時間、蒸し方までお教えします!

スポンジケーキが生焼けの時の対処法 | 作るときのコツや注意ポイント

クリスマスや誕生日に一回だけでもスポンジケーキ作ったことがあると思います。

レシピ通りに作ったつもりが食べてみると生焼けになっていた・・・と経験がいくつもありますよね。それでガックリくることも・・・。

そうならないように対処法を知っておきましょう。

スポンジケーキの生焼けになってしまう2つの原因

食べる前にチェックポイントを知っていきましょう。

①表面に色がしっかりついて、弾力性があり触ると指のあとが残らない。

②竹串で刺して、竹串に生地がついてこない。

ここはチェックしていただきたい項目です。ではなぜ、生焼けになってしまうのか原因を探っていきましょう。

原因としては、一つ目はちゃんと焼けず、オーブンから取り出した後に萎んでしまいます。焼けてないと触ったりナイフで切るとベトベトしてしまいます。

二つ目は、泡立て不足、泡立てすぎて縮んでしまうということです。

泡立て不足だとケーキが膨らまないですが泡立て過ぎてしまうと一回膨らむがその後縮んでしまう現象がおきてしまいます。

実際に泡立て方はどんな工夫すれば良くなるか、泡立てるポイントは5つあります。

スポンジケーキを泡立てる5つのポイント

1.卵の温度は温める

砂糖と混ぜる前にお風呂の温度くらいまで温めることがポイントになります。こうすることで卵の性質で温度が高いと泡立ちがよく、低いと泡立ちづらいとされています。

また、高すぎてもダマになってしまうので40℃前後にしておきましょう。

2.しっかり泡立てる。

このしっかり泡立てるとは空気を含みながら立体的に生地がはっきり残る状態を言います。泡立ちが悪いとスポンジは膨らみは悪く、スポンジも硬くなります。

3.砂糖の量に注意しましょう。

砂糖は甘味の役割だけではなく、卵に溶け込み、シロップのような粘りをつける役割をしてます。そのおかげで泡が潰れにくくなります。

入れ過ぎてもダメです。粘りが強くなり泡立ちが悪くなるので目安としては卵の重さの半分程度です

4.正しい混ぜ方で混ぜましょう。

ゴムベラは丸い方を下にして、軽く握手をするように握ります。

こうすることで混ぜやすいです。また、ひらがなの『の』を描くようにして手首を返しながら粉を抱き抱えながら混ぜましょう。

5.混ぜ過ぎないようにしましょう。

正しく混ぜたとしても混ぜ過ぎては泡を潰してしまいます。ポイントとしては、リボン状になることです。リボン状とは

リボンのように繋がってひだのように重なり合うことを言います。(文字が書けるくらいでも大丈夫です。)

混ぜ方にも注意が必要です。このポイントに気をつけないと生焼けしやすくなります。こうなった時の対処法を知っておいた方が良いでしょう。紹介していきます。

スポンジケーキが生焼けになった時の対処法

生焼けはオーブンの熱が弱く、内部の生地が温められず液状が残る原因がありました。この場合は再びオーブンに入れて焼き直しましょう。

しかし、そのままだと表面がカチカチになってしまいます。

そうならないためにアルミホイルを使います。アルミホイルを上からかぶせ、蒸し焼き状態にしておきます。こうすることで焦げも防ぐことができます。

他には電子レンジを使ってみてください。オーブンは内部から温めるため時間がかかるため電子レンジを使えばオーブンより早めに温めることができます。

電子レンジを使用する時は金属の型から外してラップで包んで600Wで様子を見ながら温めてみてください。

これを知っておけばある程度は美味しく食べられます。でも、失敗する前に上手に作るコツを知っておいた方が良いと思います。

なので紹介しておきます。

絶対に成功するスポンジケーキを作るレシピの紹介

  • 全卵
  • L玉およそ2個分
  • 薄力粉   60g
  • グラニュー糖  55g
  • バター 10g
  • 牛乳   10g

ケーキを作る時の材料は準備しておきます。

(下準備)

①薄力粉はふるいにかけておきます。最後らへんはダマになりやすいので手でほぐしてください。

②側面から底面へテコ型に紙をセットしておきます。

③バターを溶かし、牛乳と混ぜておきます。

では本題へいきましょう。

  • 全卵を泡立てます

1、全卵にグラニュー糖を加え、素早く混ぜ、ハンドミキサーを使用してグラニュー糖を溶かします。この時のミキサーの速度は中速で空気を含ませながらしていきます。(1分くらい)

※初めから湯煎してしまうと卵が固まる可能性があるため

2、湯煎につけていきます。70℃の湯煎に全卵が入ったボウルをつけ、全卵が40℃くらいになるまで混ぜていきます。(手につけ、人肌程度温まっているか確認する。)

3、湯煎から外す。40℃程度になったら湯煎から外し、泡立てていきます。ここでハンドミキサーを高速にし、ボウルを斜めにして泡立てます。※斜めにすると早く泡立ちます。

ある程度泡立てたらボウルを元に戻し、更に泡立てていきます。ボウルを回しながらハンドミキサーも回していきます。

ここでポイントです。しっかり泡立てますがしっかりとは上記にある通りリボン状になるまでです。目安としては文字が書けるまで混ぜてください。(10秒程度残るくらい)

4、生地をきめ細かくしていきます。ここではハンドミキサーを低速にしていきます。そして、上下に動かしながらボウルもゆっくり回していきましょう。(1分程度)

※この作業が重要でオーブンの中で大きな泡が小さい泡をのみこんでしまい、生地が荒くなってしまいます。

  • 薄力粉を3回に分けて入れていきます。

上記記に通りにゴムベラで丸い方を下にしてのを描くように手首を返していきます。薄力粉が混ざる一歩手前で2回、3回と入れてください。

※混ぜ過ぎると空気(泡)が消えてしまいます。3回目は混ざり切っても大丈夫です。

  • バターと牛乳が混ざり合ったところに生地の一部を入れます。

※一気に入れてしまうと液状のものが沈殿してしまいます。少しとろみをつけて、本命の生地に入れていきます。この時に沈殿を避けるためゴムベラに当てながら入れていきます。

  • 型に入れていきましょう。

生地を型に入れていきますが最後らへんに残る生地は弱っているため元気な生地と綺麗に混ぜてください。混ぜないとあとが残ります。入れ終わったら2回型を落とし、空気を抜かしてください。

  • 170℃余熱したオーブンに入れていきましょう。(30分程度)

焼き終わったらしっかりとチェックをいてください。竹串に生地がついてこなければ完成となります。

このレシピは調べたものです。今はネットにいくつもの簡単レシピが載ってます。よかったら参考にしてみてください。

スポンジケーキを作る時の注意点すること

前もって下準備をしておきましょう。例えば、オーブンの余熱の準備やバターと牛乳を混ぜておくことです。そして、空気を抜き終わったらオーブンに早めに入れてください。

このようにするのはなぜか、それは泡をなるべく消さないようにするためです。出来上がったら型から外し、すぐデコレーションしたくなりますが

一晩寝かしてください。そうするとしっとりしたケーキになります。

まとめ

調べてみてお菓子全般ですが奥深さがあり、生地がとても重要です。一番重要なのは素早く作るということがコツになってくると感じます。

今回はスポンジケーキで重要なことは、卵は人肌程度に温めることや生地を混ぜる時も空気を含みながら混ぜ泡が完全に消えないようにすることが美味しく作るポイントです。

難しいですが慣れてきたら楽しく作れると思います。ぜひ、参考にして挑戦してみてください。