ハマグリを砂抜きしても開かない!4つの理由と上手く砂抜きする方法

ハマグリは焼き物や蒸し物、煮物やスープの具として取り入れたりするなど、様々な料理に使えます。そんなハマグリを調理する際、下処理で砂抜きをしますが、口が開かないという経験はありませんか?

実は砂抜きでハマグリの口が開かない原因は4つあります。

この記事では、ハマグリが砂抜きしても開かない理由とその対処法、砂抜きの時短方法、また砂抜き中にわかる食べられないハマグリの特徴についてなど、役立つ情報を発信します。

この記事を読めば、ハマグリの砂抜きの知識はバッチリです!

ハマグリの砂抜き中でも口が開かない理由

ハマグリを調理する際、まず砂抜きが必要ですが、口が開かない理由は4つの原因があげられます。

塩分濃度の濃淡

塩分濃度が濃すぎても、反対に薄すぎてもハマグリにストレスがかかり、上手く開かないことがあります。

ハマグリの砂抜きに適した塩水の塩分濃度は3%になります。具体的に数字で表すと、水1Lあたり塩30g(大さじ2)です。

水温に問題がある

ハマグリは水温が高すぎるとストレスがかかって弱りやすく、低すぎると休眠状態に陥り、閉じこもってしまうため口を開きません。

砂抜きする際は15〜25℃の水温下で行なってください。また、室温についても水温と同じくらいの温度にしましょう。

室内が極端に暑い場合を除いて、冷蔵庫ではなく常温で砂抜きをしましょう。

砂抜きを行なう場所の問題

日の当たるところ、照明の明るい場所では、砂抜きが上手く進まずに口が開かない原因となります。

なぜならハマグリは海の砂の中、つまり暗いところに生息しているからです。そのため、ハマグリを砂抜きする際は暗い場所で行ないましょう。

ハマグリが死んでいる

正しく砂抜きを行なっているはずなのに口が開かない場合は、残念ですが死んでしまっています。

死んでいるハマグリは、毒素を発生させるため食べられません。大変危険ですので、この時点で処分しましょう。

ハマグリの砂抜き中でも口が開かない場合の対処法

砂抜き中でもハマグリの口が上手く開いてくれない場合、ハマグリが砂を出しにくい状況であると言えます。

対処法としては、ハマグリが生息している場所、つまり海の砂の中と同じ環境にしてあげることです。

正しい塩分濃度に調節する

最も海水に近い塩分濃度の塩水で砂抜きをすることが、ハマグリには最適な環境です。塩を入れすぎている、もしくは足りなくても、塩水=海水と認識せず上手く砂を出してくれません。

水と塩それぞれの分量が間違っていないか、再度確認して正しい分量で砂抜きを行ないましょう。

水温を常温にする

ハマグリは20〜25℃の水温下で生息しています。水温が高すぎても低すぎても口が開かないので、15〜25℃の常温でつけるようにしてください。

温度の低い冷蔵庫は適しませんが、室温が高い場合は冷蔵庫で砂抜きを行ないましょう。

砂抜きをする場所を変える

前述の通り、ハマグリが生息している海の砂の中は暗いです。光の当たりが強い場所にある場合は、暗い場所に移して様子をみてください。

失敗しない上手なハマグリの砂抜きのやり方

砂抜きが十分にできずに調理するのは避けたいものです。砂抜きで失敗しない方法について、砂抜きの基本的な手順を確認しつつ確認しましょう。

基本的な砂抜きの手順

  1. ハマグリをバットなどの平らな容器に並べる
  2. 海水に近い塩分濃度の水を用意する
  3. 暗い場所で砂抜きを行なう
  4. 口が開いたらできれば2時間ほど、最低でも30分は置く

砂抜き後

まず、貝の表面をよく洗い、水を切ってザルにあげます。次に死んでいるハマグリがいないかを確認します。

確認の仕方については、貝同士を叩いてみて音の違いを探ってみてください。澄んだ高い音がなれば生きています。

鈍く濁った音がなれば死んでしまっていますので、取り除きます。また、貝殻が欠けているハマグリも傷んでいることがあるので処分しましょう。

砂抜きのつけ置き時間

スーパーなどで購入したハマグリは、最低30分、できれば2〜3時間置きましょう。

潮干狩りでとれたハマグリは、店頭販売されているのに比べて砂抜きが全く行われていない状態なので、時間をかけて行なう必要があります。そのため、半日〜ひと晩置いてください。

ハマグリの砂抜きのコツや時短方法

ハマグリを砂抜きする際の砂抜きのコツと、条件を満たせば時短で行える方法がありますのでご紹介します。さらに、すぐに使えて便利なハマグリの冷凍保存方法についてもお伝えします。

砂抜きのコツは3つ

ハマグリを砂抜きする際のコツは、環境と並べ方と場所の3つになります。

  1. 海水に近い環境で砂抜きをする

ハマグリが生息していた環境、つまり海水に近い状態で砂抜きを行なうことです。前述の通り、海水と同程度の塩水を用意しましょう。

  1. 砂抜きをする時のハマグリの並べ方

バットなどの容器に、ハマグリが重ならないように注意しながら並べます。

貝が重ならないように並べることで、口が開きやすくなるのと、一度出された砂を他のハマグリが吸ってしまうのを防ぎます。

ザルや網付きのバットがあれば、下に砂が流れるので、再度砂の混じった水を吸うことなく効率よく砂抜きができます!

