手作りジャムが固まらない本当の理由 | 原因と簡単に解決できる方法

あなたは、果物などを使ってジャムを作ったことがありますか?

はたまた、プレゼントなどでもらったことがある、という方もいらっしゃると思います。

ジャムって、ヨーグルトにかけても美味しいし、パンに塗っても美味しい。スイーツ作りにも重宝しますし、けっこう万能ですよね。

しかし、「手作りでジャムを作ってもうまくジャムが固まらない…」など、手作りならではの悩みが出てきてしまうのも事実ですよね。

ここでは、そんなあなたに必見の手作りジャムが固まらない原因とその対処法、手作りジャムを作るコツ、などをお伝えしていきます。

手作りジャムが固まらない原因

砂糖が少ない

そもそも、ジャムはイチゴやブルーベリーなどの果物で作る場合が多いですよね。果物は甘いので、カロリーのことを考えると砂糖の量を減らしたほうがいいかな、と思い、砂糖を少なめに入れる方がいらっしゃいます。

しかし、砂糖の量が少なすぎるとうまくジャムが固まらない大きな原因となるので、ここでしっかり覚えておきましょう。

酸が不足している

酸が不足している場合にも、ジャムが固まりづらくなります。使用する果物の成熟具合によっても酸の量は変わるので、注意が必要です。

ペクチン不足

ペクチン、ってなに?と聞き慣れない方が多いと思います。ペクチンとは、簡単に言えば食物繊維です。果物を煮ることによって、果物からペクチンがお湯の中に成分として溶けます。

それを糖分と一緒に煮詰めることによって、果実中の酸との作用によりゲル化(ゼリー化)します。

煮詰める時間が短い

手作りジャムを作るには、ある程度の水分を飛ばす必要があります。水分が少なすぎると固くなりすぎてしまう場合もありますが、果物の状態を見ながら煮詰める時間を調節するとよいでしょう。

手作りジャムが固まらない時の対処法

砂糖が少ない

果物の重さの60%以上の量の砂糖を入れましょう。砂糖の量は少なくするよりも多めに入れることによって、保存期間が長くなるという効果もあります。

酸が不足している

レモン汁を加えると、とろみがつきやすくなります。市販のレモン汁であれば手軽に加えることができるので試してみてください。

ペクチン不足

できるだけ新鮮な果物を使用しましょう。または、ペクチンを多く含むリンゴの皮を一緒に煮詰めると効果が期待できます。

煮詰める時間が短い

水分が少し残るくらいになるまで、しっかり煮詰めましょう。果物の状態を見て、その都度時間を調節しましょう。

手作りジャムを作る時の注意点

手作りジャムが出来上がると、思っているよりもとっても熱々のジャムになります。グツグツしっかり煮詰めているため当たり前なのですが、その時に“やけど”をしないように気をつけましょう。

煮詰める準備ができたら、加熱をする前に、ゴム手袋などをすることをオススメします。

また、完成したジャムを入れる瓶などの耐熱性の保存容器を準備しておきましょう。もしも手作りジャムを多く作りすぎてしまったら、職場の方や友人にプレゼントすると喜ばれること間違いなしです。

手作りジャムを作るコツ

これまで手作りジャムが固まらない原因やその対処法などについてお伝えしてきましたが、意外と一番気になるところは、「美味しくできるコツ」ですよね。

“失敗しないように”、よりも、“どうやったら美味しくできるのかな?”と考える方がきっと満足のいく仕上がりになると思います。

美味しい手作りジャムを作る一番の近道は、まずは『レシピ通りに作る』ことです。最近では、ネットで調べられるだけではなく、料理レシピのアプリやInstagramなどのSNSでもさまざまなレシピが公開されていますよね。

美味しくて、簡単にできて、かつ失敗しない方法は、成功している人のまねをすること、だと思います。しっかり参考にしながら、レシピ通りにジャムを作ってみてください。

それとは別に、個人的に思う、手作りジャムを作るコツは・・・“愛”です。

「え、ここで精神論出てくるの!?」と思われたそこのあなた!そうです、手作りのものを作る時に一番重要なものは“愛情”なんです。

私が初めてジャムを作ったのはバレンタインデーの時でした。彼の大好きなイチゴを使ったレシピはあるかな、と探し、苺のベイクドチーズケーキを作ることにしました。

その時に最初に立ちはだかった壁が、『イチゴジャムを作る』ことでした。「え~初めてだし作れるのかな?」と不安はありましたが、レシピを見ながら頑張って作りました。

完成し、彼に食べてもらうと、「めちゃめちゃ美味しい!お店にあったらこれ絶対注文する!!」と喜んでくれました。もちろん、ちゃんと完成できたのはレシピの力が大きかったです。

しかし、私はジャムを作る時に「おいしくな~れ♡」と何度も心の中で唱えながら作っていました!(笑)

その愛情があったから、美味しいイチゴジャムができ、結果的に彼に喜んでもらえる苺のベイクドチーズケーキになったのだと確信しています!

まとめ

  • 手作りジャムが固まらない原因には、砂糖や酸が少ないことやペクチン不足といった例があることを挙げました。しかしどの原因も、家にあるものですぐに対処することができ、レシピを参考にするなど少し気をつけることによって改善できる、ということがわかったと思います。
  • また、ジャムを作る時には、“やけど”しないように十分注意し、ゴム手袋をするなど工夫することをオススメします。
  • そして、美味しい手作りジャムを作るコツは、①レシピ通りに作ること、②愛情を込めること、です。

個人的なエピソードを含め、最後までお読みいただきありがとうございます。

手作りのすてきなところって、作っている人の気持ちを込められるところだと思います。

これを読んでくださったみなさまが、美味しいジャムを作れますように。少しでもそのお力になれていたら幸いです。みんなで一緒に、ジャムを作ろう!