  1. 暗い場所で砂抜きをする

日光や照明などの明るい場所は避け、暗い場所で砂抜きをしましょう。新聞紙などをハマグリの上にかぶせて暗くするのでも、十分効果的です。

砂抜きの時短方法

時短でハマグリの砂抜きができる方法があります!ただし、条件として、スーパーなどの店頭で購入したハマグリに限ります。

潮干狩りでとってきたハマグリには、この方法は使えませんのでご注意ください。

手順

  1. ハマグリを軽く揉み洗いする
  2. ハマグリが重ならないようにバットなどの容器に並べる
  3. 45〜50℃のお湯を、貝が全てつかるくらいまで注いで、5〜10分ほどつけておく
  4. お湯を捨てて水道水などでよく揉み洗いをする

塩を入れなくても砂抜きができるので、時間に余裕がなくハマグリをすぐに調理したい時にぜひ試してみてください!

おすすめの保存方法

ハマグリが余ってしまった際、冷凍で保存することをおすすめします。冷凍で2週間程度保存が可能な上に、冷凍することでより旨味が出ます。

こちらはハマグリに限らず、二枚貝全てに当てはまります。冷凍方法としては、まず砂抜きが終わったらペーパータオルで水分を拭き取ります。

次に、冷凍用の密閉袋に並べながらハマグリを入れていきます。できるだけ真空状態にして冷凍庫に保存しましょう。

冷凍した二枚貝を調理する際の注意点として、氷水または流水につけたり冷凍庫から冷蔵庫に入れて解凍を行なったり、自然解凍はしないことです。

なぜなら、貝柱のタンパク質の変性につながり、その影響で口が開かなくなってしまうからです。調理する際は、冷凍のまま一気に加熱調理をしてください。

砂抜き中にわかる食べられないハマグリの特徴

食べられないハマグリは、砂抜き中にも見分けることが可能です。特徴があるので、わかった時点で処分しましょう!

また、購入する際に美味しいハマグリを見分ける方法についてもご紹介します。

砂抜きの最中に水が白く濁る

砂抜きの最中に水が白く濁ってくる場合、死んだハマグリが紛れ込んでいるサインです。その状態で砂抜きを継続してしまえば、生きているハマグリにまで悪影響を及ぼしてしまいます。

下記3つの特徴を理解して、食べられないハマグリを見分けて取り除きましょう。

口が全く開かないハマグリ

砂抜きのやり方に問題ない、もしくは一部のハマグリが開いていない場合、すでに死んでしまっています。

生きていれば何かしらの反応があるはずだからです。刺激を与えてもなんの反応もないハマグリは処分しましょう。

口が開きっぱなしになっている

口が開きっぱなしになっているハマグリも、食べられない状態です。通常生きている場合は、貝柱の力で殻が閉じられていますが、死んでいるハマグリは閉じる力を失っているので開きっぱなしの状態となっています。

においがする

異臭がするハマグリは、痛んでしまっているので食べられません。他のハマグリと比べても明らかににおうものは、すぐに処分してください。

ちなみに・・・できれば購入する際にも美味しいハマグリを見極められたら良いですよね。

美味しいハマグリの見分け方については、貝殻の表面を確認するとわかります。貝殻の表面にぬめりや光沢があるハマグリを選びましょう。

表面がさらさらとして白っぽいハマグリは、古くなっています。また、貝が半開きになっているものは、食べられないので避けましょう。

パックに入って販売している場合は、軽く揺らしてみてください。水管が動いて泡がたくさん出れば、元気なハマグリであることを示しています。

まとめ

  • ハマグリの砂抜き中で口が開かない原因は4つあり、その対処法はハマグリが生息している環境に近い状態で砂抜きを行なう
  • ハマグリの砂抜きのコツ3つを参考にして砂抜きを行なうことで、砂抜きの失敗防止につながる
  • 時短での砂抜きは可能だが、スーパーなどのある程度砂抜きができているものに限る
  • 砂抜き中に食べられないハマグリは3つの特徴があり、元気なハマグリにも悪影響を及ぼすため、食べられないとわかった時点で取り除く

砂抜きは手間のかかる作業ですが、しっかり行なえば冷凍保存もききますし、美味しく調理できます。また、条件を満たせば時短で砂抜きができるのも、より手軽にハマグリ料理を食卓に出せて良いですね。

特に春先にかけて身がふっくらとして美味しいハマグリ。正しく砂抜きを行なって、ハマグリ料理を食べ尽くしましょう!